恵体とは?

恵体

いわゆる恵まれ体格」の意味で用いられる表現要するに「筋肉質で」「がっしりした」「骨太な」「恰幅良い体つきのこと。あるいは、ただの巨漢や、すこぶる発育のよい児童豊満体つき女性などを指す意味で用いられることもある。

「恵体」は、もともとはプロ野球関連するネットスラングである。「いかにも豪打者らしい体つき(なのに碌なヒットを撃たない打者)」を非難して「恵まれ体格から糞みたいな打球」と評する言い回し定着し、これが「恵体糞打」と略記され、ここから「恵体」の語が抽出されるようにして単独で使われはじめた、という経緯のあることが知られている。

「恵体」の読み方は特に決まっていない。もともとネットスラングであり、しかも略語であるため、読み方想定されていないためである。たいてい「けいたい」「えたい」「めぐたい」あたりが読み方候補として挙げられる。もし今後日本語一般的な語彙として定着するのならば、そのときは「けいたい」と読まれているのではないか



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恵体」の関連用語

恵体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恵体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS