地球とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 地球 > 地球の意味・解説 

地球

読み方:ちきゅう

地球は太陽系に連なる惑星内側か水星金星次いで第3目の距離に位置する惑星であり、豊富な大気そして生命存在によって特徴づけられる星である。人類もここで誕生し唯一の生活圏としている。

「地球」という言葉中国語由来するとされる確認されている最も古い文献17世紀初頭地図である。この頃には地球は球体であるという科学的認識が既に西欧から伝わっていたと認識されている。

宇宙における一個惑星という枠組みを全く顧慮しない場合、地球は「世界」などの語に置き換えて表現できる。「地球」という呼び名多かれ少なかれ天体」「星」という括り意識されている語といえる。「世界」という語は指示対象となる範囲限定されない語であり、全宇宙包括する意味で用いられるともあれば、個人の生活に関わる範囲をのみ示すような意味合い用いられることもある。

地球は英語では「globe」または「earth」と表現されるglobeグローブ)は「球体」の意味合い根幹とする語であり、地球以外の天体指してglobeという場合もある。金魚鉢眼球globe表現する場合もある。earthは「大地」「地面」「土壌」といったニュアンス強く、「球体」のニュアンス希薄といえる

世間一般の日常会話では「地球」という語が用いられる機会大し多くはないその中でも、環境問題への意識高まり背景に「地球温暖化」という言葉で接す機会比較的多い。人間生産活動および消費活動が地球の環境生態系バランス崩しつつあるのではないかという懸念20世紀後半から現在に至るまで全世界global規模取り組まれるべき課題として残されている。

ち‐きゅう〔‐キウ〕【地球】

太陽系3番目の惑星で、人類をはじめ各種生物が住む天体太陽からの平均距離は約1.5億キロで、自転周期2356分4秒、公転周期は365.2564日。形はほぼ回転楕円体で、赤道半径6378キロ極半径6357キロ地殻マントルからなり平均密度は1立方センチ当たり5.52グラム年齢は約46億年。表面窒素酸素とを主成分とする大気に囲まれがある。衛星を1個もち、月と呼ぶ総人口70億人(2012)。

[補説] 地球深部探査船別項。→ちきゅう


地球

太陽系でただ1つ、水と生物が存在する惑星

地球は太陽のまわりを回る惑星(わくせい)の1つです。直径は約1万3,000km、赤道のまわりは約4kmあります。地球はよく「水の惑星」と呼ばれ太陽系の中でも地球にだけ存在します。そのである海は地球の表面の7割を占めこのおかげで生物住みやすい環境ができているのです。今まで調査わかっているかぎりでは、太陽系8つ惑星61以上の衛星なかでも生物存在しているのは地球だけです。


自転軸のかたむきによって四季の変化が見られる

地球は1年をかけて太陽のまわりを公転します。そのとき道筋ほとんど同じで、自転軸が約23.4度かたむいたまま公転するので、季節の変化見られます。冬には太陽南半球真上から、北半球はななめから光を当てるので、南半球は夏、北半球は冬になります。また夏はその逆で南半球寒い季節北半球暑くなります。春や秋はその中間にあたるので、太陽真横から照らしほどよい季節になるわけです。

大気と水が生物の住める環境にした

地球のまわりをとりまく大気は、約500kmの厚さあります。この大気あることが地球の大きな特徴です。全体78%が窒素(ちっそ)、21%が酸素、あとは二酸化炭素などで、酸素はほかの惑星に比べてとても多くなっています大気のおかげで太陽の紫外線X線通さず地上の熱も宇宙逃がすことがありませんまた、大気の中の水蒸気になります大気とが地上適度な温度保ち生物住みやすい環境つくり上げているのです。

地球の誕生は46億年前も昔のこと

地球は今から46年前誕生しました太陽のまわりを回っていた岩石金属氷のかたまりである微惑星(びわくせい)などが引き寄せ合い衝突し分裂合体くり返し原始地球なりました誕生から1億年ほど長い時間をかけて厚い大気生まれました大気をつくり、降らせ、海となったのです。海の中ではバクテリアやらん光合成おこない酸素生みだしました。さらに地上では植物の光合成によって酸素つくられ生物住める環境になっていったのです。



地球

作者稲垣足穂

収載図書弥勒
出版社河出書房新社
刊行年月1987.1
シリーズ名河出文庫

収載図書タルホ大阪明石年代記
出版社人間歴史
刊行年月1991.7

収載図書弥勒 新装
出版社河出書房新社
刊行年月1999.4
シリーズ名河出文庫

収載図書稲垣足穂全集 7 弥勒
出版社筑摩書房
刊行年月2001.4

収載図書弥勒
出版社筑摩書房
刊行年月2005.8
シリーズ名ちくま文庫


地球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 00:24 UTC 版)

地球(ちきゅう、: Terra: Earth)は、人類を含む多種多様な生命体が生存する天体で、太陽系惑星の1つ[5]太陽から3番目に近く、表面に、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である[6]


注釈

  1. ^ GRS 80地球楕円体による定義値。
  2. ^ a b c d GRS 80地球楕円体による誘導数値。
  3. ^ 日本の計量法体系では、「日」は時間の単位ではなく、暦の単位と位置づけられている(日#時間の単位としての日)。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 理科年表 2022年版 天文部 pp. 78–79.
  2. ^ a b c d e f 理科年表 2022年版 天文部 p. 77.
  3. ^ a b c d e 理科年表 2022年版 天文部 p. 87.
  4. ^ Cohen, K.M., Finney, S.C., Gibbard, P.L. & Fan, J.-X. (2022年2月). “The ICS International Chronostratigraphic Chart (PDF)”. 国際層序委員会英語版 (International Commission on Stratigraphy, ICS). 2022年4月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e 広辞苑 第五版 p. 1706.
  6. ^ 特異な惑星・地球”. 岐阜大学教育学部地学教室. 2009年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月24日閲覧。
  7. ^ 黄河清 (2005年5月26日). “利瑪竇対漢語的貢献(5)” (中国語). 中華网. 2016年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  8. ^ 黄河清. ““天球”、“地球”、“月球”、“星球”考源” (中国語). 華語橋. 2017年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月7日閲覧。
  9. ^ “今而知地毬之永,大抵不過一万二千年而已……顧虚空界中非止一地毬也。”. 王韜. 《答強弱論》 
  10. ^ “談地球各国之幅員者,向以俄国第一, 英国第二, 中国第三, 美国第四, 巴西第五。”. 薛福成. 《出使四国日記・光緒十六年十一月二十五日》 
  11. ^ 曹一 (2010). 由清代筆記看西方地圓説在中国傳播困難之原因. 広西民族大学学報(自然科学版). p. 40-44 
  12. ^ 鄔国義 (2012). 《申報》初創:《地球説》的作者究竟是誰?. 華東師範大学学報 
  13. ^ 小関武史「明治の日本が作り出した新しい言語」『一橋法学』第3巻第3号、一橋大学、2004年、 1001-1012頁、 doi:10.15057/87022020年1月2日閲覧。ISSN 1347-0388
  14. ^ 陳力衛「和製漢語と中国語」『比較日本学教育研究センター研究年報』第8巻、2012年、 217-222頁、2017年9月7日閲覧。
  15. ^ 和漢三才図会 天文 17項”. 和漢三才図会 天文 17項. 2020年1月2日閲覧。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/898160
  16. ^ 1956年、アメリカのパターソン (Patterson C.) によって、隕石中の鉛の同位体元素の測定(池谷仙之・北里洋著『地球生物学 —地球と生命の進化—』)東京大学出版会 2004年 32ページ。
  17. ^ 1969年、アポロ11号が持ち帰った月の石の最も古い放射年代値(池谷仙之・北里洋著『地球生物学 —地球と生命の進化—』)東京大学出版会 2004年 32ページ
  18. ^ 松井『地球』 pp. 81–96, 4. 地球の年齢
  19. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p. 46.
  20. ^ 井田・小久保 pp. 10–13, 太陽系の特徴。
  21. ^ a b 大澤直「Ⅰ.金属の科学 1.金属とは」 『金属のおはなし』(第一版第四刷版)日本規格協会、2008年(初刷2006年)、11–35頁。ISBN 978-4-542-90275-6 
  22. ^ a b c d 理科年表 2022年版 地学部
  23. ^ 「天文学入門 星とは何か」、丸善出版、p. 31. ISBN 978-4-621-08116-7
  24. ^ 恒星日 美星天文台
  25. ^ 『ニュートン』 pp. 150–151, 潮汐によって1日は長くなり、月は遠ざかる。
  26. ^ 「天文学入門 星とは何か」、丸善出版、p. 32. ISBN 978-4-621-08116-7.
  27. ^ a b 理科年表 2022年版 地学部 p. 601.
  28. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月3日閲覧。
  29. ^ Maupertuis, P. L. (1738): La figure de la terre: déterminée par les observations de Messieurs de Maupertuis, Clairaut, Camus, Le Monnier, de l'Académie royale des Sciences, & de M. l'abbe Outhier, correspondant de la même académie, accompagnés de M. Celsius, professeur d'astronomie a Upsal, faites par ordre du Roy au cercle polaire, De l'Imprimerie Royale, Paris
  30. ^ T.レイ、T.C.ウォレス 著、柳谷俊 訳 『地震学 上巻』古今書院、2002年。ISBN 4-7722-3015-7 
  31. ^ a b c d e f 松井『地球』 pp. 30–36, 1. 地球科学システム、3. 地圏
  32. ^ 福岡正人. “地球科学用語集【ま行】マントル”. 地球資源論研究室. 広島大学大学院総合科学研究科. 2010年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  33. ^ M5.9 - south of Panama Archived 2015年12月22日, at the Wayback Machine.
  34. ^ 福岡正人. “地球科学用語集【か行】海洋性地殻”. 地球資源論研究室. 広島大学大学院総合科学研究科. 2010年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  35. ^ 福岡正人. “地球科学用語集【た行】大陸地殻”. 地球資源論研究室. 広島大学大学院総合科学研究科. 2009年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  36. ^ 松井『地球』 pp. 28–29, 1. 地球科学システム、3. 水圏。
  37. ^ a b 松井『地球』 pp. 52–55, 2. 地球環境問題、2.オゾン層の破壊
  38. ^ a b 松井『地球』 pp. 24–28, 1. 地球科学システム、2. 大気圏。
  39. ^ a b 松井『地球』 pp. 22–24, 1. 地球科学システム、1. 磁気圏。
  40. ^ 松井孝典ほか 『岩波講座地球惑星科学 1 地球惑星科学入門』岩波書店、1996年。ISBN 4-00-010721-6 
  41. ^ a b 理科年表 2022年版 天文部 p.82
  42. ^ a b c d e f g h 松井『惑星』 pp. 13–29, 1. 人類の住む星-地球-。
  43. ^ 井田・小久保 pp. 91–94, 地球と月の潮汐変化。
  44. ^ 井田・小久保 pp. 99–102, やさしい気候。
  45. ^ Mystery Mini Moons: How Many Does Earth Have? Discovery News”. 2013年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月8日閲覧。
  46. ^ 2006 RH120 ( = 6R10DB9) (A second moon for the Earth?) Great Shefford Obsevatory”. 2015年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月8日閲覧。
  47. ^ 理科年表 2022年版 地学部 p. 605.
  48. ^ ニュートン (2011-10) p. 124, プラネット・アース 地熱の半分は、地球誕生のころのなごり
  49. ^ オレイニコフ p7-15 Ⅰ.地球進化を探る 1.地球の誕生をめぐって
  50. ^ 松井『地球』 pp. 154–168, 7. 太陽系起源論、1. 太陽系起源論。
  51. ^ a b 松井『地球』 pp. 97–118, 5. 地球の歴史。
  52. ^ a b c 松井『地球』 pp. 178–200, 8. 地球の起源と進化、1.大気・海洋の起源。
  53. ^ プレート・テクトニクスの始まり”. 岐阜大学教育学部地学教室. 2009年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月24日閲覧。
  54. ^ オレイニコフ p21-35Ⅰ.地球進化を探る 3.地球大気の形成
  55. ^ a b c 松井『地球』 pp. 61–80, 3. 地球圏の変動。
  56. ^ 『ニュートン』 pp. 38–39, 1.太陽系とは 地球のエネルギー収支
  57. ^ 『ニュートン』 pp. 40–43, 1.太陽系とは 太陽と地球大気、太陽と海洋循環
  58. ^ 星の生命居住可能領域、従来説より大きい可能性 仏研究 アーカイブ 2014年1月11日 - ウェイバックマシン AFP通信、2013年12月13日、2014年2月27日観覧[信頼性要検証]
  59. ^ 20億年後「地球を継ぐ」のは微生物 アーカイブ 2013年7月6日 - ウェイバックマシン AFP通信、2013年7月2日、7月6日観覧[信頼性要検証]
  60. ^ 発行者:田口恒雄「惑星の顔を決める大気流出」 『別冊 日経サイエンス 見えてきた太陽系の起源と進化』日経サイエンス、2009年、134–142頁。ISBN 978-4-532-51167-8 
  61. ^ 大林太良ほか 『世界神話事典』角川書店、2005年、48頁。ISBN 4-06-149006-0 
  62. ^ a b c d 村上 p189-201 14地球を測る
  63. ^ 村上 p79-93 6.天文学的モデル
  64. ^ 森毅 『数学の歴史』(第十二刷版)講談社、1994年(初版1988年)、54頁。ISBN 4-06-158844-3 
  65. ^ a b 村上 pp. 94–106, 7.西欧世界の成立
  66. ^ 岡崎勝世 『聖書vs.世界史』講談社講談社現代新書〉、1996年、54–55頁。ISBN 4-06-149321-3 
  67. ^ 増田義郎 『コロンブス』岩波書店岩波新書〉、1979年、86頁。OCLC 32004645全国書誌番号:79031181 
  68. ^ 村上 p120-132 9.コペルニクスの登場
  69. ^ 村上 pp. 133–147, 10.ケプラーの宇宙観
  70. ^ 村上 pp. 148–160, 11.ガリレオと望遠鏡
  71. ^ アイザック・アシモフ 『化学の歴史』筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2010年(初版:河出書房1967年)、23, 172–173, 179頁。ISBN 978-4-480-09282-3 
  72. ^ 平ら pp. 18–28, I. プレートテクトニクスの創造 1.大陸移動説から海洋底拡大説へ
  73. ^ 平ら pp. 28–37, I. プレートテクトニクスの創造 2.モホール計画
  74. ^ 平ら pp. 122–136, IV. 新しい地球観の構築 3.地球システム科学への道のり
  75. ^ a b 塩谷雅人. “人工衛星からの地球環境モニタリング (PDF)”. 国立大学附属研究所・センター長会議. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月4日閲覧。
  76. ^ 平ら pp. 58–65, II. 日本列島とプレートの沈み込み 1.プレートの沈み込みと地震活動
  77. ^ 松井『地球』 pp. 120–125, 6. 比較惑星学、1. 比較惑星学とは。
  78. ^ 平ら pp. 137–192, V.「ちきゅう」の建造と運用



地球

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 11:30 UTC 版)

固有名詞

ちきゅう

  1. 太陽系太陽三番目に近い、46年前にできたと推定される惑星窒素酸素主成分大気と、液体がある惑星太陽系唯一生命存在する

発音(?)

東京アクセント

ち↗きゅー
IPA: /ˈtɕi.kʲɯː/
X-SAMPA/"tSi.kʲMː/

京阪式アクセント

ちきゅ↗ー

語源

マテオ・リッチ造語[1]

翻訳

関連語

  • ほし

派生語

参考文献


「地球」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



地球と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地球のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS