所有者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 所有者の意味・解説 

しょゆう‐しゃ〔シヨイウ‐〕【所有者】

読み方:しょゆうしゃ

所有している人。所有権ある人所有主


所有者

居住単位の専住者は家の所有者 1か、家を借りている借家人 2である。その家の所有者は家主 1とも呼ばれる又借り人 3とは、借家人からさらに住居借りている人のことである。一方何らの居住権利がなくて住む人不法居住者 4と呼ぶ


所有者

作者星新一

収載図書果てしなき多元宇宙
出版社文化
刊行年月1987.10
シリーズ名ジュニアSF

収載図書おかしな先祖 改版
出版社角川書店
刊行年月2008.1
シリーズ名角川文庫


所有権

(所有者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 02:16 UTC 版)

所有権(しょゆうけん)とは、の全面的支配すなわち自由に使用・収益・処分する権利[1]


  1. ^ 近江(2006)、214頁。
  2. ^ 所有権」(朝鮮語)『グローバル世界大百科事典ウィキソース。2021年3月8日閲覧。
  3. ^ 近江(2006)、177・179頁。
  4. ^ a b 近江(2006)、215-216頁。
  5. ^ a b c d 遠藤ほか(1996)、170頁。
  6. ^ a b c d e 近江(2006)、216頁。
  7. ^ a b 近江(2006)、220頁。
  8. ^ a b 近江(2006)、218頁。
  9. ^ a b 我妻榮有泉亨、清水誠、田山輝明 『我妻・有泉コンメンタール民法 総則・物権・債権 第3版』日本評論社、2013年、449頁。 
  10. ^ a b 鈴木禄彌 『物権法講義 5訂版』創文社、2007年、26頁。 
  11. ^ 田山輝明 『物権法 第3版』弘文堂、2008年、30頁。 
  12. ^ a b 永田眞三郎・松岡久和・横山美夏・松本恒雄・中田邦博『エッセンシャル民法 2 物権』有斐閣、2005年10月、28頁。


「所有権」の続きの解説一覧

所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:52 UTC 版)

世界の起源」の記事における「所有者」の解説

世界の起源』の注文は、オスマン帝国の前外交官ハリル・ベイ(Khalil Bey、ハリル・シェリフ・パシャ Halil Şerif Paşa)によるものだと考えられている。彼はマケドニア出身高官息子としてエジプトカイロ生まれパリへ教育送られパリでオスマン帝国外交官として1855年パリ万博出展クリミア戦争講和あたった後、アテネサンクトペテルブルク大使務めその後外交官職を退いてパリ定住したシャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴがハリル・ベイをクールベ引き合わせハリルクールベ個人的なエロティック絵画コレクションに加えるための絵を注文した。そのコレクションには他にもドミニク・アングルLe Bain turc (『トルコ風呂』、ルーヴル美術館)や、クールベの別の絵である Les Dormeuses (『眠る女たち』、プティ・パレ美術館)が含まれていた。なお『眠る女たち』のモデル一人はヒファーナンだと言われている。 ハリル・ベイは再び外交官となってウィーン行くこと決まり賭博積みあがった借金を清算するため、1868年1月コレクション売り立て行った骨董商のアントワーヌ・デ・ラ・ナルド(Antoine de la Narde)が『世界の起源』を最初に購入したエドモン・ド・ゴンクール1889年骨董店でこの絵を発見した雪の風景書かれた板で隠されていたという。1910年、ロベール・フェルニエ(Robert Fernier 、画家クールベ研究者)の協力の下、ハンガリーのフェレンツ・ハトヴァニ男爵Ferenc Hatvany)がベルネーム=ジューヌ画廊でこの絵を買い、ブダペスト持ち帰った。ハトヴァニは産業家から貴族となったハトヴァニ=ダイチュ家出身のコレクターで、自身画家としてパリで教育受けた人物だった。第二次世界大戦末期、この絵はソビエト軍略奪された当時フランス移住していたハトヴァニが代価を払うことで、絵を1枚だけパリ持ち出す許可を得たそのとき彼は世界の起源』を選んだ1955年、『世界の起源』は、オークションにて150フラン(注:デノミネーション以前)で売られた。新しい所有者は精神分析学者ジャック・ラカンであった。妻で女優シルヴィア・バタイユとともに彼はその絵をパリ郊外のギトランクール(Guitrancourt)のの別荘に飾ったラカン彼の義兄アンドレ・マッソンに、これを隠すための別の絵と、二重構造額縁制作依頼したマッソン隠喩的なシュルレアリスム版の『世界の起源』を描いた1988年ブルックリン美術館でのクールベ回顧展で『世界の起源』が公開されニューヨーク市民は感嘆した。なお、2008年メトロポリタン美術館開かれたギュスターヴ・クールベ展でも展示されている。1981年ラカン没した後、フランスの経済財務大臣は、遺族相続税免除する代わりにフランス法律における物納として)この作品オルセー美術館譲渡することを認め1995年最終的に実施された。

※この「所有者」の解説は、「世界の起源」の解説の一部です。
「所有者」を含む「世界の起源」の記事については、「世界の起源」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/06 11:53 UTC 版)

ドレスデン原子力発電所」の記事における「所有者」の解説

2機の原子炉エクセロンが所有、運営している。

※この「所有者」の解説は、「ドレスデン原子力発電所」の解説の一部です。
「所有者」を含む「ドレスデン原子力発電所」の記事については、「ドレスデン原子力発電所」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/22 16:03 UTC 版)

連邦住宅貸付銀行」の記事における「所有者」の解説

全国12の連邦住宅貸付銀行全国50州領土8100越え金融機関によって所有されている連邦貸付銀行株式は、これらの加入金機関によって所有され公開の場取引されることは無い。加入するには金融機関株式購入しなければならない見返りに加入金機関低コスト融資へのアクセスと、持分応じた配当を受ける。連邦貸付銀行は州や地方収入税は免除される資産税課税対象になる。連邦貸付銀行住民住宅もたせたり組合組織金融機関への援助を通して地域共同体援助する等の公的目的を持っているが、12全て民間所有であり、納税者支援受けていない

※この「所有者」の解説は、「連邦住宅貸付銀行」の解説の一部です。
「所有者」を含む「連邦住宅貸付銀行」の記事については、「連邦住宅貸付銀行」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 08:21 UTC 版)

トレモント通りサブウェイ」の記事における「所有者」の解説

このトンネル最初の所有者はウエストエンドストリート鉄道であり、後にボストン高架鉄道引き継がれた1947年トンネル公的機関のメトロポリタントランジットオーソリティの所有になり、後にマサチューセッツ湾交通局再構成された。

※この「所有者」の解説は、「トレモント通りサブウェイ」の解説の一部です。
「所有者」を含む「トレモント通りサブウェイ」の記事については、「トレモント通りサブウェイ」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 04:54 UTC 版)

AT&T ビル (ナッシュビル)」の記事における「所有者」の解説

1994年落成後AT&T ビルはピツニーボウズの不動産部門設立したLLPの Prefco XIV L.P. に約1億米ドル買い取られた。2006年7月、Prefcoはサーベラス・キャピタル・マネジメント の子会社である EntreCap Financial買収されAT&T ビルすぐさま売り出された。2007年中頃MTL Leasing が同ビル購入したが、購入額は明らかにされていない

※この「所有者」の解説は、「AT&T ビル (ナッシュビル)」の解説の一部です。
「所有者」を含む「AT&T ビル (ナッシュビル)」の記事については、「AT&T ビル (ナッシュビル)」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 07:41 UTC 版)

エコノミスト・グループ」の記事における「所有者」の解説

エコノミスト・グループ2015年8月までメディア・コングロマリットピアソンイギリス高級紙として知られるファイナンシャル・タイムズ所有するザ・ファイナンシャル・タイムズ・リミテッドを通じて所有していた。 2015年8月エコノミスト・グループ4.7%を所有していたイタリア財閥一族アニェッリ家投資持株会社エクソールピアソンが所有していたエコノミストを4億6900ポンド購入持分は43.4%に達し最大の単一株主となった他に主要な株主にはキャドバリー家やロスチャイルド家ロンドン家)、シュローダー家、レイトン家などがいる。 同社では個人企業株式過半数以上を所有することは認められておらず全ての株主は全議決権20%以上を行使することは出来ない筆頭株主であるエクソール(43.4%を所有であっても議決権行使できるのは最大20%のみである。

※この「所有者」の解説は、「エコノミスト・グループ」の解説の一部です。
「所有者」を含む「エコノミスト・グループ」の記事については、「エコノミスト・グループ」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 17:34 UTC 版)

北京2008 (油絵)」の記事における「所有者」の解説

メディアの報道によると、『麻雀をする女性』は海外コレクター購入されたそうです。 しかし、最初のアメリカ人コレクターの手経た後、『北京2008』は中国人経営者買い取られることになった。 最も広く流布している情報は、唐炬が2006年中国嘉徳秋のオークション落札し、この絵画所有していると発言していたことである。『北京2008』は、2012年北京保利秋季オークションで1955万人元で落札された。

※この「所有者」の解説は、「北京2008 (油絵)」の解説の一部です。
「所有者」を含む「北京2008 (油絵)」の記事については、「北京2008 (油絵)」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 17:00 UTC 版)

阪急電鉄本社ビル」の記事における「所有者」の解説

一貫して阪急阪急阪神グループ関与する中で以下の通り所有者が変遷している。 1992年平成4年9月28日 - 阪急電鉄株式会社(現阪急阪神ホールディングス株式会社)および株式会社阪急シグマコーポレーション 2003年平成15年2月28日 - 阪急電鉄株式会社(現阪急阪神ホールディングス株式会社2003年平成15年3月20日 - 梅田プロパティ・ツー有限会社阪急電鉄匿名組合出資):84.6億円で取得 2008年平成20年5月16日 - 阪急リート投資法人(現阪急阪神リート投資法人):112億円で取得 2009年平成21年11月25日 - 合同会社カイロス・ファンディング(阪急電鉄等が匿名組合出資):102億円で取得 2013年平成25年4月10日 - 阪急リート投資法人(現阪急阪神リート投資法人):102億円で取得

※この「所有者」の解説は、「阪急電鉄本社ビル」の解説の一部です。
「所有者」を含む「阪急電鉄本社ビル」の記事については、「阪急電鉄本社ビル」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 14:55 UTC 版)

国鉄タキ1900形貨車」の記事における「所有者」の解説

タキ1900形所有していた企業は、セメントターミナル外で住友セメント太平洋セメントいずれも旧:小野田セメントチチブセメント日本セメント)、大阪セメント日立セメント三井鉱山三菱マテリアルいずれも旧:三菱鉱業セメント東北開発)、明星セメント電気化学工業などが挙げられる国鉄末期1986年昭和61年)度から本形式淘汰始まり1987年昭和62年4月国鉄分割民営化時には1,466両がJR貨物継承され1995年平成7年)度末時点では1,333両が現存していたが、以後各地セメント専用列車廃止進んで形式余剰車が発生したことや老朽化により廃車進んだ2010年平成22年4月時点では222在籍

※この「所有者」の解説は、「国鉄タキ1900形貨車」の解説の一部です。
「所有者」を含む「国鉄タキ1900形貨車」の記事については、「国鉄タキ1900形貨車」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 07:58 UTC 版)

ブロードウェイマンション」の記事における「所有者」の解説

ブロードウェイマンション少なくとも1985年から上海衡山ホールディングカンパニーが所有している。現在の社長Mu Xiangyang氏である。衡山ホテル衡山リゾート他にも上海5つホテル所有している。ブロードウェイマンション隣接するアスターハウスホテルこの会社所有である

※この「所有者」の解説は、「ブロードウェイマンション」の解説の一部です。
「所有者」を含む「ブロードウェイマンション」の記事については、「ブロードウェイマンション」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 06:33 UTC 版)

新呉服橋ビルディング」の記事における「所有者」の解説

1998年3月31日芙蓉グループによる経営危機陥っていた安田信託再建支援の一環で東京建物安田生命(現:明治安田生命)が440億円で新呉服橋ビルディング取得した。2社は220億円ずつ負担し土地建物折半所有し安田信託ビル賃借引き続き本店置いた

※この「所有者」の解説は、「新呉服橋ビルディング」の解説の一部です。
「所有者」を含む「新呉服橋ビルディング」の記事については、「新呉服橋ビルディング」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 14:51 UTC 版)

エアロ・コントラクターズ」の記事における「所有者」の解説

イブル家(英語版)が完全所有していたが、2014年現在ナイジェリア政府公的企業であるアセット・マネジメント・オブ・ナイジェリア(AMCON)が60%、イブル家が40%所有している。

※この「所有者」の解説は、「エアロ・コントラクターズ」の解説の一部です。
「所有者」を含む「エアロ・コントラクターズ」の記事については、「エアロ・コントラクターズ」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 14:11 UTC 版)

タートン・タワー」の記事における「所有者」の解説

タートン・タワータートン荘園領主屋敷周り1200荘園Lathom家の支配下にあったことによりマンチェスター男爵領一部であった。 ピール・タワーを再建したOrrellsによって1420年継承された。1628年マンチェスター商人ハンフリー・チェサム売却された。さらに彼の子孫はテナント農家Bland家、Green家、Frere 家に貸し出した。1835年荒廃していたタートン・タワージェームズ・ケイ購入し復元した彼はエリザベスとアン・アップルトンにタートン・タワー売却した彼女らキャラコ製造業者ウィリアム・リグに貸し出した。彼の娘エレン"Victorian Children at Turton Tower"を書いた1903年タートン・タワーはリーズ・ノールズがサルフォードウェストの下院議員為に3,875ポンド購入した彼の死後の1929年彼の妻ニーナ・ノールズは1930年タートン郊外地理事会にそれを提供し協議会となった1974年地方政府再編成後タートンは分割され、タートン・タワーブラックバーン新自治区の一部となり、ランカシャー博物館サービスによって管理された。ランカシャーカウンティ美術館サービスへの変更の後、タートン・タワーダーウェン議会ブラックバーンによって引き継がれた

※この「所有者」の解説は、「タートン・タワー」の解説の一部です。
「所有者」を含む「タートン・タワー」の記事については、「タートン・タワー」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 02:14 UTC 版)

パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の記事における「所有者」の解説

2006年9月20日ダヴィンチ・アドバイザーズ運営するファンドPCCWから2000億円で、2009年12月にはセキュアード・キャピタル・ジャパンダヴィンチから1400億円で、2014年10月にはセキュアードからシンガポール政府投資公社GIC)が1700億円(推計金額は非公表)でオフィス部分それぞれ買収している。なお、オフィス部分売却後ホテルPCCW商業施設JR東日本保有している。

※この「所有者」の解説は、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の解説の一部です。
「所有者」を含む「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の記事については、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 21:34 UTC 版)

ファリニシュ」の記事における「所有者」の解説

ルートゥレンの子ブリーアン英語版)、イウハル、イウハルヴァより賠償エリック)として求められた品々のひとつがこのである。 当初は異国のイルアドの王宮鍛冶師 、あるいはイルアドの王その人が所持したであった。このイルアドとは、様々に表記されるが、伝説北欧王国。このトゥレンの子らが得てルー引き渡した。 かつて神の時代に「マントルー」(アイルランド語: Lugh na lennが所持したファリニスは、人間時代になるとフィアナ騎士軍のところに姿をあらわす。それはトゥレンの子らが、イルアドの王から奪ったとも明記される。 その飼い主は、シェラ、ドラト、ドヴナンという異国三人組古謡にはあり、フェル・ヴァックの飼い主はドゥヴ、アグイラルという東国イルアドの三王子と散文物語古老たちの語らい』は記す 。

※この「所有者」の解説は、「ファリニシュ」の解説の一部です。
「所有者」を含む「ファリニシュ」の記事については、「ファリニシュ」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/05 02:13 UTC 版)

シェイクスピアの生家」の記事における「所有者」の解説

ジョン死んだことにより、ウィリアムがこの家の所有者となったしかしながらその頃にはウィリアムは既にストラトフォードニュー・プレイス所有しており、ウィリアム自身家族にとってヘンリー・ストリートにあるこの家は必要でなかった。そのためメインの家はルイス・ヒコックスに貸した。そしてヒコックスその家メイデンヘッド後のスワン・アンド・メイデンヘッド)として知られる宿屋改造し北西小さいほうの家は住宅用途のために使っていた。1616年ウィリアム死ぬまで少し前寡婦になった妹のジョーン・ハートによって使用されていた。 シェイクスピアの遺言条件のもと、すべての所有地宿屋とジョーン・ハートのコテージ)はシェイクスピアの上の娘のスザンナが所有することとなった1649年にはその所有地スザンナ唯一の子供であるエリザベスに、そして1670年にはトーマス・ハートに移動した。トーマス・ハートはシェイクスピアの妹ジョーンの子供であり、ハート家族1646年に彼女がなくなった後は小さいほうの家を借りて生活をしていた。すべての土地所有権1806年までハート家が有していたが、その年肉屋のトマス・コートに家を売りコートはスワン・アンド・メイデンヘッドの経営引き継いだ小さいほうの家は、1790年代ハートストラトフォード引っ越すときにトーマス・ホーンビーという別の肉屋渡して以来彼が使用していた。 ホーンビー夫人は、1820年家賃上がるまでシェイクスピアの生家賃借人であり管理人であった

※この「所有者」の解説は、「シェイクスピアの生家」の解説の一部です。
「所有者」を含む「シェイクスピアの生家」の記事については、「シェイクスピアの生家」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:59 UTC 版)

ジャンボジェット (航空会社)」の記事における「所有者」の解説

ジャンボジェット社はケニアフラッグ・キャリアであるケニア航空完全子会社となっている。単元株価格20シリングで、発行されている5000をすべてケニア航空保有している。

※この「所有者」の解説は、「ジャンボジェット (航空会社)」の解説の一部です。
「所有者」を含む「ジャンボジェット (航空会社)」の記事については、「ジャンボジェット (航空会社)」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 18:07 UTC 版)

新宿マインズタワー」の記事における「所有者」の解説

レールシティ東開発出資者ある日本生保険第一生命保険住友生命保険当初区分所有していたが、2005年ダヴィンチ・ホールディングス組成したファンドがそのほとんどを買収し有限会社新宿マインズタワー設立一部テナントに対して賃料値上げ訴訟提起した対岸タカシマヤタイムズスクエアでも同様の事態起きた)。 その後2007年大和証券オフィス投資法人買収しJ-REIT投資物件となった2017年12月シンガポール政府投資公社GIC)が本ビル持ち分43%を約625億円で大和証券オフィス投資法人から取得したこれによりビルは、大和証券オフィス投資法人GIC共同でビル管理・運営する体制移行した

※この「所有者」の解説は、「新宿マインズタワー」の解説の一部です。
「所有者」を含む「新宿マインズタワー」の記事については、「新宿マインズタワー」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 02:38 UTC 版)

鳩山会館」の記事における「所有者」の解説

2013年当時所有者であった鳩山安子死去したため、現在は鳩山由紀夫相続し所有している。土地だけの評価額50億円とも言われるが、施設維持費1億円かかる。

※この「所有者」の解説は、「鳩山会館」の解説の一部です。
「所有者」を含む「鳩山会館」の記事については、「鳩山会館」の概要を参照ください。


所有者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 14:11 UTC 版)

Rutube」の記事における「所有者」の解説

ガスプロムバンク傘下メディア企業ガスプロム・メディア英語版)。

※この「所有者」の解説は、「Rutube」の解説の一部です。
「所有者」を含む「Rutube」の記事については、「Rutube」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「所有者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

所有者

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:56 UTC 版)

名詞

(しょゆうしゃ)

  1. 所有している人。
  2. 俗用)ある物を占有している者。

関連語

翻訳


「所有者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



所有者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「所有者」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



所有者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの所有権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの世界の起源 (改訂履歴)、ドレスデン原子力発電所 (改訂履歴)、連邦住宅貸付銀行 (改訂履歴)、トレモント通りサブウェイ (改訂履歴)、AT&T ビル (ナッシュビル) (改訂履歴)、エコノミスト・グループ (改訂履歴)、北京2008 (油絵) (改訂履歴)、阪急電鉄本社ビル (改訂履歴)、国鉄タキ1900形貨車 (改訂履歴)、ブロードウェイマンション (改訂履歴)、新呉服橋ビルディング (改訂履歴)、エアロ・コントラクターズ (改訂履歴)、タートン・タワー (改訂履歴)、パシフィックセンチュリープレイス丸の内 (改訂履歴)、ファリニシュ (改訂履歴)、シェイクスピアの生家 (改訂履歴)、ジャンボジェット (航空会社) (改訂履歴)、新宿マインズタワー (改訂履歴)、鳩山会館 (改訂履歴)、Rutube (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの所有者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS