会長とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 会長の意味・解説 

かい‐ちょう〔クワイチヤウ〕【会長】


会長

作者ジョーク山越

収載図書冗談
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2005.5


会長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/09 13:12 UTC 版)

会長(かいちょう)は、の責任者を指す言葉である。主に以下の3つがある
1. 株式会社における会長(英語: Chairparson)
2. 独任制で組織の最高位としての会長(英語: President)
3. 派閥等における会長(英語: Chief)




「会長」の続きの解説一覧

会長(かいちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 05:23 UTC 版)

BUYUDEN」の記事における「会長(かいちょう)」の解説

スタージムの会長で、星姉弟父親。亘を更生させてボクシング教えており、後に入門した勇と萌花の面倒も見ていたが、萌花ジム辞めた後はくも膜下出血急逝する。

※この「会長(かいちょう)」の解説は、「BUYUDEN」の解説の一部です。
「会長(かいちょう)」を含む「BUYUDEN」の記事については、「BUYUDEN」の概要を参照ください。


会長(かいちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 02:35 UTC 版)

んぐるわ会報」の記事における「会長(かいちょう)」の解説

前は不明第十以降は生徒会長の座を常磐譲り名誉会長として生徒会居座っている(なお、周囲からの呼称は「会長」のまま)。背が低いことにコンプレックス抱いている。一見クール装っているが、実はわざと他人困らせ楽し真性のS。体力がないため、よく寝ている上に欠席しがちで、出席日数不足により一度留年している。最終回第三十号)にて、再度留年した取れ描写があるが、詳細不明左利き

※この「会長(かいちょう)」の解説は、「んぐるわ会報」の解説の一部です。
「会長(かいちょう)」を含む「んぐるわ会報」の記事については、「んぐるわ会報」の概要を参照ください。


会長(かいちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 21:00 UTC 版)

シンバシノミコ」の記事における「会長(かいちょう)」の解説

集英商事の会長。新橋魔物の手から守ることに力を注いでおり、菰田潜在能力高く評価している。警察等にも顔が利くようであるが、いまだ謎多き人物である。

※この「会長(かいちょう)」の解説は、「シンバシノミコ」の解説の一部です。
「会長(かいちょう)」を含む「シンバシノミコ」の記事については、「シンバシノミコ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「会長」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

会長

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:06 UTC 版)

名詞

かいちょう

  1. 団体代表として仕事統括する人。
  2. 株式会社における取締役会長である取締役会長の略。

翻訳


「会長」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



会長と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「会長」の関連用語

会長のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



会長のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBUYUDEN (改訂履歴)、んぐるわ会報 (改訂履歴)、シンバシノミコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの会長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS