emとは? わかりやすく解説

イー‐エム【EM】

読み方:いーえむ

electronic mail》⇒レタックス


イー‐エム【EM】

読み方:いーえむ

electron microscope電子顕微鏡


イー‐エム【Em】


イー‐エム【EM】


EM 【Edit Master】


エディット マスター 【edited master [EM]】

【参】EM

em

WWWのほかの用語一覧
HTML:  C-HTML  CSS  DHTML  em  FBML  HTML  hCard

<em>〜</em> 強調タグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
汎用属性のみ idclasslangtitlestyle属性など
サンプル>
このテキストは、 <em>強調</em> されている
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

エリスロマイシン

分子式C37H67NO13
その他の名称エリシンエリスロ、E-マイシンエリスロシン抗生物質】、エリトロシナ、マントミシナ、アイロタイシン、エリスログラン、エリスロマイシンA、エリトロマイシンA、Erycin、E-Mycin、Ilotycin、Eritrocina、Erythrocin、Erythrogran、Mantomicina、ErythromycinErythromycin A、プロピオシン、ドチシン、Propiocine、Dotycin、EM、(-)-エリスロマイシン、(-)-Erythromycin、Erythro、Erythrocin【antibiotic
体系名:エリトロマイシン、エリスロマイシン


Em

名前 イエムエム

EM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 03:14 UTC 版)

EMemEm


  1. ^ ヤマハ公式YouTubeチャンネル [1]


「EM」の続きの解説一覧

em

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 17:03 UTC 版)

HTML要素」の記事における「em」の解説

強調 (Indicates emphasis) する。(例:html

※この「em」の解説は、「HTML要素」の解説の一部です。
「em」を含む「HTML要素」の記事については、「HTML要素」の概要を参照ください。


em

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 08:40 UTC 版)

スバル・ヴィヴィオ」の記事における「em」の解説

フル装備中級グレード。emまでがアナログクロックや電動カラードリモコンドアミラー、カラードドアトリム内装パワーウインドウ標準装備される。

※この「em」の解説は、「スバル・ヴィヴィオ」の解説の一部です。
「em」を含む「スバル・ヴィヴィオ」の記事については、「スバル・ヴィヴィオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「em」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「em」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

emのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



emのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリemの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHTML要素 (改訂履歴)、スバル・ヴィヴィオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS