旭國斗雄とは?

旭國斗雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 08:40 UTC 版)

旭國 斗雄(あさひくに ますお、1947年4月25日 - )は、立浪部屋所属の元大相撲力士。最高位は東大関北海道上川郡愛別町出身で農家の三男として生まれる。本名は太田 武雄(おおた たけお)、現役時代の体格は身長174cm、体重118kg、血液型はB型。引退後は長く年寄大島として大島部屋を経営し、日本相撲協会の理事として巡業部長も務めた[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p23
  2. ^ a b 角界「異名」列伝 ウルフの時代 時事ドットコム
  3. ^ a b c d 『大相撲ジャーナル』2017年6月号109頁
  4. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p13
  5. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p48
  6. ^ 『相撲』2012年5月号67頁には「北海道の母親が送ってくれた熊笹を煎じて飲んだおかげで調子が良くなり、引退後も症状が出ていない。大島部屋の関取衆もよく飲んでいるみたいだ。」と膵炎の治療についてのエピソードが記述されている。
  7. ^ 『相撲』2012年8月号
  8. ^ 大相撲酒豪番付2014年東銀座場所 時事ドットコム
  9. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p46
  10. ^ 当時、角界にモンゴル出身者が一人もいなかったため、大島のスカウトは角界で初めての試みであった。
  11. ^ 毎日新聞2017年4月4日 東京朝刊
  12. ^ 1950年代まで存在した、現役を続けたまま部屋を経営する二枚鑑札制度(プロ野球選手兼任監督に当たる制度)は現在認められていないため、部屋を経営するには現役を引退する必要がある。
  13. ^ 旭天鵬が大島親方定年場所に気合 日刊スポーツ 2012年3月4日閲覧
  14. ^ 親方定年で大島部屋力士が友綱へ転属 日刊スポーツ 2012年3月25日閲覧
  15. ^ “旭天鵬 初優勝に「頭が真っ白になった」”. スポーツニッポン. (2012年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/05/20/kiji/K20120520003291790.html 2012年5月20日閲覧。 
  16. ^ 結果は貴ノ花が寄り切りで勝利。
  17. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 創業70周年特別企画シリーズ②(別冊師走号、2016年)82ページから83ページ
  18. ^ サントリー純生CM【麒麟児・加山雄三・旭國】
  19. ^ 急性胆嚢炎により13日目から途中休場
  20. ^ 慢性膵臓炎により初日不戦敗
  21. ^ 慢性再発生膵臓炎により3日目から途中休場
  22. ^ 膵臓炎により初日から休場、10日目から出場
  23. ^ 輪島と優勝決定戦
  24. ^ 頸部椎間板損傷・膵臓炎により3日目から途中休場
  25. ^ a b c 角番 (全3回)
  26. ^ 頸椎捻挫により9日目から途中休場
  27. ^ 右肩関節挫傷により8日目から途中休場
  28. ^ 『ACC CM年鑑'79』(全日本CM協議会編集、誠文堂新光社、1979年 27頁、68頁)


「旭國斗雄」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「旭國斗雄」の関連用語

旭國斗雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



旭國斗雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旭國斗雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS