末續慎吾とは?

末續 慎吾 Shingo Suetsugu

所 属 西原中(熊本)→九州学院高(熊本)→東海大ミズノ
生年月日 1980年6月2日
出身 熊本県出身
身長体重 178cm/68kg
自己ベスト 100m:10.03(2003.5 水戸国際) 日本歴代3位
200m:20.03(2003.6 日本選手権) 日本アジア記録




写真提供/フォートキシモト
主要大会成績
大会 種目 順位 備考
1999年 アジアジュニア 100m 3位  
1999年 アジアジュニア 400mR 1位(3走)  
2000年 オリンピック 200m 準決勝  
2000年 オリンピック 400mR 6位(3走) 準決勝日本記
2001年 日本選手権 200m 1位  
2001年 世界選手権 200m 準決勝  
2001年 世界選手権 400mR 5位(2走)  
2002年 アジア大会 200m 1位  
2002年 アジア大会 400mR 2位(2走)  
2003年 日本選手権 100m 1位  
2003年 日本選手権 200m 1位 日本記
2003年 世界選手権 200m 3位  
2004年 日本選手権 100m 1位  
2004年 オリンピック 100m 2次予選  
2004年 オリンピック 400mR 4位(2走)  
2005年 世界選手権 200m 準決勝  
2005年 世界選手権 400mR 8位(1走)  
2005年 アジア選手権 100m 2位  
2005年 アジア選手権 400mR 1位(4走)  
2006年 日本選手権 200m 1位  
2006年 ワールドカップ 200m 3位  
2006年 ワールドカップ 400mR 3位(2走)  
2006年 アジア大会 200m 1位  
2006年 アジア大会 400mR 2位(2走)  
2007年 日本選手権 200m 1位  
2007年 世界選手権 200m 2次予選  
2007年 世界選手権 400mR 5位(2走) アジア新=3803
2008年 日本選手権 200m 3位  

年次ベスト
種目 記録 備考
100m 1995年 11.26  
1996年 10.63  
1997年 10.52  
1998年 10.37  
1999年 10.46  
2000年 10.19  
2001年 10.31  
2002年 10.05 学生記録
2003年 10.03  
2004年 10.10  
2005年 10.15  
2006年 10.26  
2007年 10.23  
200m 1996年 21.62  
1997年 21.37  
1998年 21.08  
1999年 21.36  
2000年 20.26 学生記録
2001年 20.30  
2002年 20.37  
2003年 20.03 日本記録)
2005年 20.55  
2006年 20.25  
2007年 20.20  
2008年 20.67  
400m 2002年 45.99  
2006年 46.86  

データ2008年7月18日現在のものです。


末續慎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 14:33 UTC 版)

末續 慎吾(すえつぐ しんご、1980年6月2日 - )は、日本の陸上選手熊本県熊本市出身。北京オリンピック男子4×100mリレー銀メダリスト。




  1. ^ 日本記録は高野進の44秒78。加速がつく分フラットレースよりも記録がよい
  2. ^ 末続のいとこ、千葉の松本が先発濃厚 - ゲキサカ 2008年3月7日掲載
  3. ^ 読売新聞 (2013年11月13日). “箱根駅伝90回記念シンポジウム 第1部 末續慎吾トークショー”. 2013年11月17日閲覧。
  4. ^ 100m、200m、走幅跳、4×100mリレー
  5. ^ 西日本新聞. “九州アマ列伝30 九州学院高 末続慎吾”. 2005年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月21日閲覧。
  6. ^ iaaf.org - World Championships in Athletics 2003 - Results 200 Metres M Final
  7. ^ 2003.08 Monde 200m M (capell,patton,suetsugu,fredericks) - YouTube(フランス語)
  8. ^ 末續慎吾選手(ミズノ)県民栄誉賞授与式の模様(2003-10-8) - 熊本県体育協会
  9. ^ 第1走者:塚原直貴、第2走者:末続慎吾、第3走者:高平慎士、第4走者:朝原宣治
  10. ^ “男子400リレーのジャマイカ失格=日本は銀に繰り上がり-北京五輪ドーピング再検”. 時事通信. (2017年1月26日). オリジナルの2017年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202035751/http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600009&g=spo 2017年1月26日閲覧。 
  11. ^ 末続が3年ぶりレース復帰 ロンドン五輪へ競技本格化 - 共同通信、2011年10月4日
  12. ^ 末續慎吾、再始動からの1年 - スポーツナビ、2012年10月30日
  13. ^ 末続 今季初レースで2位「3本走るのが目標だった」 スポニチ Sponichi Annex (2013-4-13) 2014年7月17日閲覧。
  14. ^ 福島200mV、末続100m棄権/陸上 日刊スポーツ nikkansports.com (2013-5-18). 2014年7月17日閲覧。
  15. ^ 2013年1月~2013年9月の試合結果一覧 ミズノ公式サイト (2013-9-22). 2014年7月16日閲覧。
  16. ^ 【陸上】末続、今季初レース「逆足発進」で10秒87 スポーツ放置 (2014-4-20). 2014年7月17日閲覧。
  17. ^ 末続慎吾がミズノ退社 4月から熊本陸協所属に”. 朝日新聞 (2015年3月20日). 2015年3月31日閲覧。
  18. ^ アスリート紹介・末續慎吾(陸上競技)”. 株式会社チームアスリート. 2016年4月30日閲覧。
  19. ^ 末続慎吾が星槎大の特任准教授に 現役も続行”. 日刊スポーツ (2016年4月6日). 2016年4月30日閲覧。
  20. ^ 小山裕史『奇跡のトレーニング』2004年講談社ISBN 4-06-212217-0
  21. ^ 高岡英夫の2003年7月公開論文
  22. ^ ハードル種目を除く
  23. ^ 第1走者:塚原直貴、第2走者:末続慎吾、第3走者:高平慎士、第4走者:小島茂之


「末續慎吾」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「末續慎吾」の関連用語

末續慎吾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



末續慎吾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2019 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの末續慎吾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS