デュエットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 重唱 > デュエットの意味・解説 

デュエット【duet】

読み方:でゅえっと

二重唱また、一般的に二人重唱

二重奏

二人組んで踊る舞踊

「デュエット」に似た言葉

デュエット

英語 Duet

1998年9月発売した。デュエットとは二重奏の意味ハードウェアとしてはダイハツストーリアそのもので、まったく同一だった。なお、ストーリア98年2月世に出た

エンジン3気筒・1L・DOHCの60psユニットだけで、駆動方式FFのほか4WDもあった。ストーリア見分けることは難しくバッジレターくらいし識別点はなかった。スタイリングユニークで全体に丸み帯び、それに合わせてラジエーターエアインテークヘッドランプ、ウインドウグラフィックスなどにも丸みがあった。

2000年5月マイナーチェンジ行い、1.3L・VVT-i・110psエンジン追加した従来の1L版もVVT-i採用して性能向上低燃費実現2001年12月変更では、エクステリアインテリア手を加えると同時にキーフリーシステム採用したエンジン新開発の1.3L・K3-VE・90ps型を追加従来からの1.3L・110psと1L・64psの合わせて3機種になったラインアップは、カジュアルなVグレードのほか、クラッシックテイストのXグレードスポーティなSグレードの3タイプがある。なお、Vにリトルパッケージとリミテッドパッケージという装備充実しながら価格抑えたモデル追加した

デュエット

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

デュエット[duet]

2人で歌う(演奏する)こと。二重唱(奏)。

メンデルスゾーン:デュエット イ長調(アレグロ・ブリランテ)

英語表記/番号出版情報
メンデルスゾーン:デュエット イ長調(アレグロ・ブリランテ)Duett A-Dur (Allegro brillanteOp.92 T 4作曲年1841年  出版年1994年  初版出版地/出版社: M&uumlnchen 

デュエット

作者川村光洋

収載図書ショート・ショート劇場 3
出版社双葉社
刊行年月1986.7
シリーズ名双葉文庫


デュエット

作者三生康詩

収載図書常磐愛線
出版社彩図社
刊行年月2000.7
シリーズ名ぶんりき文庫


デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 22:59 UTC 版)

デュエット(英語:duet [djuːét])は、二重奏、あるいは二重唱のこと。二人の奏者が異なるパートを演奏することを指すこともあり、その曲(二重奏曲、二重唱曲)や実演者(二重奏団、二重唱団)もデュエットと呼ぶ。




「デュエット」の続きの解説一覧

デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 14:18 UTC 版)

ジェイ・ジェイ」の記事における「デュエット」の解説

Dayangku Intanとの競演Kita Insan Biasa (1988) Peralihan Zaman (1989) ニン・バイズーラとの競演。 Erti Pertemuan (2004) Mirwanaとの競演Aku Tanpa CintaMu (2004) Datuk Ramli Saripとの競演。 Senandung Hidup Berbudi シュラとの競演Ghazal Perindu (2004)

※この「デュエット」の解説は、「ジェイ・ジェイ」の解説の一部です。
「デュエット」を含む「ジェイ・ジェイ」の記事については、「ジェイ・ジェイ」の概要を参照ください。


デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:44 UTC 版)

北斗星 (列車)」の記事における「デュエット」の解説

4・10号車に7室設置されている2人用個室上段下段の2タイプがあり、いずれも2つシングルベッドが平行に配置されていた。

※この「デュエット」の解説は、「北斗星 (列車)」の解説の一部です。
「デュエット」を含む「北斗星 (列車)」の記事については、「北斗星 (列車)」の概要を参照ください。


デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 01:42 UTC 版)

アローバース」の記事における「デュエット」の解説

放送日エピソード2017/03/21 『THE FLASH/フラッシュシーズン3 第17話 フラッシュスーパーガールのクロスオーバー・ミュージカル。 『THE FLASH/フラッシュ』と『SUPERGIRL/スーパーガール』の出演者のほか、『ARROW/アロー』でマルコム・マーリンを演じジョン・バロウマン、『レジェンド・オブ・トゥモロー』でマーティン・シュタインを演じヴィクター・ガーバー別の役で出演する。 本エピソード物語は『SUPERGIRL/スーパーガールシーズン2 第16話「Star-Crossed」の最後の場面から続いており、『THE FLASH/フラッシュ』だけでなく『SUPERGIRL/スーパーガール』のその後物語にも影響及ぼしている。

※この「デュエット」の解説は、「アローバース」の解説の一部です。
「デュエット」を含む「アローバース」の記事については、「アローバース」の概要を参照ください。


デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 09:25 UTC 版)

マドンナ (歌手)」の記事における「デュエット」の解説

ジャスティン・ティンバーレイク2008年発表されたアルバムハード・キャンディ』からの1枚目のシングルである「フォー・ミニッツ4 minutes)」で、同曲のPVでも共演果たしている。なお、この曲のPVには日本のダンスユニットはむつんサーブ出演している。詳細は「フォー・ミニッツ」の項目を参照

※この「デュエット」の解説は、「マドンナ (歌手)」の解説の一部です。
「デュエット」を含む「マドンナ (歌手)」の記事については、「マドンナ (歌手)」の概要を参照ください。


デュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 08:42 UTC 版)

エロス・ラマゾッティ」の記事における「デュエット」の解説

エロス他のミュージシャンとの共演作を数多く発表している。以下はその一例である。 "La luce buona delle stelle" - パッツィ・ケンジット "Amarti è l'immenso per me" - アントネッラ・ブッチ "Andare... in ogni senso" - ピエロ・カッサーノ "Tu vivrai" - イ・プー、エンリコ・ルッジェーリ、ラフ、ウンベルト・トッツィ "Anche tu" - ラフ "Non dimenticare Disneyland" - アレックス・バローニ "Musica è" - アンドレア・ボチェッリ "Nel cuore lei" - アンドレア・ボチェッリ "Cose della vita - Can't stop thinking of you" - ティナ・ターナー "Stella gemella" - ジェメッリ・ディヴェルシ "Più che puoi" - シェール "I belong to you - il ritmo della passione" - アナスタシア "That's all I need to know - Difenderò" - ジョー・コッカー "Non Siamo Soli" - リッキー・マーティン "Un attimo di pace" - テイク6 "Esta pasando noviembre" - アマヤ・モンテロ(ラ・オレハ・デ・バン・ゴッホ

※この「デュエット」の解説は、「エロス・ラマゾッティ」の解説の一部です。
「デュエット」を含む「エロス・ラマゾッティ」の記事については、「エロス・ラマゾッティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「デュエット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

デュエット

出典:『Wiktionary』 (2021/09/17 15:30 UTC 版)

語源

英語 duet < イタリア語 duetto (duo指小辞)

発音

名詞

デュエット

  1. (音楽) 二重奏二重唱
  2. 二人組による演技

類義語

動詞


「デュエット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



デュエットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デュエット」の関連用語

デュエットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デュエットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデュエット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェイ・ジェイ (改訂履歴)、北斗星 (列車) (改訂履歴)、アローバース (改訂履歴)、マドンナ (歌手) (改訂履歴)、エロス・ラマゾッティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのデュエット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS