ボクシングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 競技 > ボクシングの意味・解説 

ボクシング【boxing】

読み方:ぼくしんぐ

二人競技者ロープ張って囲んだ四角の競技場リング)で相対し両手グローブをはめて上半身打ち合いノックアウト目的勝敗を争う競技体重別の階級制拳闘

[補説] ボクシングの体重別階級
アマチュアAIBA

階級体重エリート・ユース*1 男子エリート・ユース*1 女子オリンピック 女子ジュニア*2 男子女子
ピン級42キロ46キロまで
ライトフライ級46キロ49キロまで45キロ48キロまで46キロ48キロまで
フライ級49キロ52キロまで48キロ51キロまで48キロ51キロまで48キロ50キロまで
ライトバンタム級50キロ52キロまで
バンタム級52キロ56キロまで51キロ54キロまで52キロ54キロまで
フェザー級54キロ57キロまで54キロ57キロまで
ライト級56キロ60キロまで57キロ60キロまで57キロ60キロまで57キロ60キロまで
ライトウエルター級60キロ64キロまで60キロ64キロまで60キロ63キロまで
ウエルター級64キロ69キロまで64キロ69キロまで63キロ66キロまで
ライトミドル級66キロ70キロまで
ミドル級69キロ75キロまで69キロ75キロまで69キロ75キロまで70キロ75キロまで
ライトヘビー級75キロ81キロまで75キロ81キロまで75キロ80キロまで
ヘビー級81キロ91キロまで81キロ80キロ
スーパーヘビー級91キロ
*1 エリート19歳以上40歳以下、ユース1718歳ユース選手エリート部門試合にも出場可能。
*2 ジュニア1516歳

プロWBAWBC
階級体重*7
アトム級*1102ポンド(約46.27キロ)以下
ミニマム級*2105ポンド(約47.63キロ)以下
ライトフライ級108ポンド(約48.99キロ)以下
フライ級112ポンド(約50.80キロ)以下
スーパーフライ級115ポンド(約52.16キロ)以下
バンタム級118ポンド(約53.52キロ)以下
スーパーバンタム級122ポンド(約55.34キロ)以下
フェザー級126ポンド(約57.15キロ)以下
スーパーフェザー級130ポンド(約58.97キロ)以下
ライト級135ポンド(約61.23キロ)以下
スーパーライト級140ポンド(約63.50キロ)以下
ウエルター級147ポンド(約66.68キロ)以下
スーパーウエルター級154ポンド(約69.85キロ)以下
ミドル級160ポンド(約72.57キロ)以下
スーパーミドル級168ポンド(約76.20キロ)以下
ライトヘビー級*3175ポンド(約79.38キロ)以下
クルーザー級*4200ポンド(約90.72キロ)以下
ブリッジャー級*5200ポンド(約90.72キロ)超 224ポンド(約101.6キロ)以下
ヘビー級*6200ポンド(約90.72キロ)超
*1 WBC女子のみ。*2 WBCではストロー級と呼ぶ。*3 WBAのみ。*4 男子のみ。
*5 WBCのみ。
*6 WBA女子175ポンド(約79.38キロ)超、WBC女子168ポンド(約76.20キロ)超。
*7( )内は規定の体重キログラム換算したもの。


ボクシング

作者ジョーク山越

収載図書冗談
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2005.5


ボクシング

歴史と沿革


格闘技一種であるボクシングの起源は古く古代ギリシャオリンピックでも、紀元前688年第23回大会から採用されていたという記録あります18世紀にはイギリスでボクシングの勝敗賞金賭けたプライズファイトが行われ始めましたが、グローブリングラウンドがなく、凄惨な戦いでした。1867年になると同じくイギリスで、3分1ラウンドグローブ採用ノックアウト制などを定めたクインズベリールール制定されその後次第近代ボクシングスタイル確立されいきました

日本では1921年渡辺勇次郎現在の東京目黒区下目黒日本初ボクシングジム日本拳闘倶楽部」を設立し1925年には学生拳闘選手権大会開催され次第普及していきました。翌1926年全日本アマチュア拳闘連盟設立され1971年には社団法人日本アマチュアボクシング連盟となり、現在も日本のアマチュアボクシング統括してます。オリンピックでは、ローマ大会で田邊清フライ級銅メダルを、東京大会桜井孝雄バンタム級金メダルメキシコ大会で森岡栄治バンタム級銅メダル獲得してます。

普及状況
ボクシングはオリンピック競技種目のなかで、陸上次に参加国数が多いといわれており、世界的に人気の高いスポーツです。日本での登録選手は現在、約5,000名ですが、2010年アジア大会、また2012年のロンドンオリンピックから女子ボクシング正式種目決定したので、今後は女子普及期待されています。

また、日本においては2010年より、10歳以上小学5年生から中学3年生までを幼年ボクシングとして幼年ルール設定し各都道府県幼年ボクシングの大会開催され始めました全国大会開催予定です。今後はこうした小中学生におけるボクシングの普及を通じて、ボクシング人口大幅な増加期待されています。


競技方法・ルール

ボクシングは、(1) 良く握ったグローブナックルパート(拳面)で、(2) 相手体の顔面、胸、腹(ベルトラインより上)の前面または側面背面後頭部、腕は不可)を、(3) 妨げられたり防がれたりせず直接に(4) 肩や体の重み伴って打撃すること、によってポイントとなりますダウンさせても一打としてのポイントであり、特別の加点ありません。ただし、安全面考慮し、同じラウンド3回合計で4回ダウン取られる自動的に負けとなります

なお、プロボクシング観客興味重点を置くので、ダウン高く評価します。この点がアマチュアボクシングプロボクシングとの一番大きな相違点です。

ラウンド数については男子女子年齢区分などにより若干違いありますが、原則男子3分3ラウンド女子は2分4ラウンド、ただし、男女ともジュニア15歳及び16歳)は2分3ラウンドです。また、10歳以上小学5年生から15歳まで中学生については幼年ボクシングとして、1分半~2分3ラウンドしていますいずれもラウンド間の休憩1分です。

 ● 階級
ライトフライ級 46kg超49kg迄
フライ級 49kg超52kg迄
バンタム級 52kg超56kg迄
ライト級 56kg超60kg迄
ライトウェルタ―級 60kg超64kg迄
ウェルタ―級 64kg超69kg迄
ミドル級 69kg超75kg迄
ライトヘビー級 75kg超81kg迄
ヘビー級 81kg超91kg迄
スーパーヘビー級 91kg超

(*日本では高校生限り46kg以下の階級を設定している)

ライトフライ級 45kg超48kg迄
フライ級 48kg超51kg迄
バンタム級 51kg超54kg迄
フェザー級 54kg超57kg迄
ライト級 57kg超60kg迄
ライトウェルタ―級 60kg超64kg迄
ウェルタ―級 64kg超69kg迄
ミドル級 69kg超75kg迄
ライトヘビー級 75kg超81kg
ヘビー級 81kg超

*より詳しルールアマチュア規定については、連盟ホームページをご参照ください


用具など

リング
4.9~6.1m2 四方で、床には板の上に柔軟なフェルト敷き、その上キャンバス覆っている。


グローブ
原則10オンス284g)。ただし、ジュニアの64kg級以上は12オンス(339g)である。拳や指の保護のため、必ず2.5m以下、幅5cm下の柔らかい縫帯又は伸縮性バンテージ手に巻かねばならない

防具類
マウスピース口腔内の保護)、ヘッドガード(頭部の保護)、ファウルカップ下腹部保護)、チェストガード女子のみ、胸部保護



ボクシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 10:39 UTC 版)

ボクシング: boxing)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスサバット(ボックス・フランセーズ)のほか、タイムエタイおよびムエタイをベースにした日本キックボクシングシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。オリンピックの歴史においても古くから正式種目であったことでも知られる[1]





ボクシング(BG-15)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 10:14 UTC 版)

ゲーム電卓」の記事における「ボクシング(BG-15)」の解説

このゲームからゲーム専用液晶パターン用意されるようになり、普通の電子ゲームようになったリング上で向かい合った2人ボクサー描かれており、プレイヤーキャラクター右側パンチ攻撃するほか、スウェイバック(後ろに下がる)で相手パンチ避けたりできる。グラブにはアップダウン位置があり、グラブガードすることもできる。7セグには両者スタミナパンチ力数値表示される相手ダウン後、カウント10K.O.勝ちとなる。得点も入るが、K.O.した人数を競うともできるCMキャラクター篠沢秀夫務めた

※この「ボクシング(BG-15)」の解説は、「ゲーム電卓」の解説の一部です。
「ボクシング(BG-15)」を含む「ゲーム電卓」の記事については、「ゲーム電卓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボクシング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ボクシング

出典:『Wiktionary』 (2021/08/02 10:51 UTC 版)

名詞

ボクシング

  1. 拳にグローブ着用しパンチのみを使い相手の上半身前面側面のみを攻撃対象とする格闘技一種

翻訳

関連語


「ボクシング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ボクシングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ボクシング」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボクシングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボクシングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボクシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲーム電卓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのボクシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS