古田敦也とは?

ふるた‐あつや【古田敦也】


古田敦也

以下の映画古田敦也関連しています。


古田敦也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 00:07 UTC 版)

古田 敦也(ふるた あつや、1965年8月6日 - )は、日本の元プロ野球選手捕手)・監督野球解説者タレントスポーツキャスター兵庫県川西市出身。日本プロ野球名球会副理事長。芸能プロダクションは株式会社エーポイント所属。マネジメントは株式会社ビッグベンと業務提携。妻は元フジテレビアナウンサー中井美穂


注釈

  1. ^ ただし、これは2009年発売の著書で言及されているので、おそらく1980年代に生まれた世代の選手たちのことを指しているものと思われる。

出典

  1. ^ 木下健児 (2014年4月24日). “ミスタースワローズといえば誰ですか? - 半数近くの票を集めた1位は……”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2014/04/24/388/ 2015年2月20日閲覧。 
  2. ^ a b 古田敦也(2009)pp.61-63
  3. ^ 福本豊『阪急ブレーブス 光を超えた影法師』ベースボール・マガジン社、2014年、p.167
  4. ^ a b c d e f g 第32回 東京ヤクルトスワローズ 古田敦也”. ドリームゲート. 2021年7月18日閲覧。
  5. ^ 東京ヤクルトスワローズ 選手兼監督 古田敦也 前編1”. ドリームゲート. 2021年9月7日閲覧。
  6. ^ a b c d 無名のメガネ捕手、古田が殿堂に入ったワケ”. 東洋経済オンライン (2015年1月26日). 2016年11月17日閲覧。
  7. ^ 古田敦也「幻に終わった"日本ハム古田"、ヤクルトで平成最強捕手へ」【プロ野球世紀末ブルース】”. エキサイトニュース (2016年11月30日). 2021年7月18日閲覧。
  8. ^ http://www.5-life.net/magazine/article-345.html 木村政雄編集長との対談
  9. ^ 大沢啓二『球道無頼』(集英社、1996年)P215。
  10. ^ スポニチ:職業野球人~大沢啓二/余話”. スポーツニッポン. 2021年7月18日閲覧。
  11. ^ a b 古田敦也(2009)pp.3-5
  12. ^ a b 【古田氏、殿堂入り一問一答】ノムさんの指導「今思い出しても厳しかった」”. サンケイスポーツ (2015年1月23日). 2015年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年11月22日閲覧。
  13. ^ 履正社・山口の入団拒否問題。日ハムが悪いのか?条件付プロ志望が問題か?”. Yahoo!ニュース(THE PAGE) (2016年10月25日). 2021年7月18日閲覧。
  14. ^ ザ・プロ野球スカウト いい選手はいい目をしているって、本当です”. 週刊現代 (2012年6月18日). 2021年7月18日閲覧。
  15. ^ 前評判は「近年にない不作」も“黄金ドラフト”に/平成ドラフト予想史【元年】”. 週刊ベースボールONLINE (2019年9月24日). 2021年7月18日閲覧。
  16. ^ ■古田敦也をあえて2位で指名したワケ”. ABEMA TIMES (2017年10月27日). 2021年7月18日閲覧。
  17. ^ プロ野球ドラフト会議「大事件の裏側」衝撃レポート”. 日刊大衆 (2017年10月26日). 2021年7月18日閲覧。
  18. ^ 『プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である』(2011年2月:双葉社)[要ページ番号]
  19. ^ a b c 野村克也 (2011). 私とプロ野球. KKベストセラーズ. ISBN 9784584132951 p.p.210~214
  20. ^ “ノムさん、「まだショックから立ち直れない」もまな弟子・古田さんを“口撃””. スポーツ報知. (2018年1月8日). https://hochi.news/articles/20180108-OHT1T50105.html 2019年10月7日閲覧。 
  21. ^ 過去には4打数連続&4打席連続を達成した強打者も…連続本塁打の歴史”. Full-Count (2017年5月14日). 2021年7月18日閲覧。
  22. ^ 意外に武闘派? 古田敦也、頭脳派捕手が見せた「荒ぶる魂」”. AERAdot.(久保田龍雄) (2018年9月7日). 2021年3月18日閲覧。
  23. ^ 野球の引退試合は大人の事情が絡み合っている?古田敦也氏裏側を語る”. livedoorニュース(元記事:Sports Watch) (2017年9月14日). 2020年5月20日閲覧。
  24. ^ [博物館 平成27年 野球殿堂入り発表 〜古田氏、林氏、村山氏が殿堂入り〜]”. 日本野球機構 (2015年1月23日). 2021年7月18日閲覧。
  25. ^ 古田敦也氏が殿堂入り ヤクルト一筋18年、黄金期支えた名捕手”. スポニチアネックス (2015年1月23日). 2021年7月18日閲覧。
  26. ^ 古田氏の殿堂入りを野茂氏がユーモアで祝福 「アマ時代はバントしかしていなかった人が」。”. the PAGE (2015年1月23日). 2021年7月18日閲覧。
  27. ^ a b ノムさん、まな弟子の古田氏殿堂入りを祝福「誇りに思う」”. サンケイスポーツ (2015年1月24日). 2021年7月18日閲覧。
  28. ^ 野球の未来へ。〜全世代が侍ジャパン〜”. BS-TBS. 2016年9月2日閲覧。
  29. ^ 選手・スタッフ”. 焼津マリーンズ. 2021年2月9日閲覧。
  30. ^ “新社会人野球クラブチーム「焼津マリーンズ」設立 古田敦也氏がアドバイザー”. スポーツ報知. (2018年7月6日). オリジナルの2021年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210209084553/https://hochi.news/articles/20180706-OHT1T50000.html 2021年2月9日閲覧。 
  31. ^ “ヤクルト 古田敦也氏を1軍C臨時コーチに招へい 14年ぶり“現場復帰””. デイリースポーツ online. (2020年12月29日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/12/29/0013972356.shtml 2021年2月9日閲覧。 
  32. ^ “「スワローズユニがよく似合う」 臨時コーチ古田敦也氏の燕ウェアに「涙が出そう」”. Full-Count. (2021年2月9日). https://full-count.jp/2021/02/05/post1042208/ 2021年2月9日閲覧。 
  33. ^ “ヤクルト・石川、古田臨時コーチと14年ぶりバッテリー!「ルーキーの頃を思い出した」”. SANSPO.COM. (2021年2月7日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20210207/swa21020705030003-n1.html 2021年2月9日閲覧。 
  34. ^ “ヤクルト・古田臨時コーチ 打撃投手で174球熱投も…「青木に簡単に打ち返されました」”. Sponichi Annex. (2021年2月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/06/kiji/20210206s00001173489000c.html 2021年2月9日閲覧。 
  35. ^ “古田敦也さん ヤクルトキャンプで臨時コーチ 熱のこもった指導”. NHKニュース. (2021年2月5日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210205/k10012852361000.html 2021年2月9日閲覧。 
  36. ^ 一般社団法人 日本女子ソフトボールリーグ機構 新リーグ構想、および新任理事のお知らせ”. 一般社団法人日本女子ソフトボールリーグ機構 (2021年3月20日). 2021年7月18日閲覧。
  37. ^ 古田氏 野球殿堂入りの原動力は“悔しさや恥ずかしさ””. 東京スポーツ (2015年1月24日). 2019年11月22日閲覧。
  38. ^ 古田氏、野村元監督に感謝=名捕手、ID野球の申し子-野球殿堂”. 時事通信 (2015年1月23日). 2015年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月18日閲覧。
  39. ^ a b c 自著『フルタの方程式』(朝日新聞出版)
  40. ^ a b 二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」“頭脳派”の異才 古田敦也<前編>” (2015年2月1日). 2015年5月5日閲覧。
  41. ^ 古田敦也(2009)pp.63-66
  42. ^ a b 金子達仁著『古田の様』(扶桑社)
  43. ^ 赤坂英一 (2009). キャッチャーという人生. 講談社. ISBN 978-4062157353 p.p.9~11
  44. ^ 古田敦也(2009)pp.79-81
  45. ^ a b 古田敦也(2009)pp.75-78
  46. ^ Atsuya Furuta Japanese League Statistics & History”. Baseball-Reference.com. 2015年2月5日閲覧。
  47. ^ a b 古田流キャッチングはなぜできた?”. フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 (2021年5月24日). 2021年7月1日閲覧。
  48. ^ 自身初タイトルの阿部 すべての部門で堂々の数字も「実感ない」”. スポーツニッポン (2012年10月9日). 2015年2月5日閲覧。
  49. ^ 2000本安打達成時の「GET SPORTS」(テレビ朝日系)で放送された特集「打者・古田敦也」内のインタビューより
  50. ^ 古田敦也(2009)pp.87-90
  51. ^ 古田敦也(2009)pp.81-84
  52. ^ a b 古田敦也(2009)pp.84-87
  53. ^ 必見!「右半身で打つ」 和田一浩 打撃の極意【バッターズバイブル】”. フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 (2021年5月14日). 2021年7月1日閲覧。
  54. ^ 古田敦也が教える打率を残すための打撃のコツ【バッターズバイブル】”. フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 (2021年6月4日). 2021年7月14日閲覧。
  55. ^ 古田敦也(2009)pp.115-118
  56. ^ 古田敦也(2009)pp.119-123
  57. ^ 古田敦也(2009)pp.123-126
  58. ^ 古田敦也(2009)pp.127-130
  59. ^ 古田敦也(2009)pp.130-133
  60. ^ 古田敦也(2009)pp.158-162
  61. ^ 古田敦也が暴言連発!? 投手のタイプ別操縦方法【キャッチャーズバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】2021/07/22 (2021年7月22日閲覧)
  62. ^ 古田敦也(2009)pp.164-167
  63. ^ 週刊ポスト2018年6月15日号宮本慎也×石井琢朗「96敗からの再出発」 最弱ヤクルトの立て直し方、133頁
  64. ^ a b プロ野球選手はマンガを読むと怒られる?【キャッチャーズバイブル】”. フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 (2021年7月13日). 2021年7月13日閲覧。
  65. ^ “良いストレート”って何?斉藤&五十嵐&古田の答えは…【ピッチャーズバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 2021/08/27 (2021年8月30日閲覧)
  66. ^ 古田敦也(2009)pp.6-9
  67. ^ 古田敦也(2009)pp.10-14
  68. ^ 古田敦也(2009)pp.24-26
  69. ^ 古田敦也(2009)pp.27-31
  70. ^ 古田敦也(2009)pp.31-35
  71. ^ 古田敦也(2009)pp.35-37
  72. ^ 古田敦也(2009)pp.37-40
  73. ^ 古田敦也(2009)pp.40-44
  74. ^ 古田敦也(2009)pp.44-48
  75. ^ 古田敦也(2009)pp.49-51
  76. ^ a b 古田敦也(2009)pp.52-56
  77. ^ a b c 「古田のブログ」(2005年、アスキー/単著)
  78. ^ 2018年5月4日放送「スポーツクロス300回突破記念スペシャル 野村克也×古田敦也 ~日本球界への想いを愛弟子に語る~
  79. ^ 2001年10月7日 サンケイスポーツ 2面
  80. ^ 2001年10月27日 サンケイスポーツ 2面
  81. ^ a b 過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2017年3月8日閲覧。
  82. ^ a b 古田監督、松坂に“昼寝のススメ”解く!?”. ORICON NEWS. 2017年3月8日閲覧。
  83. ^ 歴代授賞者”. 日本プロスポーツ大賞. 公益財団法人日本プロスポーツ協会. 2017年11月25日閲覧。
  84. ^ スポーツ優秀選手特別賞 受賞者一覧 (PDF)”. 「誉」賞・スポーツ優秀選手特別賞. 兵庫県. 2017年12月4日閲覧。
  85. ^ a b “ヤクルト古田、初の川西市名誉市民に”. 日刊スポーツ. (2005年1月1日). オリジナルの2005年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050103081643/http://www.nikkansports.com:80/ns/baseball/p-bb-tp0-050101-0011.html 2017年12月4日閲覧。 
  86. ^ 日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー”. 日本パブリックリレーションズ協会. 2017年9月13日閲覧。
  87. ^ “東山紀之「サンデーLIVE」に古田敦也氏が出演”. 日刊スポーツ. (2017年9月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1881978.html 2017年9月10日閲覧。 
  88. ^ オトナの社会科見学”. BS朝日. 2016年9月27日閲覧。
  89. ^ 2020高校野球 僕らの夏”. 朝日放送テレビ. 2020年8月7日閲覧。
  90. ^ 古田敦也:「八月は夜のバッティングセンターで。」で本人役 監督として“再登板””. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2021年8月26日). 2021年9月2日閲覧。
  91. ^ ボブ・サップも参戦!武井壮プロデュースのアスリート頂上決戦『5種競技HAOOO5!』AbemaTVで10・22放送”. TVLIFE web (2017年10月3日). 2017年11月26日閲覧。
  92. ^ DEEN池森の甥っ子Ryoが歌手デビュー マー君の後輩野球部員”. オリコン (2016年8月4日). 2021年7月18日閲覧。
  93. ^ 古田敦也氏、野球中継に励まされるサラリーマンを熱演”. オリコン (2016年8月15日). 2021年7月18日閲覧。
  94. ^ ロックバンド・DEENのボーカル、池森秀一の甥・Ryoが古田敦也&”神スイング”稲村亜美、出演MVで歌手デビュー”. YouTube (2016年8月15日). 2021年7月18日閲覧。
  95. ^ 一般財団法人 藤本育英財団
  96. ^ “『古田敦也がメガネに転生した件』がめちゃコミックで完全独占配信開始!” (プレスリリース), 株式会社アムタス, (2021年6月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000022277.html 2021年6月5日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古田敦也」の関連用語

古田敦也のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古田敦也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古田敦也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS