スケートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > スケート > スケートの意味・解説 

スケート【skate】

読み方:すけーと

氷上滑走するための用具。靴の底に金属製ブレード(板)を取り付けたもので、スピードスケート用フィギュアスケート用アイスホッケー用3種がある。アイススケート

氷上1用いて行うスポーツ。《 冬》

ローラースケート」に同じ。

「スケート」に似た言葉

スケート

作者アルフォンス・アレー

収載図書悪戯愉し
出版社福武書店
刊行年月1987.1
シリーズ名福武文庫


スケート

作者アルフォンス・アレ

収載図書悪戯愉し
出版社みすず書房
刊行年月2005.3
シリーズ名大人本棚


スケート

名前 Skate

スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 15:13 UTC 版)

アイススケート: ice skating、単にスケートとも) は、を張った面(スケートリンク)の上を、刃のついた靴(スケート靴: ice skate)で刃の先を氷に当てて滑るスポーツ[1]スキーと並ぶ代表的なウィンタースポーツである。


  1. ^ 『観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典』(1998年1月20日発行、発行人・中山俊介)3頁
  2. ^ 【はじまりを歩く】スケート(根室市)230年前の氷上 滑った男とは『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2020年12月12(6-7面)2021年1月27日閲覧
  3. ^ : John Joly
  4. ^ 田崎晴明 学習院大学理学部物理学教室 「スケートが滑る理由」について
  5. ^ 対馬勝年 単結晶氷の摩擦に関する研究 I : 鋼球と氷の(0001)面および(0110)面の摩擦に及ぼす荷重,速度,温度の効果ならびに摩擦機構としての凝着説/北海道大学低温科学研究所
  6. ^ : Frank Philip Bowden
  7. ^ 勝田敏彦「スケートなぜ滑る?」『朝日新聞』夕刊2006年2月28日6面


「スケート」の続きの解説一覧

スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 01:04 UTC 版)

ジョージア国のスポーツ」の記事における「スケート」の解説

2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックジョージア代表となったフィギュア・スケートエレーネ・ゲデヴァニシヴィリ知られる

※この「スケート」の解説は、「ジョージア国のスポーツ」の解説の一部です。
「スケート」を含む「ジョージア国のスポーツ」の記事については、「ジョージア国のスポーツ」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 10:11 UTC 版)

スリップストリーム」の記事における「スケート」の解説

スピードスケートショートトラックスピードスケートおいてもスリップストリーム重要なファクターとなる。スピードスケートでは個人競技で同走選手のスリップ意図的に利用する行為は「同走選手への進路妨害」として失格対象となるが、「団体追い抜きチームパシュート)」においては3人目選手1人目・2人選手のスリップストリーム如何に利用するかが勝負の鍵となる。またショートトラックマススタートではリンクの中を密集態で走るため、前方選手のスリップ利用してどのタイミングで抜け出すかが勝負を決める最大の要素となる。

※この「スケート」の解説は、「スリップストリーム」の解説の一部です。
「スケート」を含む「スリップストリーム」の記事については、「スリップストリーム」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 04:46 UTC 版)

筑波大学の人物一覧」の記事における「スケート」の解説

河合季信 - ショートトラックアルベールビルオリンピック銅メダル筑波大学人間総合科学研究科准教授 木戸章之 - アイスダンストリノオリンピック出場 新谷志保美 - スピードスケートバンクーバーオリンピック日本代表(女子500m) 青柳徹 - 元スピードスケート長距離選手日本体育大学教授日本スケート連盟強化副部長日本オリンピック委員会 (JOC) 専任コーチ

※この「スケート」の解説は、「筑波大学の人物一覧」の解説の一部です。
「スケート」を含む「筑波大学の人物一覧」の記事については、「筑波大学の人物一覧」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 14:16 UTC 版)

クレイジーハムスター」の記事における「スケート」の解説

滑ってしまうところで使う。

※この「スケート」の解説は、「クレイジーハムスター」の解説の一部です。
「スケート」を含む「クレイジーハムスター」の記事については、「クレイジーハムスター」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 01:00 UTC 版)

日本大学の人物一覧」の記事における「スケート」の解説

伊藤清美 - スピードスケート選手1972年札幌オリンピック代表。第44回全日本スピードスケート選手権大会総合優勝黒岩敏幸 - スピードスケート選手1992年アルベールビルオリンピック銀メダリスト井上純一 - スピードスケート選手アルベールビルオリンピック銅メダリスト清水宏保 - スピードスケート選手1994年リレハンメルオリンピック代表、1998年長野オリンピック金、2002年ソルトレークシティオリンピック銀メダリスト2006年トリノオリンピック代表) 長島圭一郎 - スピードスケート選手2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト野崎貴裕 - スピードスケート選手1998年長野オリンピック代表) 清水祥之 - 元スピードスケート選手カルガリーオリンピック代表。スピードスケートコーチ 出町嘉明 - 元スピードスケート選手1968年冬季ユニバーシアード5000m銅メダルグルノーブルオリンピック代表選手 内藤修 - スピードスケート選手全日本スピードスケート選手権者。世界選手権表 内晋 - スピードスケート選手 羽賀亮平 - スピードスケート選手バンクーバー五輪代表選手 長谷川翼 - スピードスケート選手平昌五輪代表選手 長久保裕 - フィギュアスケート選手1972年札幌オリンピック代表) 佐野稔 - フィギュアスケート選手インスブルックオリンピック代表) 小川勝 - フィギュアスケート選手1984年サラエボオリンピック代表) 小山朋昭 - フィギュアスケート選手コーチ解説者1992年アルベールビルオリンピックペア日本代表, シングルISUテクニカル・スペシャリスト 田村岳斗 - フィギュアスケート選手1998年長野オリンピック代表):東北学院大学より編入 都築章一郎 - フィギュアスケート選手 無良隆志 - フィギュアスケート選手 滝野賢治 - フィギュアスケート選手 重松直樹 - フィギュアスケート選手 田中総司 - フィギュアスケート選手 岩本英嗣 - フィギュアスケート選手 岸本一美 - フィギュアスケート選手 佐藤紀子 - フィギュアスケート選手 小泉仁中退)- フィギュアスケート選手アイスダンス阿部鉄雄 - 元フィギュアスケート選手男子シングル)。日本スケート連盟強化副部長 小笠原健雄 - 元フィギュアスケート選手ペアスケーティング男子シングル岡島功治 - 元フィギュアスケート選手ペアスケーティング)、コーチ 中野園子 - フィギュアスケートコーチ。JFSIA理事 萩原恭子はぎわらきょうこ)- 元フィギュアスケート選手ペアスケーティング)フィギュアスケートコーチ。1975年から1978年まで全日本フィギュアスケート選手権4連覇1976年ネーベルホルン杯3位1977-1979年世界フィギュアスケート選手権日本代表

※この「スケート」の解説は、「日本大学の人物一覧」の解説の一部です。
「スケート」を含む「日本大学の人物一覧」の記事については、「日本大学の人物一覧」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 16:16 UTC 版)

東日本大震災によるスポーツへの影響」の記事における「スケート」の解説

3月21日より東京都渋谷区国立代々木競技場 第一体育館開催予定だった2011年世界フィギュアスケート選手権中止され代替開催4月24日から5月1日までモスクワロシア連邦)で行うことが決まったまた、同年の国別対抗戦中止となった。こちらは代替開催設定はなかった。

※この「スケート」の解説は、「東日本大震災によるスポーツへの影響」の解説の一部です。
「スケート」を含む「東日本大震災によるスポーツへの影響」の記事については、「東日本大震災によるスポーツへの影響」の概要を参照ください。


スケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 08:05 UTC 版)

五色沼 (仙台市)」の記事における「スケート」の解説

仙台城廃城によって旧城内庶民出入りできるようになり、五色沼明治以降仙台市のスケートの中心地として賑わうことになったまた、五色沼は「日本フィギュアスケート発祥の地とされる五色沼のほとりに「日本フィギュアスケート発祥の地」の碑があり、男女ペアスケーターのブロンズ像作品名:無限への軌跡作者:翁ひろみ)がある。

※この「スケート」の解説は、「五色沼 (仙台市)」の解説の一部です。
「スケート」を含む「五色沼 (仙台市)」の記事については、「五色沼 (仙台市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スケート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スケート

出典:『Wiktionary』 (2021/12/14 16:02 UTC 版)

語源

英語 skate からの借用語

発音

名詞

スケート

  1. 平状になっている氷面上を滑走するため、靴底ブレード呼ばれる長い金具をつけた履物スケート靴
  2. スケート靴用い平状になっている氷面上を、滑走するスポーツアイススケート
  3. ローラースケートの別称。

関連語

翻訳

動詞

活用


「スケート」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スケートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スケートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スケートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョージア国のスポーツ (改訂履歴)、スリップストリーム (改訂履歴)、筑波大学の人物一覧 (改訂履歴)、クレイジーハムスター (改訂履歴)、日本大学の人物一覧 (改訂履歴)、東日本大震災によるスポーツへの影響 (改訂履歴)、五色沼 (仙台市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS