上海とは? わかりやすく解説

シャンハイ【上海】

読み方:しゃんはい

揚子江河口にある、中国最大商工業都市中央政府直轄特別市宋代から貿易港として発達1842年南京条約によって開港英・米日・仏各国租界つくられ外国資本中国進出拠点となった第二次大戦後は総合的工業地として発展人口行政区17782005)。

[補説] 書名別項。→上海

上海の画像 上海の画像
中心部南京東路のようす
上海の画像
豫園(よえん)の古い町なみ
上海の画像
浦東(プドン)地区の上海東明珠テレビタワー

シャンハイ【上海】

読み方:しゃんはい

[一]林京子小説昭和58年1983刊行第22回女流文学賞受賞

[二]横光利一長編小説昭和3年(1928)から昭和6年1931)にかけて、「改造」誌に連載昭和7年(1932)、単行本刊行


上海

作者横光利一

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12


上海

作者ゲイリー・インディアナ

収載図書マリアの死
出版社白水社
刊行年月1995.5
シリーズ名ライターズX


上海

作者かわいゆみこ

収載図書上海―うたかたの恋
出版社ビブロス
刊行年月1998.8
シリーズ名ビーボーイノベルズ


上海

作者佐藤春夫

収載図書定本 佐藤春夫全集 第10巻 創作 8
出版社臨川書店
刊行年月1999.4


上海

作者林京子

収載図書上海・ミッシェル口紅林京子中国小説集
出版社講談社
刊行年月2001.1
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書ミッシェル口紅 上海
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


上海―再見

作者高橋千秋

収載図書about love/関於愛
出版社竹書房
刊行年月2005.9
シリーズ名竹書房文庫


上海

読み方:シャンハイ(shanhai)

作者 横光利一

初出 昭和7年

ジャンル 小説


上海

読み方
上海じょうかい

上海市

(上海 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/07 02:22 UTC 版)

上海市(シャンハイし)は、中華人民共和国直轄市である。


注釈

  1. ^ 英語のshanghaiには動詞として「力づくで船に連れて行く」、転じて「誘拐する」「強制する」の意味もある。これは19世紀に欧米で船員をかき集めるため強制募集隊が組織され、町の若者たちをだまして上海行きの船へ連行したことに由来する。
  2. ^ 「滬」は、竹を柵状に並べて魚を捕る仕掛けの意である。

出典

  1. ^ Communiqué of the Seventh National Population Census[1 (No. 3) -Population by Region]”. 中国統計局 (2021年5月11日). 2023年8月22日閲覧。
  2. ^ 上海市(中国)との交流大阪市 2023年8月11日閲覧
  3. ^ 2022年上海常住人口多少?60岁及以上占比多少?数据来了上海市虹口区人民政府 2023年8月11日閲覧
  4. ^ 上海の22年GDP0.2%減、ロックダウンでアジア経済ニュース 2023年8月11日閲覧
  5. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI)森記念財団都市戦略研究所 2023年8月11日閲覧。
  6. ^ 平凡社大百科事典 第6巻(サ~シャ)、p.1342、1985年3月25日初版、平凡社
  7. ^ 申”、“沪”的由来 上海概覧、歴史沿革、上海市人民政府
  8. ^ 岩波 新漢語辞典、p.783、ISBN 4-00-080080-9、1994年4月13日第2刷、岩波書店
  9. ^ Danielson, Eric N., Shanghai and the Yangzi Delta, 2004,ISBN 978-981-232-597-6, pp. 8–9
  10. ^ 今最高気温40.8℃ 明日再“奔”40℃”. 上海市公共気象服务中心. 2013年8月7日閲覧。
  11. ^ Experience Template”. 2023年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月14日閲覧。
  12. ^ 上海市の概略”. 長崎県日中親善協議会. 2015年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月19日閲覧。
  13. ^ 县级以上行政区划变更情况 - 中華人民共和国民政部
  14. ^ 上海市 - 区划地名网
  15. ^ 久米 邦武 編『米欧回覧実記・5』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、331〜335頁
  16. ^ 浜下武志 「中国通商銀行の設立と香港上海銀行」 一橋論叢 84(4)
  17. ^ 潘光 中国国内三大ユダヤ移民グループの国籍と 法律問題(1840∼1945) 『北東アジア研究』第10号(2006年1月)
  18. ^ 『日本外交文書』 昭和期II第一部第四巻(上・下)「上海における日本人水兵射殺事件」”. 外務省. 2011年10月8日閲覧。
  19. ^ 上海ロックダウン3週間、正常化遠く…「教訓はどこにいったのか」(讀賣新聞オンライン、2022年4月19日)
  20. ^ 上海、2分割で都市封鎖 コロナ拡大、全住民検査(秋田魁新報電子版、2022年3月27日)
  21. ^ 上海のロックダウンが延長、市内全域に拡大(BBC NEWS、2022年4月6日)
  22. ^ 上海住民「ご飯を食べたい」と叫ぶ動画、配給滞り抗議頻発…ゼロコロナの見直し求める声(讀賣新聞オンライン、2022年4月10日)
  23. ^ 上海封鎖下で操業へ、政府が企業ホワイトリスト(化学工業日報、2022年4月20日)
  24. ^ 上海市、6月1日に都市封鎖解除 感染「実質制御」で正常化へ前進”. ロイター (2022年5月30日). 2022年5月30日閲覧。
  25. ^ 計生法修正案獲通過,元旦後出生的二孩都合法”. 人民日報. 2020年7月20日閲覧。
  26. ^ 新修改的《上海市人口与計画生育条例》有関問答”. 上海市人民政府. 2020年7月20日閲覧。
  27. ^ 全面二孩非“全面二胎” 生了双胞胎不能再生了”. 中国新聞網. 2020年7月20日閲覧。
  28. ^ 高口康太 (2016年2月19日). “「農村=貧困」では本当の中国を理解できない”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/02/post-4552.php 2016年2月19日閲覧。 
  29. ^ 海外在留邦人数調査統計 平成28年版
  30. ^ 2006年まで上海市高級人民法院(高等裁判所)の統計
  31. ^ [1]
  32. ^ [2]
  33. ^ [3]
  34. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  35. ^ インドGDP、29年に日本超え 日経センター中期予測”. 日本経済新聞 電子版. 2020年9月28日閲覧。
  36. ^ The Global Financial Centres Index Long Finance 2020年5月13日閲覧。
  37. ^ [4]
  38. ^ [5]
  39. ^ 中国人ドライバーを悩ませるナンバープレート制度とは?【北京の交通事情】”. Gazoo (2018年5月14日). 2020年4月14日閲覧。
  40. ^ 小谷まなぶ (2011年2月25日). “上海市内の高速道路規定 上海ナンバー優位主義”. アゴラ. 2020年4月14日閲覧。
  41. ^ 京滬高速鉄道開通、中国鉄道の新時代を切り開く
  42. ^ 【平成の長崎】長崎上海号 優雅な姿 平成8(1996)年 - 長崎新聞
  43. ^ LCCよりコスパ 日中定期フェリー、関西で健在 - 日本経済新聞
  44. ^ Number of 150m+ Completed Buildings - The Skyscraper Center”. www.skyscrapercenter.com. 2020年2月14日閲覧。
  45. ^ 韓正率中共代表団訪問泰国 上海曼谷締結友好城市 - 中国新聞(2016年5月16日閲覧)



上海(Shanghai)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:05 UTC 版)

スマートシティ」の記事における「上海(Shanghai)」の解説

上海のIoTインターネット接続速度発展により、サードパーティ企業都市生産性革命起こしている。 モバイルライドシェア大手の”DiDi Chuxing”は、乗車記録などユーザー保護機能や、新し迅速応安センター継続的に追加し、上海はスマートシティ政策をさらに推進している。 第1回中国国際輸入博覧会China International Import Expo)の際、上海はスマートモビリティ焦点当て都市効率高めるためにすべての地下鉄駅バススマートフォン交通カード受け入れセンサー導入した

※この「上海(Shanghai)」の解説は、「スマートシティ」の解説の一部です。
「上海(Shanghai)」を含む「スマートシティ」の記事については、「スマートシティ」の概要を参照ください。


上海(シャンハイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:02 UTC 版)

クーロンズゲート」の記事における「上海(シャンハイ)」の解説

物語が進む中で登場する1920年代中国で、「妄想の島」と呼ばれる島が舞台。実はこの妄想の島は陰界から突き出た出島のようなものであり、陽界存在している。胡同存在しないが、この島の住人達が暮らすバンドー大廈マンション)は階段複雑に絡まり合うエッシャー空間特徴とする、繊細狂気的なJPEGダンジョンとなっている。

※この「上海(シャンハイ)」の解説は、「クーロンズゲート」の解説の一部です。
「上海(シャンハイ)」を含む「クーロンズゲート」の記事については、「クーロンズゲート」の概要を参照ください。


上海(中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 17:03 UTC 版)

CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001」の記事における「上海(中国)」の解説

中華レストラン設置され円形武闘場で対戦武闘場は回転し周りには観客席がある。背景にはジューン鎮元斎、包、タオ李香緋レイレイ中華キャラクターがいる。

※この「上海(中国)」の解説は、「CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001」の解説の一部です。
「上海(中国)」を含む「CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001」の記事については、「CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上海

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:39 UTC 版)

固有名詞

(シャンハイ)

  1. 中華人民共和国東部位置する経済都市

翻訳


「上海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「上海」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの先物の限月とは

    CFDの先物の限月(げんげつ)とは、株価指数先物や商品先物などの取引が終了する月のことです。例えば、日経平均株価(日経225)に連動した株価指数先物の場合、限月は3月、6月、9月、12月の4つの月に設...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

  • CFDを始めるための最低資金は

    CFDを始めるための最低資金は、商品を購入する際に支払う必要証拠金額になります。必要証拠金額は、商品の価格はもとより、レバレッジや取引単位、為替レートなどにより大きく変わります。例えば、日経平均株価(...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上海」の関連用語

上海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上海のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上海市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスマートシティ (改訂履歴)、クーロンズゲート (改訂履歴)、CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS