ミラノとは? わかりやすく解説

ミラノ―星空のメリーゴーラウンド

作者辻邦生

収載図書夜ひらく
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


ミラノ

名前 Milano

ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/03 02:03 UTC 版)

ミラノ: Milano [miˈlaːno] ( 音声ファイル))は、イタリア北部にある都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。イタリアを代表する世界都市の一つ。イタリア語アクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(: Milan [mᵻˈlæn, mᵻˈlɑːn])、フランス語ではミラン(: Milan)、ドイツ語ではマイラント(: Mailand)、スペイン語ではミラン(西: Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(: Mediolanum)という。


  1. ^ Resident population on 1st January 2021” (英語). 国立統計研究所(ISTAT). 2022年3月16日閲覧。左側メニューで各プルダウンを、Geographical area: North West > Region: Lombardia > Province: Milano > Municipality: Milano に選択
  2. ^ Bilancio demografico anno 2021 (dati provvisori)” (イタリア語). 国立統計研究所(ISTAT). 2022年3月16日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Milano (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2018年3月14日閲覧。
  4. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Milano (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2018年3月14日閲覧。
  5. ^ Demographia: World Urban Areas”. Wayback Machine. 2021年11月14日閲覧。
  6. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2016 森記念財団都市戦略研究所 2016年11月2日閲覧。
  7. ^ Global Cities 2016 AT Kearney 2016年11月2日閲覧。
  8. ^ Milano/Linate (MI)”. Servizio Meteorologico. 2016年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月11日閲覧。
  9. ^ Stazione 080 Milano-Linate: Medie Mensili Periodo 1961–90”. Servizio Meteorologico. 2016年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月11日閲覧。
  10. ^ Milano Linate: Record mensili dal 1946” (Italian). Servizio Meteorologico dell'Aeronautica Militare. 2014年12月11日閲覧。
  11. ^ classificazione sismica 1 dicembre 2020” (xls). イタリア市民保護局. 2021年2月7日閲覧。
  12. ^ Cittadini stranieri Milano 2022”. 2023年11月20日閲覧。
  13. ^ Popolazione straniera residente nel Comune di Milano al 01/01/2021 per sesso e nazionalità”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Xinhua-Dow Jones International Financial Centers Development Index(2013) 2013年9月15日閲覧。



ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 22:00 UTC 版)

江の島ワイキキ食堂」の記事における「ミラノ」の解説

江の島にある東松堂の姉妹の姉。女優

※この「ミラノ」の解説は、「江の島ワイキキ食堂」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「江の島ワイキキ食堂」の記事については、「江の島ワイキキ食堂」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 20:59 UTC 版)

ロードプライシング」の記事における「ミラノ」の解説

大気汚染影響大き車種応じた金額設定で、中心市街地進入する車による汚染物質発生低減狙った課金2008年始めた(エコパス(Ecopass)制度)。

※この「ミラノ」の解説は、「ロードプライシング」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「ロードプライシング」の記事については、「ロードプライシング」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/21 10:09 UTC 版)

剣と魔法と学園モノ。2」の記事における「ミラノ」の解説

何者かに人質にされていた、ダンテの妹。

※この「ミラノ」の解説は、「剣と魔法と学園モノ。2」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「剣と魔法と学園モノ。2」の記事については、「剣と魔法と学園モノ。2」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/17 04:59 UTC 版)

銀のしっぽ」の記事における「ミラノ」の解説

カモネギ商事現在の営業部長団塊後任。「シルバー」の常連としては珍しいくらいにダンディ40代にして独身謳歌している。

※この「ミラノ」の解説は、「銀のしっぽ」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「銀のしっぽ」の記事については、「銀のしっぽ」の概要を参照ください。


ミラノ(Milan)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:05 UTC 版)

スマートシティ」の記事における「ミラノ(Milan)」の解説

イタリアのミラノは、EUの「スマートシティコミュニティ構想によって、スマートシティ戦略取り組み開始することになった。しかし、多くヨーロッパ都市とは異なり、ミラノのスマートシティ戦略環境持続可能性よりも社会持続可能性重点置いている。 この焦点はミラノにほぼ限定されており、ミラノのビコッカ地区事例見られるように、その戦略内容実施方法大きな影響及ぼしている。

※この「ミラノ(Milan)」の解説は、「スマートシティ」の解説の一部です。
「ミラノ(Milan)」を含む「スマートシティ」の記事については、「スマートシティ」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 03:46 UTC 版)

ペトルス・ダミアニ」の記事における「ミラノ」の解説

その後改革派フィレンツェ司教ゲルハルドゥスをニコラウス2世として擁立した1059年終わりごろ、ペトルスニコラウス2世によってミラノへの使節として派遣された。そのころのミラノは、聖職禄公然と売買され聖職者公的に妻を娶り、一緒に住んでいるというような堕落した状況にあった。アリアルドやルッカアンセルムスはこれを改革しようとしたが、激し抵抗にあっていた。そこでニコラウス2世ペトルス教皇特使とし、アンセルムス補佐就けた。この時ミラノの聖職者達は不安を感じローマにはミラノに対す何の権限もないと抗議したペトルス大聖堂にこの群衆集めて敢然と向き合い彼の決定すべての人々了承させることで、教皇庁権威示したペトルスはまず大司教大司教属すすべての聖職者に、将来わたって昇進に際して代償を払うことがないよう、厳粛な誓い要求したその後、罪を犯した全員償いをさせ、独身守って生きること選択した者にはふさわしい聖職禄復帰させた。この穏健的な決定ローマで若干急進主義者によって批判されたが、結局翻ることはなかった。だがニコラウス2世死後論争再燃し1066年のアリアルドの殉教の後もずっと、決着しなかった。ペトルス批判から逃れようと、泥沼議論弁論していたが、ニコラウス2世ヒルデブラントも、彼に同意していなかった。

※この「ミラノ」の解説は、「ペトルス・ダミアニ」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「ペトルス・ダミアニ」の記事については、「ペトルス・ダミアニ」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 23:26 UTC 版)

ジャック&エレナシリーズ」の記事における「ミラノ」の解説

ジャックの主。ジャック殺人ロボット改造し自分裏切らないような記憶仕込んだジャックがLを殺さずさらにはエル婚約したことで、「壊れた」と判断し記憶を再注入し、それでもだめなら破壊しようとした。

※この「ミラノ」の解説は、「ジャック&エレナシリーズ」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「ジャック&エレナシリーズ」の記事については、「ジャック&エレナシリーズ」の概要を参照ください。


ミラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 07:40 UTC 版)

ドライバーレス・メトロ」の記事における「ミラノ」の解説

詳細は「ミラノ地下鉄M5線」を参照 ビニャーミ駅とM3線のザーラ駅を結ぶ5.6km、事業費5億ユーロ投じたミラノ地下鉄M5線第1期区間2013年2月10日に、2期目スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ最寄り駅サン・シーロ・スターディオ駅までを結ぶ区間2014年3月1日開業した3期目4期目延伸事業計画中。軌道アルストム信号通信アンサルドSTS車両アンサルドブレーダ受注している。

※この「ミラノ」の解説は、「ドライバーレス・メトロ」の解説の一部です。
「ミラノ」を含む「ドライバーレス・メトロ」の記事については、「ドライバーレス・メトロ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミラノ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミラノ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミラノと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミラノ」の関連用語

ミラノのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミラノのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミラノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの江の島ワイキキ食堂 (改訂履歴)、ロードプライシング (改訂履歴)、剣と魔法と学園モノ。2 (改訂履歴)、銀のしっぽ (改訂履歴)、スマートシティ (改訂履歴)、ペトルス・ダミアニ (改訂履歴)、ジャック&エレナシリーズ (改訂履歴)、ドライバーレス・メトロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS