薬師丸ひろ子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > 日本の芸能人 > 薬師丸ひろ子の意味・解説 

薬師丸ひろ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/17 06:20 UTC 版)

薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日[1] - )は、日本女優歌手東京都港区北青山出身。東京都立八潮高等学校玉川大学文学部英米文学科卒業。




注釈

  1. ^ 1982年度邦画配給収入1位[5]
  2. ^ ゴールデングロス賞のマネーメイキングスター賞受賞2回。角川時代の主演映画『ねらわれた学園』から『Wの悲劇』までの配給収入合計は約120.7億円。
  3. ^ 「セーラー服と機関銃」・「探偵物語」・「Woman "Wの悲劇"より」はオリコン週間1位、「メイン・テーマ」はオリコン週間2位[6]
  4. ^ どちらもオリコン週間2位[6]
  5. ^ 特に、『ALWAYS 三丁目の夕日』の演技で2005年度の国内主要映画賞の助演女優賞を独り占めにした[2][10]受賞歴も参照。
  6. ^ 2次審査通過後、角川事務所に呼ばれた際に、今回のオーディションは年齢が障害となって不合格だが、今後芸能活動する気持ちはないかと角川春樹社長から尋ねられる[13]。芸能界入りを望んでいなかった薬師丸は、落選する保証を社長から貰ったと思い込み最終審査に臨んだ[13]
  7. ^ 角川以外にも薬師丸を強く推したと言う人が多く、誰の話が真実なのか本人にも分からない。
  8. ^ 角川春樹は、つかこうへいに対して、薬師丸に投票するように頼んだ[14]
  9. ^ オーディションの内容の一部が『ひろ子 青春のメモワール』に音声として残っている。オーディションでは岩崎宏美の「思秋期」を歌った。
  10. ^ FLASH誌上でキティ・フィルム代表多賀英典は、出演交渉した時、薬師丸は何処の芸能事務所にも所属していなかったと証言している。
  11. ^ しかし、薬師丸人気が大きく爆発するのは東宝ではなく東映で配給する次作になる[30]
  12. ^ 目標とした興行成績を達成し、一応の成功をおさめている[31]
  13. ^ 第2稿の脚本では、星泉「(ニコッ)快感」と書かれている[33]
  14. ^ 映画撮影終了後に撮影された主題歌のレコードジャケット写真では、メイクによってこの出血が再現されている[36]
  15. ^ 大阪府警発表は1万人。スポーツ新聞には6,000人とも。
  16. ^ 1979年に女性8位で初登場して以来、1980年4位、1981年2位とランクアップしていた。
  17. ^ 足を折っても構わないとスキーをすることで開放感を味わったことを理由に挙げている
  18. ^ 母親は本職のマネージャーなら一言で断れる用件を様々なことに気を遣いすぎて1時間かけて断ったり、父親が写真週刊誌に載ったり、姉は薬師丸と間違えられて駅までカメラマンに追いかけられたりした[57]
  19. ^ 〔引用者註〕出典の先頭の「2016年4月1日、」は誤植と思われる。
  20. ^ 連続ドラマに限定すれば1978年の『敵か?味方か?3対3』以来19年ぶり。
  21. ^ ドキュメンタリー番組『しあわせのカタチ 脚本家・木皿泉 創作の「世界」』内の書き下ろしドラマ[86]
  22. ^ 「セリフ覚えるの大変」、「凄く時間に追われる」ことを懸念していた[89][90]
  23. ^ 「主役じゃなければそんなに大変じゃありませんよ」と言われたことも[89][90]
  24. ^ 台本通りに演じることで、宮藤官九郎さんの考えられる大女優像を演じ、台本のせいにして乗り切って行きたいと抱負を述べた[91][92]
  25. ^ 山形新聞「実はちゃんと歌える薬師丸ひろ子が音痴な役を演じ」[93]。内田正樹「本来歌の上手い薬師丸が究極の"音痴"を演じたこと」[94]
  26. ^ 〔引用者注〕本文の団塊世代団塊ジュニア世代の誤りであると思われる。
  27. ^ ドラマとして芝居を撮影しながら、生で音楽も歌声も「一発録りする」という異例な収録だった[97]
  28. ^ 〔『セーラー服と機関銃』で十字架に貼り付けられて数時間放置されたため、〕薬師丸が相米に罵声を浴びせることもあった[121]
  29. ^ 歌手デビューの日付も決定していた[127]
  30. ^ 理由は歌手活動は学業との両立が時間的に難しいことと、マスコミへの露出が増えることへの不安。当時、薬師丸は学校や仕事場へ、自分一人で電車通学・通勤していた。
  31. ^ 山口百恵は1980年10月に芸能界を引退した。
  32. ^ 薬師丸は大瀧作品の「夢で逢えたら」・「探偵物語」・「すこしだけやさしく」を客席の大瀧詠一の前で披露した[149]
  33. ^ 吉俣良は『Premium Acoustic Night 時の扉 〜Look For A Star〜』に引き続き、今回も参加している。
  34. ^ この共演の放送音源をリミックスしたものが2018年リリースのコンピレーション・アルバム『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集 Vol.3「夢で逢えたら」(1976~2018)』に収録されている[156]
  35. ^ 〔引用者註〕出典では『歌のトップテン』になっているが、放送期間を考慮し、『ザ・トップテン』に修正した。
  36. ^ 映画業界の挨拶を教えたキャメラマン仙元誠三は、最初は頭にきたが、真っ直ぐなお嬢さんといった人柄を知るにつれ、可愛く思うようになったと話している[208]。2014年に仙元が文化庁から表彰された時、薬師丸は御祝いに駆け付けている[209]
  37. ^ 男の子のファンから見た薬師丸のイメージは可愛いの一語に尽きるかもしれないとも述べている[43]
  38. ^ 配給収入21.8億円。1978年度邦画1位。
  39. ^ この要求は両親でなく、薬師丸本人がしている。
  40. ^ 薬師丸「だって私、好きなんだもん」[241]
  41. ^ 1983年、薬師丸率いるチーム「ヒロコーズ」が全国6球場で野球をするという映画『探偵物語』の公開前イベントがあった[246]
  42. ^ 「あの日は楽しかったのに、今日は悲しい」、「1年前は辛かったけれど、今はこんなに元気だ」、「誰にも会いたくないと思ったけれど、10日後には友達と外食をしている」[230]
  43. ^ 薬師丸が同作品に出演する事が発表される前[267]
  44. ^ 出生地に関して、渋谷区[269][56] と港区[2][270]の2通りの資料があるが、渋谷区日赤病院と記述のある渋谷区の方が信頼性が高いと判断した[196]
  45. ^ 前日に起こったアメリカ同時多発テロ事件と3日前に亡くなった相米慎二監督のことを話している。
  46. ^ 2016年11月現在、話題賞俳優部門4回は最多受賞記録[277]
  47. ^ ブルーリボン賞で主演、助演の両方を手にした女優は10人目、達成に要した期間21年は高峰秀子の22年に次ぐ長さだった[278]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.108.
  2. ^ a b c d e f g h 薬師丸ひろ子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e 放送ウーマン賞2013”. 日本女性放送者懇談会. 2014年7月22日閲覧。
  4. ^ “熟女にアイドルに大モテ松田優作”. 日刊スポーツ. (1983年2月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/yusaku/2009/news/past_news-yusaku12.html 2016年9月9日閲覧。 
  5. ^ 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  6. ^ a b c 『オリコン チャート・ブック 昭和43年-昭和62年( 20年)アーティスト編 全シングル作品』オリコン、1988年9月、340-341頁。ISBN 4-87131-021-3
  7. ^ 20歳の主演女優・薬師丸ひろ子 振袖姿で授賞式に 第27回(1985年2月13日)@イイノホール(東京・内幸町) - ウェイバックマシン(2009年2月7日アーカイブ分)
  8. ^ 薬師丸ひろ子のプロフィール” (2008年1月23日). 2014年12月12日閲覧。
  9. ^ 「鈴鹿ひろ美役 薬師丸ひろ子 インタビュー」『NHKウイークリーステラ2013年平成25年)7月26日号、NHKサービスセンター、2013年、 8頁。
  10. ^ 林真理子 2006, p. 48.
  11. ^ 歌のゴールデンヒットー昭和・平成の歴代歌姫ベスト100ー”. TBSテレビ (2019年2月11日). 2019年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  12. ^ アルバム 2006, p. 656.
  13. ^ a b 武藤 1993, p. 244.
  14. ^ つかこうへい『つか版・男の冠婚葬祭入門』角川文庫、1986年、143-145頁。ISBN 4-04-142223-X
  15. ^ a b c d e f g h i “NBonlineプレミアム : 【薬師丸ひろ子さん】「角川さんは本当に懐の大きい方でした」”. 日経ビジネス. (2006年2月17日). オリジナルの2006年7月8日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20060708003723/http://business.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060217005343.shtml 2014年7月21日閲覧。 
  16. ^ 中川 2014, p. 94.
  17. ^ “40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(前編)”. シネマズ (松竹). (2016年7月23日). http://cinema.ne.jp/recommend/kadokawa2016072311/ 2016年8月12日閲覧. "本作は主演・高倉健の娘役をオーディションし、今もトップ・スターとして活躍中の薬師丸ひろ子を発掘したことが最大の成果ともいえるでしょう。" 
  18. ^ 中川 2014, p. 95.
  19. ^ 武藤 1993, p. 248.
  20. ^ フラッシュバック 1983, pp. 76-77.
  21. ^ “日本のテレビCM史の流れを変えた異才 - 今村昭物語(12)”. 電通. (2016年11月13日). http://dentsu-ho.com/articles/4667 2016年11月13日閲覧. "電通映画社の喜多村寿信プロデューサーが、凄い子がいるぞ!と飛んできた。当時、角川映画「野性の証明」を撮影中であった、薬師丸ひろ子である。14歳。" 
  22. ^ フラッシュバック 1983, pp. 79-82.
  23. ^ フラッシュバック 1983, p. 74.
  24. ^ 妻が夫をおくるとき - テレビドラマデータベース
  25. ^ a b 中川 2014, p. 112.
  26. ^ a b c 野村正昭 1983, p. 44.
  27. ^ a b c d e f g 多賀英典 2013.
  28. ^ a b c d e 阿川佐和子 2005, p. 149.
  29. ^ 武藤 1993, p. 249.
  30. ^ a b c d e f g h 宮本治雄 1995.
  31. ^ キネマ旬報社『シネアスト相米慎二』キネマ旬報社、2011年11月10日、57頁。ISBN 978-4-87376-380-4
  32. ^ 垣花正のあなたとハッピー!. ゲスト出演. ニッポン放送. 2013年8月26日放送.
  33. ^ 「脚本 セーラー服と機関銃」、『キネマ旬報』 1981年12月下旬号、77頁。
  34. ^ “『セーラー服と機関銃』トーク(ゲスト:黒沢清監督)”. デイリーニュース2011 : TOKYO FILMeX/東京フィルメックス. (2011年11月21日). http://filmex.net/dailynews2011/2011/11/post-9.html 2014年7月21日閲覧。 
  35. ^ a b フラッシュバック 1983, p. 166.
  36. ^ 薬師丸ひろ子 - セーラー服と機関銃 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. 2014年7月25日閲覧。
  37. ^ a b 「永遠の名演技"カイ・・・カン!」『昭和40年男』2013年平成25年)2月号、クレタパブリッシング、2013年、 86-88頁。
  38. ^ a b 中川 2014, p. 157.
  39. ^ a b プレイバック 1983, p. 105.
  40. ^ a b c d e f “6/24【インタビュー】薬師丸ひろ子の「角川映画」時代をハイレゾと共に振り返る! 辣腕宣伝マンと制作ディレクターに訊く”. mora. http://blog.mora.jp/2015/06/24/memories04.html 2015年6月24日閲覧。 
  41. ^ “40周年記念映画祭開催!角川映画はいかにして昭和後期の日本映画界を改革していったか?(後編)”. シネマズ (松竹). (2016年7月30日). http://cinema.ne.jp/recommend/kadokawa2016073016/ 2016年8月12日閲覧. "この1作で薬師丸ひろ子が一気に日本映画界を代表する青春スターに躍り出るとともに、角川映画の救世主となりました。" 
  42. ^ 「首位獲得曲の推移 アルバム」『オリコン年鑑2004 データ本』、オリコン・エンタテインメント、2004年3月25日、 310頁。
  43. ^ a b c d 野村正昭 1983, p. 46.
  44. ^ 中川 2014, p. 163.
  45. ^ 中川 2014, pp. 165-166.
  46. ^ 金田信一郎「テレビ・ウォーズ(7)角川春樹、奇才の「破壊と創造」」『日経ビジネス』2006年(平成18年)2月20日号、日経BP、2006年、 110頁。
  47. ^ a b プレイバック 1983, p. 154.
  48. ^ a b “34年前の今日、薬師丸ひろ子のアルバム『青春のメモワール』がチャート1位を獲得”. 大人のMusic Calendar (ニッポン放送). (2016年5月3日). http://www.1242.com/lf/articles/3582/ 2016年5月3日閲覧。 
  49. ^ プレイバック 1983, p. 156.
  50. ^ プレイバック 1983, p. 190.
  51. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  52. ^ “「フラガール」受賞にホッ…アカデミー賞の権威保った”. ZAKZAK. (2007年2月19日). オリジナルの2017年8月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170829164427/http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_02/g2007021916.html 2017年8月29日閲覧。 
  53. ^ a b 「映画『早春物語』公開」『昭和40年男』2014年平成26年)4月号、クレタパブリッシング、2014年、 120頁。
  54. ^ 川崎宏『狂おしい夢不良性感度の日本映画: 東映三角マークになぜ惚れた!?』青心社、2003年5月、199頁。ISBN 978-4-87892-266-4
  55. ^ 澤井信一郎「特集 角川映画 澤井信一郎の手腕。」『昭和40年男』2016年(平成28年)8月号、クレタパブリッシング、2016年、 33頁。
  56. ^ a b c d 『HIROKO YAKUSHIMARU 1987 SUMMER CONCERT HOSHIKIKOU パンフレット』、1987年。
  57. ^ 武藤 1993, p. 260.
  58. ^ あの国民的ベストセラーが、28年ぶりにシリーズ復活! 〈インタビュー〉赤川次郎『セーラー服と機関銃3 疾走』”. Book Bang (2016年2月11日). 2016年2月15日閲覧。
  59. ^ “邦画と洋画の攻防(1回目)/邦洋が拮抗した80年代、角川映画が邦画界を牽引!”. MOVIE Collection [ムビコレ]. (2015年7月10日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=8522 2016年2月15日閲覧。 
  60. ^ a b c “許されなかった日本映画が解禁へ、「里見八犬伝」薬師丸ひろ子の訪台に大フィーバー”. Record China. (2016年4月2日). https://www.recordchina.co.jp/b132405-s0-c70-d0044.html 2016年4月2日閲覧。 
  61. ^ a b c キネ旬 2005, p. 128.
  62. ^ 女優デビュー35周年記念 薬師丸ひろ子 セレクション・カバーアルバム『時の扉』 全曲本人楽曲解説 歌を聴くことによって、いろんな扉を開けて、いまと過去を、そして未来を繋げてくだされば”. 歌謡曲リミテッド - KAYOKYOKU LTD. (2014年1月10日). 2014年1月10日閲覧。
  63. ^ a b “第23回 - 薬師丸ひろ子”. TOWER RECORDS ONLINE. (2011年5月13日). http://tower.jp/article/series/2011/05/13/77962 2014年12月12日閲覧。 
  64. ^ 河井真也「今宵、すべての劇場から 薬師丸ひろ子のこと」『an・an1998年平成元年)10月23日マガジンハウス(旧・平凡出版)、1998年、 150頁。
  65. ^ 「20年ぶりにドラマ出演 薬師丸ひろ子が不倫!」『日経エンタテインメント!1997年平成19年)6月号、日経BP、1997年、 71頁。
  66. ^ a b 「MEMORIAL 20 Year's - レモン伝説 - 19回 薬師丸ひろ子 知らない世界(テレビ)に入るのが怖かった」『ザテレビジョン2002年(平成14年)3月1日号、角川書店、2002年、 34頁。
  67. ^ 熱の島で〜ヒートアイランド東京〜 - テレビドラマデータベース
  68. ^ a b c 婦人公論 1998, p. 59.
  69. ^ a b 樋口尚文「セーラー服と機関銃」『キネマ旬報』2014年(平成26年)8月下旬号、キネマ旬報社、2014年、 39頁。
  70. ^ キネ旬女優 2000, p. 52.
  71. ^ キネ旬女優 2000, p. 67.
  72. ^ キネ旬女優 2000, p. 71.
  73. ^ 『オールタイム・ベスト映画遺産: 日本映画男優・女優100』キネマ旬報社、2014年12月、41頁。ISBN 978-4-87376-803-8
  74. ^ a b c 岡田惠和 今宵、ロックバーで〜ドラマな人々の音楽談義〜. NHK-FM放送. 2013年4月6日放送.
  75. ^ a b c キネ旬 2005, p. 125.
  76. ^ a b 阿川佐和子 2005, p. 147.
  77. ^ a b c d 薬師丸ひろ子「時を経ても色褪せない。そんな楽曲の世界観を再発見しています」」『ターザン2017年(平成29年)7月6日号、マガジンハウス、2017年、 121頁。
  78. ^ 受賞歴を参照。
  79. ^ キネ旬 2005, p. 123.
  80. ^ キネ旬 2005, p. 123-124.
  81. ^ 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子 映画のマジック、映画の奇蹟に出会えた2005年」『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 48 - 49頁。
  82. ^ 「WORLD NEWS 日本」『キネマ旬報2006年(平成18年)3月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 19頁。
  83. ^ “〜胸躍るあの映画、感動のシーンが切手に!〜 特殊切手「日本映画」発行” (プレスリリース), 日本郵便, http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2006/h181010_t.html 2014年7月21日閲覧。 
  84. ^ 『毎日新聞』2009年9月12日付朝刊、第28面・番組表。
  85. ^ a b 薬師丸ひろ子、『すうねるところ』で舞台初脚本の木皿泉とタッグ - ウレぴあ総研” (2012年8月20日). 2014年9月10日閲覧。
  86. ^ 世の中を忘れたやうな蚊帳の中 - テレビドラマデータベース
  87. ^ 木皿泉「すうねるところ」『シアターガイド』2012年(平成24年)9月号、モーニングデスク、2012年、 39頁。
  88. ^ 薬師丸ひろ子主演、木皿泉、内藤裕敬が再タッグ” (2014年2月4日). 2014年4月15日閲覧。
  89. ^ a b 嵐にしやがれ. ゲスト出演. 日本テレビ. 2013年12月14日放送.
  90. ^ a b 薬師丸ひろ子、『あまちゃん』出ないつもりだった - Infoseek ニュース” (2013年12月17日). 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月6日閲覧。
  91. ^ a b c 薬師丸ひろ子「あまちゃん」出演理由に「見続ける朝ドラになると思った」 - 芸能ニュースラウンジ” (2013年1月18日). 2017年8月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  92. ^ 薬師丸ひろ子:朝ドラ初出演 「あまちゃん」で大女優役 - MANTANWEB(まんたんウェブ)” (2013年1月18日). 2013年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  93. ^ 朝刊コラム「談話室」『山形新聞』2014年2月6日付朝刊。
  94. ^ a b 内田正樹「恋する音楽 薬師丸ひろ子 "鈴鹿ひろ美"は仮の姿。実力派が紡ぐスタンダードの魅力」『サンデー毎日2013年(平成25年)12月15日、毎日新聞社、2013年、 117頁。
  95. ^ 『あまちゃん』を支える80年代アイドルの底力 - ハピズム” (2013年9月28日). 2014年7月21日閲覧。
  96. ^ “あまちゃん曲「潮騒のメモリー」が「セーラー服と機関銃」とリンク? V6井ノ原が指摘、ネット上で盛り上がる (1/2)”. J-CASTニュース. (2013年9月25日). http://www.j-cast.com/2013/09/25184634.html 2014年7月21日閲覧。 
  97. ^ チーフ演出・井上剛 インタビュー 前編”. NHK連続テレビ小説「あまちゃん」. 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  98. ^ 特集ワイド:映画「8年越しの花嫁」で母親役、薬師丸ひろ子さん 伝えたい、信じることの大切さ」『毎日新聞』2017年12月13日付夕刊、第3版、第2面。
  99. ^ “薬師丸ひろ子、23年ぶりの単独コンサートを東阪で10月開催決定”. Musicman-NET. (2014年3月27日). オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20160304074149/http://www.musicman-net.com/artist/24732.html 2014年7月21日閲覧。 
  100. ^ 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子、カバーアルバム…思い出に寄り添う歌に」『読売新聞』2013年12月26日付夕刊、第3版、第8面。
  101. ^ a b c d e 特集ワイド:薬師丸ひろ子さんに聞く 時の河を渡る歌の力”. 毎日新聞 (2017年6月26日). 2017年6月27日閲覧。
  102. ^ “薬師丸ひろ子「言葉の大事さと意味理解」”. 日刊スポーツ. (2013年12月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131204-1226990.html 2014年6月9日閲覧。 
  103. ^ 放送文化基金 表彰 第40回 放送文化基金賞 受賞一覧” (2014年6月2日). 2014年6月9日閲覧。
  104. ^ 平成18年度(第61回)〜平成26年度(第69回) (pdf)”. 文化庁. p. 16. 2016年7月14日閲覧。
  105. ^ 放送文化基金 表彰 第42回 放送文化基金賞 受賞一覧” (2016年6月8日). 2016年7月14日閲覧。
  106. ^ 第32回 ATP賞テレビグランプリ”. 全日本テレビ番組製作者連盟 (2016年7月8日). 2016年7月14日閲覧。
  107. ^ ザ・プレミアム 「ガウディの遺言~サグラダ・ファミリア100年の夢~」”. NHKクロニクル. NHK. 2017年7月23日閲覧。
  108. ^ “角川映画世代が心トキメク!?女将&母親役で、年末年始は“薬師丸ひろ子”三昧”. NewsWalker (KADOKAWA). (2017年12月23日). https://news.walkerplus.com/article/131823/ 2017年12月24日閲覧。 
  109. ^ “日本アカデミー賞「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門受賞 役所広司は2作品で助演賞”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2018年1月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/15/kiji/20180115s00041000115000c.html 2018年1月15日閲覧。 
  110. ^ 石原さとみ、初共演の母親役・薬師丸ひろ子に「本当のお母さんみたい」”. NewsWalker (2017年12月8日). 2018年2月26日閲覧。
  111. ^ “有村架純主演で「コーヒーが冷めないうちに」映画化、健太郎や波瑠、林遣都も出演”. 映画ナタリー. (2018年3月9日). https://natalie.mu/eiga/news/272731 2018年3月9日閲覧。 
  112. ^ “『LIFE!』初の長編時代劇コメディーに薬師丸ひろ子、國村隼の出演決定”. ORICON NEWS. (2018年10月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2120921/full/ 2018年11月3日閲覧。 
  113. ^ “「いだてん」新キャスト発表 麻生久美子、桐谷健太、薬師丸ひろ子ら”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/17/kiji/20190516s00041000272000c.html 2019年5月17日閲覧。 
  114. ^ a b c d e f g h i j k SUNTORY SATURDAY WAITING BAR 2007年2月10日の放送(2010年10月26日時点のアーカイブ
  115. ^ a b c d 「追悼 相米慎二」『キネマ旬報2001年(平成13年)11月上旬号、キネマ旬報社、2001年、 133頁。
  116. ^ 武藤 1993, pp. 251–252.
  117. ^ 武藤 1993, p. 252.
  118. ^ a b c d 武藤 1993, p. 255.
  119. ^ TechinsightJapan編集部 みやび (2011年3月4日). “薬師丸ひろ子が語る、主演作の中で「封印したい映画」「女優を辞めたくなった映画」。”. エンタがビタミン♪ (Techinsight). http://japan.techinsight.jp/2011/03/tokudane_yakusimaruhiroko1103022355.html 2016年6月1日閲覧. "通称“しごき棒”と呼ばれるモノで、つつかれたり叩かれたり。朝の9時からリハーサルが始まっても、本番がスタートするのは夜中の12時から。" 
  120. ^ 武藤 1993, pp. 254 - 255.
  121. ^ “寺田農 役者自身が自分で発見した芝居だから躍動する(page2)”. NEWSポストセブン. (2016年2月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20160213_383661.html?PAGE=2 2016年2月14日閲覧。 
  122. ^ “草刈正雄の魅力は「シャイなかっこよさ」伝説のキャメラマンが語る角川映画の名優たち”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2016年8月6日). https://news.walkerplus.com/article/83663/ 2016年8月7日閲覧. "相米慎二監督と薬師丸の間には「お互いに見抜いて、見抜かれて、理解する」という関係性が見えた" 
  123. ^ a b c 武藤 1993, p. 254.
  124. ^ 松本 2005, pp. 185 - 186.
  125. ^ a b SONGS. NHK総合. 2013年12月7日放送.
  126. ^ 松本 2005, p. 185.
  127. ^ 「Fashionable Talk 薬師丸ひろ子&湯川れい子」『FM Fan1988年(昭和63年)4月18日共同通信社、1988年、 59頁。
  128. ^ 中川右介「薬師丸ひろ子を手放した男」『本の雑誌2015年(平成27年)10月号、本の雑誌社、2015年、 27頁。
  129. ^ 来生たかお&薬師丸ひろ子 「セーラー服と機関銃」以来、久々の競作 "歌わないアイドル"を"自分の歌を聴くのが趣味"へと変身させた2つの作品」『FM Fan1989年(平成元年)2月20日共同通信社、1989年、 55頁。
  130. ^ 小藤田千栄子「戦後アイドル映画の変遷」『キネマ旬報1983年(昭和58年)8月下旬号、キネマ旬報社、1983年、 22頁。
  131. ^ 遠藤茂行「特集 角川映画 角川映画の戦略を探る」『昭和40年男』2016年(平成28年)8月号、クレタパブリッシング、2016年、 19頁。
  132. ^ a b “【薬師丸ひろ子】薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…(6/7ページ)”. 産経ニュース. (2016年12月23日). https://www.sankei.com/premium/news/161223/prm1612230014-n6.html 2016年12月23日閲覧。 
  133. ^ 松本 2005, p. 187.
  134. ^ a b 竹内まりやのコンピレーション・アルバム『Mariya's Songbook』「元気を出して」の思い出エピソード。
  135. ^ ベスト・アルバム『歌物語』のブックレット
  136. ^ a b 『35th Anniversary Concert パンフレット』東映エージェンシー、2013年10月1日。
  137. ^ 『読売新聞』1988年3月9日付朝刊、第28面・番組表。
  138. ^ 「Fashionable Talk 薬師丸ひろ子&湯川れい子」『FM Fan1988年(昭和63年)4月18日共同通信社、1988年、 60頁。
  139. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.39.
  140. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  141. ^ a b 『読売新聞』2006年3月16日付夕刊、第19面。
  142. ^ SONGS 第58回 薬師丸ひろ子” (2008年9月3日). 2015年2月8日閲覧。
  143. ^ a b c d e “薬師丸ひろ子歌手35周年アルバム思い込めた12曲”. 日刊スポーツ. (2016年9月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1711624.html 2016年9月18日閲覧。 
  144. ^ 歌手・薬師丸ひろ子が復活! 20年ぶりライブで目にはうっすら涙 ニュース-ORICON STYLE-” (2010年1月7日). 2014年9月12日閲覧。
  145. ^ 薬師丸ひろ子、22年ぶり主演映画主題歌を公開レコーディング ニュース-ORICON STYLE-” (2010年12月14日). 2014年9月12日閲覧。
  146. ^ “ケルティック・ウーマン、薬師丸ひろ子と美声コラボ”. BARKS. (2012年10月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000084033 2017年10月21日閲覧。 
  147. ^ “ケルティック・ウーマンから薬師丸ひろ子さんへのラヴ・コールでコラボレーションが実現!”. ケルティック・ウーマン日本公式サイト. (2012年10月17日). http://www.universal-music.co.jp/celtic-woman/news/2012/10/17/ 2014年9月12日閲覧。 
  148. ^ a b “薬師丸ひろ子、映画デビュー35周年記念、23年ぶり単独コンサートに大喝采”. BARKS音楽ニュース. (2013年10月12日). http://www.barks.jp/news/?id=1000095280 2014年3月10日閲覧。 
  149. ^ “故・大滝詠一さんベスト盤がCD初のTOP3入り〜受け継がれる“ポップスの遺伝子””. ORICON NEWS. (2014年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2046484/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  150. ^ “薬師丸ひろ子 23年ぶり単独コンサートにクドカンも”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年10月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/12/kiji/K20131012006792550.html 2014年7月21日閲覧。 
  151. ^ “薬師丸ひろ子、至近距離ライブでピアノ演奏も”. ORICON NEWS (ORICON STYLE). (2014年12月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2046108/full/ 2014年12月18日閲覧。 
  152. ^ アーティスト詳細”. ビルボードライブ東京 (2014年12月16日). 2016年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月30日閲覧。
  153. ^ “薬師丸ひろ子が東京・オーチャードホールでコンサート。全20曲を熱唱。東京、大阪全3公演で6700人動員”. 唄栞. (2015年10月15日). http://blog.us-inc.net/news/7166/ 2015年10月16日閲覧。 
  154. ^ “NHK「SONGS」大滝詠一特集でナイアガラサウンドを再現”. ナタリー. (2016年3月7日). http://origin.natalie.mu/music/news/178776 2016年3月7日閲覧。 
  155. ^ SONGS 第374回 大滝詠一”. NHK (2016年3月19日). 2016年3月22日閲覧。
  156. ^ 全86曲の「夢で逢えたら」を収録した大瀧詠一コンピアルバムが登場。新録にmiwa”. BARKS (2018年2月21日). 2018年2月22日閲覧。 “大滝詠一・鈴木雅之・薬師丸ひろ子の共演は、NHK「SONGS 第374回 大滝詠一」(2016年3月19日O.A.)での放送音源を、このアルバムのため新たにリミックスしたもの。”
  157. ^ “薬師丸ひろ子、世界遺産コンサートで映画デビュー作『野性の証明』主題歌を初歌唱”. Musicman-NET. (2016年9月26日). https://www.musicman-net.com/artist/55795 2016年9月26日閲覧。 
  158. ^ “薬師丸ひろ子、「Cinema Songs」発売記念コンサートで恩師・高倉健への想いを披露”. Musicman-NET. (2016年11月28日). http://www.musicman-net.com/artist/57692 2016年12月13日閲覧。 
  159. ^ “薬師丸ひろ子「夢を作る仕事」と健さんとの思い語る - 音楽”. 日刊スポーツ. (2016年11月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1743218.html 2016年12月13日閲覧。 
  160. ^ “薬師丸ひろ子が明かす恩師・高倉健の素顔。NHK『SONGS』で特集決定”. BARKS音楽ニュース. (2016年12月2日). https://www.barks.jp/news/?id=1000135650 2016年12月13日閲覧。 
  161. ^ SONGSスペシャル 薬師丸ひろ子”. NHK (2016年12月10日). 2016年12月13日閲覧。
  162. ^ “薬師丸ひろ子が歌う名画主題歌「追憶」 松嶋菜々子主演ドラマのテーマ曲に”. ORICON NEWS. (2017年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2088907/full/ 2017年4月10日閲覧。 
  163. ^ 薬師丸ひろ子、井上陽水が手がけた最新曲披露『The Covers』”. テレビドガッチ (2017年8月24日). 2017年11月26日閲覧。
  164. ^ “薬師丸ひろ子、新旧21曲で観客魅了 20年ぶり新アルバム収録曲も披露”. ORICON NEWS. (2018年2月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2105994/full/ 2018年2月22日閲覧。 
  165. ^ 本日の「うたコン」作詞家・松本隆特集に松田聖子、薬師丸ひろ子、クミコら”. 全日本歌謡情報センター (2018年3月6日). 2018年3月7日閲覧。
  166. ^ “松田聖子、薬師丸ひろ子が松本隆氏名曲歌う9・6%”. 日刊スポーツ. (2018年3月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803070000283.html 2018年3月7日閲覧。 
  167. ^ ナターシャ (2018年2月1日). “NHK「みんなのうた」に関取花、さかいゆう、薬師丸ひろ子が参加”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/267751 2018年2月28日閲覧。 
  168. ^ 「深夜便のうた 4 - 5月放送 薬師丸ひろ子さん 『こころにすむうた』」『ラジオ深夜便2018年平成30年)4月号、NHKサービスセンター、2018年、 28 - 29頁。
  169. ^ “薬師丸ひろ子、井上陽水など音楽界の巨人たちとの楽曲制作を語る/ニュース”. MusicVoice. (2018年4月3日). http://www.musicvoice.jp/news/20180403091130/ 2018年4月4日閲覧。 
  170. ^ “薬師丸ひろ子、20年ぶりオリジナルアルバム これからの歴史を作る新曲で構成”. ORICON NEWS. (2018年2月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2105577/full/ 2018年2月28日閲覧。 
  171. ^ “薬師丸ひろ子20年ぶりアルバムにいしわたり、さかいゆう、オトナモード、鈴木正人ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018-03-29). https://natalie.mu/music/news/275782 2018年4月4日閲覧。 
  172. ^ “「Mフェア」に大原櫻子、平原綾香、薬師丸ひろ子、初登場Da-iCE”. 音楽ナタリー (Natasha, Inc.). (2018年5月16日). https://natalie.mu/music/news/282347 2018年5月17日閲覧。 
  173. ^ “薬師丸ひろ子、「日本一星空がきれいな村」へ 『SONGS』責任者・大泉洋がロケ企画”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年5月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2111618/full/ 2018年5月17日閲覧。 
  174. ^ “薬師丸ひろ子、今秋東阪ビルボードライブツアーを開催”. Billboard JAPAN. (2018年6月3日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/64011/2 2018年6月3日閲覧。 
  175. ^ “家入レオ/さだまさし/四星球/薬師丸ひろ子が出演決定 【ビクターロック祭り大阪×MBS音祭2018】第1弾出演アーティスト発表”. Billboard JAPAN. (2018年8月1日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/66122/2 2018年8月3日閲覧。 
  176. ^ “『2018FNS歌謡祭』出演者第2弾発表 IZ*ONEからJUJU×三浦大知×丸山隆平らコラボまで50組”. リアルサウンド. (2018年11月29日). https://realsound.jp/2018/11/post-285269.html 2018年11月30日閲覧. "薬師丸ひろ子が松任谷由実(呉田軽穂)の提供曲「Woman “Wの悲劇”より」を松下奈緒のピアノで披露し" 
  177. ^ “綾瀬はるか「いだてん」自転車節を披露「ブルブル」”. 日刊スポーツ. (2019年3月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903100001309.html 2019年4月2日閲覧。 
  178. ^ “薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」/ザ・ベストテン 今月のスポットライト”. 歌ネット. (2016年11月). http://www.uta-net.com/user/timemachine/best10/1611index.html 2016年11月18日閲覧. "薬師丸が「セーラー服と機関銃」をザ・ベストテンで歌ったのはただ一度きり。年明け1月14日の放送ではついに1位に上り詰め、ファンの強い要望に応え、12月に出演した時の歌唱映像が特別に再放送された。" 
  179. ^ 「永遠の名演技"カイ・・・カン!」『昭和40年男』2013年(平成25年)2月号、クレタパブリッシング、2013年、 87頁。
  180. ^ “薬師丸「Wの悲劇」ユーミンへ感謝込め”. 日刊スポーツ. (2013年1月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130104-1067650.html 2015年3月21日閲覧。 
  181. ^ 僕らの音楽 #350 松任谷由実×おすぎ - フジテレビ” (2011年4月8日). 2015年2月4日閲覧。
  182. ^ a b 湯浅学「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」『レコード・コレクターズ2014年(平成26年)11月号、ミュージックマガジン、2014年、 38,42,44,46。
  183. ^ 栗原裕一郎 (2016年9月26日). “薬師丸ひろ子はアイドルとは別種のスターだった "女優にして歌手”の軌跡を振り返る”. リアルサウンド. http://realsound.jp/2016/09/post-9390.html 2016年9月26日閲覧。 
  184. ^ a b “【紅白】薬師丸ひろ子、デビュー33年で初出場のワケ”. ORICON STYLE. (2014年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2045052/full/ 2014年11月27日閲覧。 
  185. ^ “[紅白歌合戦]キョンキョン25年ぶり、薬師丸初出演 あまちゃんが“復活””. マイナビニュース. オリジナルの2014年1月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140102053309/http://news.mynavi.jp/news/2013/12/31/088/ 2014年7月21日閲覧。 
  186. ^ “紅白歌合戦 当初消極的だった小泉・薬師丸が出演決めた理由”. ZAKZAK「芸能」最新ニュース. (2014年1月6日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140106/enn1401061529013-n1.htm 2014年7月21日閲覧。 
  187. ^ a b “【紅白】初出場・薬師丸ひろ子、30年前の名曲熱唱”. ORICON STYLE. (2014年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2046734/full/ 2015年1月6日閲覧。 
  188. ^ “【薬師丸ひろ子】薬師丸ひろ子「35年も歌を聴いてもらっていること自体が奇跡です」 映画と音楽をテーマに『シネマソングス』…(5/7ページ)”. 産経ニュース. (2016年12月23日). http://www.sankei.com/premium/news/161223/prm1612230014-n5.html 2017年7月31日閲覧。 
  189. ^ a b c d 「聴かせる、薬師丸ひろ子 歌手デビュー35年記念アルバム」『朝日新聞』2016年12月26日付夕刊、第3版、第3面。
  190. ^ 「(都ものがたり 奈良)薬師丸ひろ子、飛火野のステージ 神宿る場に歌声、千年の時を超え」『朝日新聞』2017年7月20日付夕刊、第3版、第7面。
  191. ^ “薬師丸ひろ子の歌手としての実力と小泉今日子との違いを分析(1/2ページ)”. ZAKZAK. オリジナルの2014年1月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140103055611/http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131021/enn1310211130002-n1.htm 2013年12月17日閲覧。 
  192. ^ 武部聡志kindle 2018, 位置No. 681/3414.
  193. ^ “ユーミンが宇多田ヒカルと薬師丸ひろ子の声を絶賛。「“Wの悲劇”は最も好き」”. Techinsight. (2014年4月30日). http://japan.techinsight.jp/2014/04/yakusimaru-iikoe-yuming20140425.html 2014年7月21日閲覧。 
  194. ^ 小西康陽「INFOPACK 『歌う映画スター』の声は天使の賛美歌のごとし」『BRUTUS1988年(昭和63年)5月1日平凡出版、1988年、 132頁。
  195. ^ a b 栗本斉 (2016年9月25日). “薬師丸ひろ子、ボーカルの説得力はどこから? 歌手35周年アルバム『Cinema Songs』を紐解く”. リアルサウンド. http://realsound.jp/2016/09/post-9386.html 2016年9月25日閲覧。 
  196. ^ a b プレイバック 1983, p. 31.
  197. ^ a b 武藤 1993, pp. 243-244.
  198. ^ a b “私だけの東京・2020に語り継ぐ:女優・薬師丸ひろ子さん かっこいい大人いた青山”. 毎日新聞. (2016年7月27日). http://mainichi.jp/articles/20160727/dde/012/040/015000c 2016年7月27日閲覧。 
  199. ^ a b 阿川 2005, p. 148.
  200. ^ 武藤 1993, p. 246.
  201. ^ 坂本美雨 (2016年11月21日). “ゲストは…薬師丸ひろ子さん”. ディア・フレンズ (TOKYO FM). http://www.tfm.co.jp/dear/index.php?itemid=116567 2016年11月22日閲覧。 
  202. ^ 武藤 1993, p. 245.
  203. ^ プレイバック 1983, p. 35.
  204. ^ DOCUMENT 1981, p. 75.
  205. ^ a b c d e f 阿川佐和子 2005, p. 148.
  206. ^ a b c d e f g “【薬師丸ひろ子】「野性の証明」で高倉健に釘を刺されたことがベースに”. ZAKZAK. (2013年7月26日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130726/peo1307260800000-n1.htm 2014年9月30日閲覧。 
  207. ^ 武藤 1993, p. 261.
  208. ^ a b 週刊現代 2015, p. 163.
  209. ^ 週刊現代 2015, p. 165.
  210. ^ a b c d 阿川佐和子 2005, p. 150.
  211. ^ “セーラー服で始まった「角川映画」の不敗神話 - 映画な生活 - 芸能コラム”. 日刊スポーツ. (2016年7月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/column/aihara/news/1682091.html 2016年7月22日閲覧. "「普通の高校生」が売りの少女がジャニーズの「超」が付く人気者を打ち負かしたのだ。" 
  212. ^ プレイバック 1983, pp. 162-163.
  213. ^ a b プレイバック 1983, p. 162.
  214. ^ a b フラッシュバック 1983, p. 34.
  215. ^ “【産経抄】女子大生真央ちゃん 5月22日+(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2014年5月22日). オリジナルの2014年12月16日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20141216180341/http://www.sankei.com/life/news/140522/lif1405220019-n1.html 2014年7月21日閲覧。 
  216. ^ FRIDAY1986年昭和61年)2月7日講談社、1986年、 10 - 11頁。
  217. ^ 片岡義男「ついきのうのように至近距離にいまもある」『キネマ旬報』2016年(平成28年)3月上旬号、キネマ旬報社、2016年、 36頁。
  218. ^ a b 武藤 1993, p. 256.
  219. ^ a b 「芸能界10年選手が手にした感激の『卒業証書』文学士薬師丸ひろ子『23歳の旅立ち』」『FRIDAY1988年昭和63年)4月1日、講談社、1988年、 18-19頁。
  220. ^ a b 「薬師丸ひろ子、玉川大学を5年かけて晴ればれ卒業!」『FLASH1988年昭和63年)3月29日、光文社、1988年、 28-29頁。
  221. ^ a b 「『婚前旅行』に『電撃挙式』で大フィーバー 『トシ&美穂』『玉置&薬師丸』のハワイ騒動」『FRIDAY1991年平成3年)1月25日、講談社、1991年、 71頁。
  222. ^ “玉置浩二 大腸の炎症再発で緊急入院 1カ月休養”. Sponichi Annex. (2016年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/07/kiji/K20160507012540380.html 2016年5月7日閲覧. "玉置は96年12月にも同じ憩室炎で休養している。当時の夫人だった女優の薬師丸ひろ子(51)が看病し、生放送の音楽番組に代役で出演しておわびの言葉を述べたこともある。" 
  223. ^ a b 週刊新潮1998年(平成10年)6月18日新潮社、1998年、 36頁。
  224. ^ a b 週刊文春1998年平成10年)6月18日文藝春秋、1998年、 32頁。
  225. ^ a b 武藤 1993, pp. 246-247.
  226. ^ “日本のテレビCM史の流れを変えた異才 - 今村昭物語(13)”. 電通. (2016年11月19日). http://dentsu-ho.com/articles/4682 2016年11月19日閲覧。 
  227. ^ “薬師丸ひろ子、「野性の証明」高倉健との思い出語る”. 映画ナタリー. (2015年3月29日). http://natalie.mu/eiga/news/142380 2015年4月2日閲覧。 
  228. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 98.
  229. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 97.
  230. ^ a b c d 婦人公論 1998, p. 60.
  231. ^ “(あなたへ 高倉健撮影日誌:9):朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. (2012年8月6日). オリジナルの2013年10月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131030061444/http://www.asahi.com/articles/TKY201310250127.html 2015年2月26日閲覧。 
  232. ^ a b “薬師丸ひろ子 高倉健さん偲ぶ「体から魂が抜けていった感じ」”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/30/kiji/K20141130009377560.html 2014年12月1日閲覧。 
  233. ^ a b “薬師丸ひろ子、高倉健さんについて口開く”. 日刊スポーツ. (2014年11月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141130-1402897.html 2014年12月1日閲覧。 
  234. ^ プレイバック 1983, pp. 38 - 45.
  235. ^ “薬師丸ひろ子、健さんに「ブス→やっくん→やく」と呼ばれていた - 芸能社会”. SANSPO.COM(サンスポ). (2014年12月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141201/oth14120108050002-n1.html 2014年12月7日閲覧。 
  236. ^ “薬師丸ひろ子、初紅白で名曲に想い込める「目に見えない遠くまで」<紅白本番>”. モデルプレス. (2015年1月7日). http://mdpr.jp/music/detail/1457523 2015年1月7日閲覧。 
  237. ^ 武藤 1993, pp. 257-258.
  238. ^ 武藤 1993, pp. 258-260.
  239. ^ a b c 「薬師丸ひろ子"こうのとりのゆりかご"に主演 花のように"ふふふ"」『朝日新聞』2013年11月23日付朝刊。
  240. ^ a b c 松本 2005, pp. 200 - 201.
  241. ^ a b c d キネ旬 2005, p. 129.
  242. ^ キネマ旬報社『シネアスト相米慎二』キネマ旬報社、2011年11月10日、70頁。ISBN 978-4-87376-380-4
  243. ^ “行定勲監督の証言。薬師丸ひろ子のアノ映画で暴動が起こっていた!”. Techinsight. (2010年1月18日). http://japan.techinsight.jp/2010/01/yakusimaru-boudou.html 2015年2月22日閲覧。 
  244. ^ 「薬師丸ひろ子 テレビドラマ初主演の仕掛け人」『週刊新潮1997年平成9年)4月24日、新潮社、1997年、 28- 29頁。
  245. ^ 林真理子 2006, p. 50.
  246. ^ 福永邦昭 (2016年5月20日). “【今だから明かす あの映画のウラ舞台】角川編(下) 薬師丸ひろ子売り出し戦略 「学業優先」逆手にとり (1/2ページ)”. 夕刊フジ. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160520/enn1605200830005-n1.htm 2016年5月20日閲覧。 
  247. ^ 2013年10月に開催された薬師丸ひろ子35周年記念コンサートのMC。
  248. ^ “[薬師丸ひろ子]芸能生活35年は“混沌” 放送ウーマン賞に感慨”. マイナビニュース. (2014年3月8日). オリジナルの2014年3月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140311153602/http://news.mynavi.jp/news/2014/03/07/583/ 2014年7月21日閲覧。 
  249. ^ “薬師丸ひろ子が放送ウーマン賞受賞”. 日刊スポーツ. (2014年3月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140308-1267221.html 2014年7月21日閲覧。 
  250. ^ 月刊カドカワ 1988, p. 104.
  251. ^ a b 月刊カドカワ 1988, p. 103.
  252. ^ a b “薬師丸ひろ子「犬としゃべった」で黒柳徹子と意気投合”. スポーツ報知. (2016年11月21日). オリジナルの2016年11月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161122071528/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161121-OHT1T50138.html 2016年11月21日閲覧. "最近、毎日朝夕に5~6キロ歩いている薬師丸。今まで3匹の愛犬を天国へ見送ってきたため、現在は近所の犬を借りて一緒に歩いているという。" 
  253. ^ 松本 2005, pp. 195-196.
  254. ^ “薬師丸が「木更津キャッツアイ」で猫に”. nikkansports.com. (2006年10月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/f-et-tp1-20061026-108419.html 2016年11月21日閲覧. "薬師丸は「極度の猫アレルギーなんですけど、今日だけは猫(のネックレス)を着けてきました」と苦笑した。" 
  255. ^ “驚きの80年代アイドルのキャッチコピーランキング”. gooランキング. (2011年9月25日). オリジナルの2016年11月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161120212424/http://ranking.goo.ne.jp/column/goorank/21084/ 2016年11月20日閲覧。 
  256. ^ フラッシュバック 1983, p. 136.
  257. ^ プレイバック 1983, pp. 110-111.
  258. ^ 薬師丸ひろ子”生で聴いた、フレディ・マーキュリーの歌声””. SEIKO presents 松下奈緒 Sound Story (2016年12月18日). 2016年12月19日閲覧。
  259. ^ 中川 & 2014honto, 54%.
  260. ^ 中川 & 2014honto, 79%.
  261. ^ あめくみちこ - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE(キネノート). 2016年12月8日閲覧。
  262. ^ やまだかつてないDVD 第2巻 それが大事〜さよならだけどさよならじゃない, フジテレビ映像企画部・ポニーキャニオン, (2009-10), http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010607394-00 2018年7月19日閲覧, "薬師丸ひろ子ちゃんリンシャンシリーズ" 
  263. ^ 「アリャ!?薬師丸ひろ子からあの『泣きボクロ』が消えた 久々に登場の主演ドラマを見ていた写写丸が発見・・・ないゾ!あなた、気づいていました?」『FLASH1997年(平成9年)5月20日光文社、1997年、 24 - 25頁。
  264. ^ 塚田泉「能年玲奈であり続けること」『キネマ旬報』2014年(平成26年)8月下旬号、キネマ旬報社、2014年、 19頁。
  265. ^ “能年玲奈、難役クリアで新人賞/映画大賞 - シネマニュース”. 日刊スポーツ. (2014年12月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404373.html 2014年12月7日閲覧。 
  266. ^ “あまちゃんヒロイン、「宮藤官九郎さんはいじわる」撮影の裏側を明かす”. モデルプレス. (2013年6月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1251353 2014年7月21日閲覧。 
  267. ^ “能年玲奈 ももクロ、キョンキョンでアイドル研究!「あまちゃん」後半戦の東京編へ”. 芸能ニュースラウンジ. (2013年6月12日). オリジナルの2017年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171009092405/http://newslounge.net/archives/82347 2014年7月21日閲覧。 
  268. ^ 月刊サイゾー 2013年9月号 14 - 17ページより。
  269. ^ フラッシュバック 1983, p. 179.
  270. ^ a b プレイバック 1983, p. 19.
  271. ^ 「角川書店、キャラクターに進出──人気の『薬師丸ひろ子』を文具メーカーなどに売る。」『日経産業新聞』1982年3月29日付、4頁。
  272. ^ “【ああ懐かしの雑誌黄金時代】「バラエティ」 時間と予算ふんだんで記憶にのみ残る番組生まれる - 芸能 - ZAKZAK”. 夕刊フジ. (2016年2月24日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160224/enn1602240830006-n1.htm 2016年2月24日閲覧. "薬師丸ひろ子や原田知世ら角川映画でスターになっていった女優たちのファンマガジンの役割も果たしていた。" 
  273. ^ DOCUMENT 1981, p. 81.
  274. ^ a b c 「グッドラック! 薬師丸ひろ子」『バラエティ1985年昭和60年)5月号、角川書店、1985年、 20 - 49頁。
  275. ^ 篠山紀信. “週刊朝日1979年11月23日号表紙”. インターネット篠山紀信. 2016年5月13日閲覧。
  276. ^ 薬師丸ひろ子”. TSUTAYA [T-SITE]. 2015年6月23日閲覧。
  277. ^ “日本アカデミー賞話題賞の投票スタート、2016年は「バクマン。」とももクロが受賞”. 映画ナタリー (Natasha). (2016年11月17日). http://natalie.mu/eiga/news/209797 2016年11月25日閲覧。 
  278. ^ 伊東武彦「薬師丸流、ニッポンの母 21年ぶりのブルーリボン賞受賞」『アエラ2006年(平成18年)2月27日号、朝日新聞社、2006年、 63頁。
  279. ^ 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 歴代の受賞者・受賞作品 : nikkansports.com” (2014年5月6日). 2014年5月10日閲覧。
  280. ^ 放送ウーマン賞2013”. 日本女性放送者懇談会. 2014年2月22日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬師丸ひろ子」の関連用語

薬師丸ひろ子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬師丸ひろ子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬師丸ひろ子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS