大受久晃とは?

大受久晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 04:10 UTC 版)

大受 久晃(だいじゅ ひさてる、1950年3月19日 - )は、北海道瀬棚郡瀬棚町(現:久遠郡せたな町)出身の元大相撲力士。本名は堺谷 利秋(さかいや としあき)。現役時代の体格は身長177cm、 体重148kg。最高位は東大関年寄朝日山利秋として、朝日山部屋の経営にも携わった[1]




  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p28
  2. ^ a b 「胸毛の横綱」再来か 高安=力士と「毛」あれこれ 時事通信 
  3. ^ a b 朝日新聞 2015年3月22日19面
  4. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p.89.
  5. ^ 厳密には大受が24歳3ヶ月1週、雅山は24歳3ヶ月0週となっている。
  6. ^ 同じく関脇陥落場所で勝越すも大関特例復帰を逃した力士は、39年後に2013年1月場所の把瑠都、40年後に2014年1月場所の琴欧洲、43年後に2017年3月場所の琴奨菊の三人がいる(把瑠都と琴欧洲の成績は8勝7敗、琴奨菊の成績は大受と同じ9勝6敗。なお把瑠都・琴欧洲はその後も大関復活ならず現役引退している)。
  7. ^ 『大相撲中継』2017年8月12日号 p86(参考)
  8. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 p.83
  9. ^ 常識打ち破る!! 貴景勝、「押し相撲」で大関取りに自信 (1/2ページ) ZAKZAK 2019.3.20(産経デジタル、2019年3月30日閲覧)
  10. ^ 朝日山勢の転籍を承認 2015年1月29日17時8分 スポーツ報知
  11. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年12月号(九州場所総決算号) 113頁
  12. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2017年2月号(初場所総決算号) 91頁
  13. ^ 後に舞の海も頭部にシリコーンを入れて新弟子検査を通過したが、大受と異なり、除去可能になっていた。
  14. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)p45-46
  15. ^ 右膝関節捻挫により11日目から途中休場
  16. ^ 自律神経不安定腰痛・頸椎捻挫により8日目から途中休場
  17. ^ a b 角番 (全2回)
  18. ^ 右膝関節捻挫により9日目から途中休場
  19. ^ 関脇陥落
  20. ^ 左膝関節挫傷により6日目から途中休場


「大受久晃」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大受久晃」の関連用語

大受久晃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大受久晃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大受久晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS