論理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理 > 論理の意味・解説 

ろん‐り【論理】


論理学

(論理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/30 06:55 UTC 版)

論理学(ろんりがく、: logic、ロジック)とは、「論理」を成り立たせる論証構成やその体系研究する学問である。


注釈

  1. ^ 特に、安易に書かれている文献では、本末があらかじめ転倒されて「不完全性定理によりヒルベルト・プログラムは頓挫した」という結論が実は最初から大前提になっていて、それにもとづいてヒルベルト・プログラムとはいかなるものであったか、という論理構造で記述がされていることがある。そのようにすると、その説明自体は論理的には何一つ曇り無く正確であることに注意。

出典

  1. ^ a b 「論理学史」p195 山下正男 岩波書店 1983年9月14日第1刷発行
  2. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年
  3. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p91-92 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  4. ^ 「アリストテレス」(人と思想6)p71-72 堀田彰 清水書院 1968年6月25日第1刷発行 2015年9月10日新装版第1刷発行
  5. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p157-158 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  6. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p249 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  7. ^ 「近代科学の源をたどる 先史時代から中世まで」(科学史ライブラリー)p177 デイビッド・C・リンドバーグ著 高橋憲一訳 朝倉書店 2011年3月25日初版第1刷
  8. ^ 「中世ヨーロッパの都市の生活」p225 ジョゼフ・ギース、フランシス・ギース著 青島淑子訳 講談社学術文庫 2006年8月10日第1刷
  9. ^ 「論理学史」p176 山下正男 岩波書店 1983年9月14日第1刷発行


「論理学」の続きの解説一覧

論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 03:49 UTC 版)

ウェイソン選択課題」の記事における「論理」の解説

カード片面偶数書かれているならば、その裏面は赤い」の「ならば」は古典論理における論理包含である。そのため、この課題モーダスポネンス偶数カード全ての裏面が赤いこと確かめなければならない)とモーダストレンス(赤でないカード全ての裏面が偶数でないことを確かめなければならない)を用いることで解くことができる。

※この「論理」の解説は、「ウェイソン選択課題」の解説の一部です。
「論理」を含む「ウェイソン選択課題」の記事については、「ウェイソン選択課題」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 14:34 UTC 版)

並行性」の記事における「論理」の解説

様々な時相論理並行システム理解助けるために使われる。特に線形時相論理計算木論理は、並行システムの各時点の状態を確認するのに使用可能である。Action Computational Tree Logic や Hennesy-Miller Logicレスリー・ランポートTemporal Logic of Actionsなどは、「アクション状態変化)」の並び確認することができる。これら論理の主な利用法は、並行システム仕様記述することである。

※この「論理」の解説は、「並行性」の解説の一部です。
「論理」を含む「並行性」の記事については、「並行性」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 01:04 UTC 版)

「アルゴリズム」記事における「論理」の解説

アルゴリズムは、制御された演繹であるとも言われる。これを アルゴリズム = 論理 + 制御表現することもある。論理部分計算使われる公理表し制御部分は公理演繹適用される方法決定する。これは論理プログラミングというパラダイム基本である。純粋な論理プログラミングでは、制御部分が固定されていて、アルゴリズムは論理部分だけで指定されるこの手法の魅力は、プログラム意味論的なエレガントさがある点である。公理変化定式化されたアルゴリズム変更を伴う。

※この「論理」の解説は、「アルゴリズム」の解説の一部です。
「論理」を含む「アルゴリズム」の記事については、「アルゴリズム」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/27 10:07 UTC 版)

あみだくじ」の記事における「論理」の解説

数学的に横線が何本あっても、重複することはない。このことは数学的帰納法背理法証明できる

※この「論理」の解説は、「あみだくじ」の解説の一部です。
「論理」を含む「あみだくじ」の記事については、「あみだくじ」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 21:12 UTC 版)

微分包含式」の記事における「論理」の解説

解の存在考えるときは通常、F(t, x) が x と 可測なt の半連続 (hemicontinuous または upper semi-continuous, en) な関数で、F(t, x) はすべての t and x について閉じている凸集合であることが前提である。初期値問題 d x d t ( t ) ∈ F ( t , x ( t ) ) , x ( t 0 ) = x 0 {\displaystyle {\frac {dx}{dt}}(t)\in F(t,x(t)),\quad x(t_{0})=x_{0}} の解は、十分に短い時間 [t0, t0 + ε) (ここで ε > 0) では存在する。また F が発散しない ( ‖ x ( t ) ‖ → ∞ {\displaystyle \scriptstyle \Vert x(t)\Vert \,\to \,\infty } as t → t ∗ {\displaystyle \scriptstyle t\,\to \,t^{*}} for a finite t ∗ {\displaystyle \scriptstyle t^{*}} ) 場合は、大域的な解が存在することが示される凸集合でない微分包含式 F(t, x) の解の存在定理は現在、明らかにされていない解の一意性を示すには、通常他の条件が必要となる。たとえば関数 F ( t , x ) {\displaystyle F(t,x)} において片側リプシッツ条件 ( x 1x 2 ) T ( F ( t , x 1 ) − F ( t , x 2 ) ) ≤ C ‖ x 1x 2 ‖ 2 {\displaystyle (x_{1}-x_{2})^{T}(F(t,x_{1})-F(t,x_{2}))\leq C\Vert x_{1}-x_{2}\Vert ^{2}} をすべての x1 and x2 について満たすような C があるとする。このとき、初期値問題 d x d t ( t ) ∈ F ( t , x ( t ) ) , x ( t 0 ) = x 0 {\displaystyle {\frac {dx}{dt}}(t)\in F(t,x(t)),\quad x(t_{0})=x_{0}} の解は一意定まる。 これはミンティ (G. J. Minty) と ブレジス (H. Brezis, en) による maximal monotone operators とも深く関わっている

※この「論理」の解説は、「微分包含式」の解説の一部です。
「論理」を含む「微分包含式」の記事については、「微分包含式」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/16 07:00 UTC 版)

リキッドバイオプシー」の記事における「論理」の解説

従来の手法比較して手軽に確度の高い検査受けられるうになる反面将来罹患する可能性のある疾病従来よりもより客観的に明確になることにより、保険の掛け金算定雇用昇進などにも影響を与える可能性があり、情報取り扱いには細心の注意要すると共にガイドライン策定望まれる

※この「論理」の解説は、「リキッドバイオプシー」の解説の一部です。
「論理」を含む「リキッドバイオプシー」の記事については、「リキッドバイオプシー」の概要を参照ください。


論理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 04:22 UTC 版)

数学パズル」の記事における「論理」の解説

いくつかの命題与えられ、各命題矛盾無く真か偽に振り分ける唯一のパターン見つける、といったようなスタイルロジックパズルという分野がある。学術的に制約充足問題などとして扱うことができるようなものである代表的な問題として、「天使と悪魔嘘つき正直者)」「帽子問題」「天秤問題」などが知られている

※この「論理」の解説は、「数学パズル」の解説の一部です。
「論理」を含む「数学パズル」の記事については、「数学パズル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「論理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

論理

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:34 UTC 版)

名詞

(ろんり)

  1. 議論思考進めていく筋道
  2. 事物間の法則的な繋がり
  3. 論理学

発音(?)

ろ↘んり

関連語


「論理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



論理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「論理」の関連用語

論理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



論理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの論理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェイソン選択課題 (改訂履歴)、並行性 (改訂履歴)、アルゴリズム (改訂履歴)、あみだくじ (改訂履歴)、微分包含式 (改訂履歴)、リキッドバイオプシー (改訂履歴)、数学パズル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの論理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS