emとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > emの意味・解説 

EM 【Edit Master】

主にビデオディスク用ソフトを編集しているポストプロダクション等で使用されている言葉で、ビデオディスク用ソフトの編集完成原版をいう。

【対】RM

エディット マスター 【edited master [EM]】

【参】EM

em

読み方エム

emとは、タイポグラフィ分野で用いられる長さの単位のひとつで、現在使用しているフォントサイズを基準とした単位のことである。

emで表される長さポイントpt)と等しく例えばフォントサイズを10ptに指定している場合、1emが示す長さは10ptとなる。

emは多く場合CSSスタイルシート)において文字レイアウト指定するための単位として用いられる。文字サイズ相対的に指定することができるので、行間の高さなどを効率的調整することができる。例えば「行間は文字の高さの1.5倍」(1.5em)などと指定することができる。

歴史的には、emは活版印刷で用いられていた単位であり、大文字の「M」が縦横いっぱい空間占めることから、フォントサイズの基準として使用されてきたとされる。現在ではemの示す意味は変わっているが、今でもこの意味で説明されることがある

WWWのほかの用語一覧
HTML:  C-HTML  CSS  DHTML  em  FBML  HTML  hCard

<em>〜</em> 強調タグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
汎用属性のみ idclasslangtitlestyle属性など
サンプル>
このテキストは、 <em>強調</em> されている

結果

このテキストは、 強調 されている

文字強調します。より強調を示す場合は、strong要素 を用います。 一般的な視覚系ブラウザでは、イタリック体表示されるようです

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

エリスロマイシン

分子式C37H67NO13
その他の名称:エリシン、エリスロ、E-マイシンエリスロシン抗生物質】、エリトロシナ、マントミシナ、アイロタイシン、エリスログラン、エリスロマイシンA、エリトロマイシンA、Erycin、E-Mycin、Ilotycin、Eritrocina、Erythrocin、Erythrogran、Mantomicina、ErythromycinErythromycin A、プロピオシン、ドチシン、Propiocine、Dotycin、EM、(-)-エリスロマイシン、(-)-Erythromycin、Erythro、Erythrocin【antibiotic
体系名:エリトロマイシン、エリスロマイシン


Em

名前 イエムエム

EM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/21 01:32 UTC 版)

EMem






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「em」の関連用語

emのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



emのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2018 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリemの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2018 banban@scollabo.com
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS