連覇とは? わかりやすく解説

れん‐ぱ【連覇】

読み方:れんぱ

[名](スル)競技などで、続けて優勝すること。「苦しみながらも—する」「三—」


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:56 UTC 版)

全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード」の記事における「連覇」の解説

大会においての連覇は現在7例ある。詳しくは甲子園連覇を参照のこと。

※この「連覇」の解説は、「全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード」の解説の一部です。
「連覇」を含む「全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード」の記事については、「全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード」の概要を参照ください。


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:02 UTC 版)

NHK杯テレビ将棋トーナメント」の記事における「連覇」の解説

最高記録羽生善治の4連覇(第58回 - 第61回)。他に大山康晴第4回 - 第5回)・羽生第47回 - 第48回)・佐藤康光第56回 - 第57回)が2連覇記録

※この「連覇」の解説は、「NHK杯テレビ将棋トーナメント」の解説の一部です。
「連覇」を含む「NHK杯テレビ将棋トーナメント」の記事については、「NHK杯テレビ将棋トーナメント」の概要を参照ください。


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 18:36 UTC 版)

凱旋門賞」の記事における「連覇」の解説

競走馬クサールKsar) - 1921年1922年 初の連覇。 コリーダ(Corrida) - 1936年1937年 初の牝馬による連覇。 タンティエームTantieme) - 1950年1951年 リボーRibot) - 1955年1956年 アレッジドAlleged) - 1977年1978年 トレヴTreve) - 2013年・2014年 エネイブルEnable) - 2017年・2018年 2勝した競走馬モトリコ(Motrico) - 1930年1932年優勝騎手 (同一競走馬騎乗によって連覇を達成している場合当該年度を太字にし、その後ろに括弧騎乗馬記載)パット・エデリー - 1985年から1987年にかけて3連勝。 オリビエ・ペリエ - 1996年から1998年にかけて3連勝。 シャルル・サンブラ - 1931年・1932年 チャールズ・エリオット - 1936年1937年 (コリーダ) ジャック・ドワイヤベール - 1950年1951年 (タンティエーム) エンリコ・カミーチ - 1955年1956年 (リボー) ウィリアム・ウィリアムソン - 1968年・1969年 レスター・ピゴット - 1977年1978年 (アレッジド) ランフランコ・デットーリ - 2001年・2002年及び2017年・2018年 (エネイブル) ティエリ・ジャルネ - 2013年・2014年 (トレヴ)

※この「連覇」の解説は、「凱旋門賞」の解説の一部です。
「連覇」を含む「凱旋門賞」の記事については、「凱旋門賞」の概要を参照ください。


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:38 UTC 版)

スーパーボウル・チャンピオンの一覧」の記事における「連覇」の解説

7チームスーパーボウル連覇しており、うち1チーム2度連覇している。 グリーンベイ・パッカーズ (第1回・第2回) マイアミ・ドルフィンズ (第7回第8回) ピッツバーグ・スティーラーズ (2回:第9回第10回、および第13回第14回) サンフランシスコ・フォーティナイナーズ (第23回第24回) ダラス・カウボーイズ (第27回第28回) デンバー・ブロンコス (第32回第33回) ニューイングランド・ペイトリオッツ (第38回第39回) スーパーボウル3連覇したチームは無いが、近づいたチームはいくつかある。 グリーンベイ・パッカーズは、第1回第2回スーパーボウル連覇し、かつ前年NFLチャンピオンであったマイアミ・ドルフィンズは、3回連続第6回第7回第8回)でスーパーボウル出場し後の2回で勝利した3連覇目指したチームは、ディビジョナルプレーオフで、オークランド・レイダースケン・ステイブラー奇跡的なTDパス決められ敗れた。そのプレーは、「Sea of Hands」として知られているサンフランシスコ・フォーティナイナーズは、第23回第24回スーパーボウル連覇したが、翌年その年のスーパーボウルチャンピオンとなるニューヨーク・ジャイアンツNFCチャンピオンシップゲーム敗れた。その試合ジョー・モンタナ負傷退場したダラス・カウボーイズは、第27回第28回スーパーボウル連覇したが、翌年その年のスーパーボウルチャンピオンとなるサンフランシスコ・フォーティナイナーズNFCチャンピオンシップゲーム敗れたカウボーイズはその翌年第30回スーパーボウル勝利している。

※この「連覇」の解説は、「スーパーボウル・チャンピオンの一覧」の解説の一部です。
「連覇」を含む「スーパーボウル・チャンピオンの一覧」の記事については、「スーパーボウル・チャンピオンの一覧」の概要を参照ください。


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:09 UTC 版)

UEFAチャンピオンズリーグ」の記事における「連覇」の解説

クラブ名達成レアル・マドリード 5 1956,1957,1958,1959,1960 アヤックス 3 1971,1972,1973 バイエルン・ミュンヘン 1974,1975,1976 レアル・マドリード 2016,2017,2018 ベンフィカ 2 1961,1962 インテル 1964,1965 リヴァプール 1977,1978 ノッティンガム・フォレスト 1979,1980 ミラン 1989,1990 注1前身UEFAチャンピオンズカップ時代も含む。注2優勝年度は、優勝決定した年を並べている。例えば、1955-56年度王者1956年としている。

※この「連覇」の解説は、「UEFAチャンピオンズリーグ」の解説の一部です。
「連覇」を含む「UEFAチャンピオンズリーグ」の記事については、「UEFAチャンピオンズリーグ」の概要を参照ください。


連覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 21:53 UTC 版)

E.P.テイラーステークス」の記事における「連覇」の解説

1957年・1958年 - Kitty Girlが連覇。 1968年-1970年 - Gardiner Farm生産馬、およびLou Cavalaris Jr.調教師3連覇。(Ice Water、Plegada、Mary of Scotland

※この「連覇」の解説は、「E.P.テイラーステークス」の解説の一部です。
「連覇」を含む「E.P.テイラーステークス」の記事については、「E.P.テイラーステークス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「連覇」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「連覇」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

連覇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連覇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全国高等学校野球選手権大会に関するエピソード (改訂履歴)、NHK杯テレビ将棋トーナメント (改訂履歴)、凱旋門賞 (改訂履歴)、スーパーボウル・チャンピオンの一覧 (改訂履歴)、UEFAチャンピオンズリーグ (改訂履歴)、E.P.テイラーステークス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS