ラクロスとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ラクロスの意味・解説 

ラクロス

歴史と沿革

1986年産声上げ日本のラクロスも今やスポーツとして定着し、北海道から九州まで、大学生中心に高校生から社会人に至るまで選手層は広がってきている。

ラクロスの起源17世紀遡る原型は、北米インディアン戦闘用の訓練用いていた格闘技。これをカナダ入植してきたフランス系移民発見し、彼らの手ルールなどが定められ、スポーツしたもの。「ラクロス」の語源フランス語当時インディアン使用していた道具が、僧侶が持つCrosse)に似ていたことから「La-Crosse」と呼ぶようになった

19世紀後半カナダ国技となり、以降各国へと普及ていったカナダアメリカオーストラリアイギリス日本などを中心に盛んに行なわれ、近年ドイツスウェーデン中国韓国アルゼンチンなどにも普及し、現在14カ国が国際連盟加盟し、世界競技人口は約60万人にのぼっている。

日本全国加盟360チーム競技人口男子約5500人、女子1万2500人、合計1万8000人を数える。また、年齢層から高齢者の方まで、気軽に楽しめる「ソフトラクロス」も全国普及している。

過去4度オリンピック公開競技として行われており、男子ワールドカップ1967年から(第2回大会74年開催)、女子1982年から開催されている。現在では4年ごとの開催で、日本男子94年から、女子93年から公式参加している。また過去日本でも、96年には男子U19ワールドカップ97年には女子ワールドカップ開催地はいずれも東京江戸川区)を招致している。2001年イギリスにおいて行われ女子ワールドカップにおいて、日本は8カ国中7位。なお、男子2002年7月オーストラリア開催されるワールドカップ(前大会11国中8位)に出場決まっており躍進期待される。


競技方法と特徴

ラクロスは、棒の先に網のついたスティッククロス)を使いテニスボール大の硬質ゴム製のボールを、180センチ四方ゴールまで運んで得点競う団体球技である。シュート・スピードが時には時速150kmを超えることから、<地上最速スポーツ>と呼ばれることもある。フィールドサイズは男女サッカーとほぼ同様だが、ルールおよびそのスポーツとしての性格も、男女異なっている。いわば別個のスポーツである、という考え方成り立つ。

女子ラクロスは12人対12人、25分×2の前後半制(ハーフタイム10分間)で行われるミニスカートポロシャツというファッショナブルいでたちとは裏腹に、実際ゲームスピーディエキサイティング。体への接触ファウルになるが、相手スティック自分スティック打ち当てパスシュート阻止する攻撃は許されている。また、アイスホッケーのようにゴール後ろ領域もゲームエリア内だということ大きな特徴ゴール後ろからのセットプレイは他のスポーツでは見ることのできない、ラクロスならではの見所女子ラクロスは華麗ハードフィールド球技といえる

男子ラクロスは10人対10人、20分×4のクオーター制行われるところからも、アメリカンフットボール要素濃くなっている。スピーディな展開の中での、金属製のスティックによる激し攻防女子とは違いハードなボディコンタクトが特徴選手はみな、上半身ヘルメットショルダーパッドグローブなどの防具装着ゴール前には、時速150キロ超えるシュートを体を張って阻止する<ゴーリー>と呼ばれるゴールキーパー立ちはだかる男子ラクロスはまさにフィールド格闘球技といってもいい。



ラクロス

名前 LaCrossLaCrosse

ラクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 14:18 UTC 版)

ラクロス (Lacrosse) とは、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いて、直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールを奪い合い、相手陣のゴールに入れることで得点を競う球技の一種。漢字で棒網球と表記される。




  1. ^ a b c 大久保宜浩『ゼロから始めるラクロス』実業之日本社、2012年、7頁。
  2. ^ a b c d 大久保宜浩『ゼロから始めるラクロス』実業之日本社、2012年、16頁。
  3. ^ a b 大久保宜浩『ゼロから始めるラクロス』実業之日本社、2012年、138頁。
  4. ^ a b 大久保宜浩『ゼロから始めるラクロス』実業之日本社、2012年、141頁。
  5. ^ a b 大久保宜浩『ゼロから始めるラクロス』実業之日本社、2012年、140頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラクロス」の関連用語

ラクロスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラクロスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2020 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラクロス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラクロス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS