年寄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 年寄 > 年寄の意味・解説 

とし‐より【年寄(り)】

年をとった人。高齢の人。老人

武家時代政務参与した重臣室町幕府評定衆引付衆江戸幕府老中大名家家老など。

江戸幕府の、大奥取り締まりをつかさどった女中重職

江戸時代町村行政にあたった指導的立場の人。

大相撲関取上の力士で、引退して年寄名跡襲名継承した者。日本相撲協会運営各部屋の力士養成に当たる。

老人[用法]


としより‐し【年寄】

〔形シク〕 年寄らしく地味である。ふけた感じである。

申楽談儀(1430)能の色どり「ただ、角帽子(すみぼうし)の縫物を略して、としよりしく、濁らかして着(き)べし」


とし‐より【年寄】

〔名〕

① 年をとった人。老人

徒然草1331頃)一一九「鎌倉年よりの申侍しは」

武家で、政務参与した重臣室町幕府では評定衆引付衆総称江戸幕府では老中大名諸家では家老また、朝廷では議奏をさすこともあった。

上杉家文書永祿一二年(1569)四月二三日・山口豊守条書案「年寄共同心可懸御目由申候」

江戸時代、(イ) 「としよりびゃくしょう年寄百姓)」の略、(ロ) 庄屋名主)を補佐する組頭役の別称、(ハ)宿駅問屋補佐する役人、(ニ)町政を預かる役人町年寄)など。

慶長見聞集(1614)五「とがの子細の有ければ年寄五人組引つれて御代官花山湯島へいそぎ参るべし」

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)上「あんでも村中ふるって出めへものか、お地頭さめへ干損のおねげへに出るやうに、目代組頭、年寄(トシヨリ)、下役、縁所縁ぴき、六親眷族、二里いんでん取沙汰だっけヱ」

江戸幕府大奥女中重職武家出身者のうち、奥向き総務取締)をつかさどったもの。表老中同格であるが常置の職ではなかった。老女。局。また、武家屋敷の奥の総取締りにあたる御殿女中にもいう。

御触書宝暦集成延享二年(1745)一四「御年寄仰付候、並之通贈物之候」

(5) 大相撲関取および十両格以上の行司のうち、引退した後、年寄株相続各部屋で力士養成にあたったり、また相撲協会役員として協会経営にあたったりする人をいう。日本相撲協会評議員。〔相撲解(1793)〕

(6) ユダヤ教キリスト教教会役職者長老

引照新約全書(1880)馬太伝福音書イエスその弟子に己のエルサレムに往て長老(トシヨリ)祭司の長学者等より」


とし‐よ・る【年寄】

〔自ラ五(四)老いる。よわいがつもる。

散木奇歌集(1128頃)夏「卯花の身のしらがとも見ゆるかな賤が垣ねもとしよりにけり」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「あの人も若い内苦労したから、老(トシヨッ)て楽をする」


年寄

読み方:トシヨリ(toshiyori)

江戸時代町・村運営に携わった有力者


年寄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 09:53 UTC 版)

年寄(としより)とは、公益財団法人日本相撲協会(以下「協会」)の構成役員である。通常は「親方」の敬称で呼ばれることが多い。「年寄」という言葉は単に日本相撲協会が定めている用語であり、一般的な年配者という意味とは関連性は無い。


  1. ^ 毎日新聞2018年10月4日 東京朝刊
  2. ^ 再雇用制度適用が認められた後で16代常盤山を襲名し、期間満了を目前に千賀ノ浦を再襲名した。
  3. ^ 公益財団法人日本相撲協会定款第8章第64条
  4. ^ 白鵬の宮城野部屋コロナ休場で判明「部屋にいない部屋付き親方」(1/2ページ) NEWSポストセブン 2021.09.10 16:00 (2021年9月11日閲覧)
  5. ^ 白鵬の宮城野部屋コロナ休場で判明「部屋にいない部屋付き親方」(2/2ページ) NEWSポストセブン 2021.09.10 16:00 (2021年9月11日閲覧)
  6. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p66


「年寄」の続きの解説一覧



年寄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年寄」の関連用語

年寄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年寄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年寄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS