転換点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 転換点の意味・解説 

転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 07:35 UTC 版)

1994年サンマリノグランプリ」の記事における「転換点」の解説

このレースにおいて発生した複数事故は、このスポーツ安全性高めることの重要性示した12年ぶりにGPDAグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)が活動開始しマシン設計コースの双方多くの変更加えられた。 このレース以後FIA会長マックス・モズレー主導により多くのレギュレーション変更加えられた。次戦モナコGPからピットロード速度制限設けられた他、ダウンフォース削減しコーナリングスピード低下させる目的で、第5戦スペインGP以降は順次ボーテックスジェネレーター禁止、ステップドボトムの導入、リアディフューザーの規制強化フロントウイング翼端板最低地上高引き上げなど様々なレギュレーション変更が行われた。これらの変更満足なテスト期間設けられることもなく半ば強行されたものであったため、安全性確認することなく付け焼刃突貫作業となった事か批判多くレギュレーション変更後も大事故多発した。しかし結果としてそれまで死亡事故12年間に渡り発生せず安全神話とまで呼ばれ安全性向上への意識疎かになりつつあった状況終止符打ち94年以降から現代に続くマシンサーキット安全性向上繋が契機となった

※この「転換点」の解説は、「1994年サンマリノグランプリ」の解説の一部です。
「転換点」を含む「1994年サンマリノグランプリ」の記事については、「1994年サンマリノグランプリ」の概要を参照ください。


転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:56 UTC 版)

雁屋哲」の記事における「転換点」の解説

雁屋にとって転換点となったのは、『風の戦士ダン』である。従来作画担当原作に無い要素を入れる事を好まない雁屋であるが、作画島本和彦本作品において原作に無いギャグ入れた。しかし、雁屋はそれを面白いとして承諾しさらには原作執筆時にギャグ入れようになった。これが暴力漫画一辺倒であった雁屋にとっての転換点となり、『美味しんぼ』ヒット伏線となる。島本は、作品の中でつらい目遭う主要キャラに「同じ原作者作品でもこうも違うものか!!『美味しんぼ』ではウマいモノ食って文句言い。更にウマいモノ食ってる。というのに!!」と、自身の不満をセリフ書き社会現象にまでなった当時『美味しんぼ』との違いギャグにしている。

※この「転換点」の解説は、「雁屋哲」の解説の一部です。
「転換点」を含む「雁屋哲」の記事については、「雁屋哲」の概要を参照ください。


転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/18 14:51 UTC 版)

徳丸ヶ原」の記事における「転換点」の解説

23区内最後まで残った水田地帯も、1958年ごろには新河岸川流域工場進出および付近住宅化による地下水の枯渇家庭排水流入などにより耕作不適な状況となってきた。1966年12月より日本住宅公団事業主とする土地区画整理事業実施された。従前の居住者僅少だったことから順調に進み1972年3月までに高島平団地竣工したその間1968年12月には都営地下鉄6号線三田線)が開通1969年3月1日住居表示実施により高島秋帆にちなん高島平一丁目~九丁目が発足した高島平駅北にある徳丸ヶ原公園」にその名が残されている。 高島平#歴史の項目も参照

※この「転換点」の解説は、「徳丸ヶ原」の解説の一部です。
「転換点」を含む「徳丸ヶ原」の記事については、「徳丸ヶ原」の概要を参照ください。


転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 17:54 UTC 版)

エバーグレーズの排水と開発」の記事における「転換点」の解説

エバーグレーズ開発の転換点は、1969年マイアミ国際空港がその能力を超え時に代替空港提案されたことだった。土地開発業者土地の取得を始め1968年には1エーカーあたり180ドルだった。デイド郡港湾局中部および南フロリダ・プロジェクト、エバーグレーズ国立公園管理部アメリカ合衆国内務省相談せずビッグサイプレス湿地土地39平方マイル (100 km2) を買収したエバーグレーズ国立公園管理部はそれが公表されたその日「マイアミ・ヘラルド」から、公式売買契約空港建設する合意知ったデイド郡港湾局購入した土地整地し、単一の滑走路パイロットの訓練用だと公表した。この新空港シカゴ・オヘア国際空港ワシントン・ダレス国際空港ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港ロサンゼルス国際空港合わせたよりも広い計画だった。選ばれた場所エバーグレーズ国立公園の北6マイル (9.7 km) であり、水質保全地域3の中にあった。デイド郡港湾局副局長は「ここはアメリカで最大級人口集中地となる。我々は自らの責任に合わせ、この土地、海、上空所有権行使する全ての人責任に合わせるために、人の意図するよりも高いオーダー最善を尽くすつもりだ」と宣言した中部および南フロリダ・プロジェクトは、国内環境保護団体100手紙を出すことで、この計画に対する全国注目集めた当初地元新聞の反応は、即座に計画反対した環境保護団体非難するのだった。「ビジネス・ウィーク」は、計画地の周り土地価格が1エーカーあたり200ドルから800ドル跳ね上がった報道し雑誌の「ライフ」は地域商業的な関心に関する予測記事にした。アメリカ地質調査所空港に関する環境影響調査始まり、「提案されている空港とその関連施設開発は...南フロリダさらにはエバーグレーズ国立公園生態系容赦なく破壊するものである。」と報告した。この空港100万人の市民の用に供し、6万人雇用することが意図されていた。デイド郡港湾局長は雑誌タイム」で、「私はアリゲーターよりも人間興味がある。ここは航空に関する限り理想的な場所だ」と言った報告された。 環境影響調査によって、提案されている空港1日400ガロン (15,000 kL) のゴミ作り出しジェットエンジンによる汚染物を年間1万ショートトン (9,100 t) を生み出す示し全国メディア注目した雑誌サイエンス」はこの空港計画特集する環境保護のための連載記事で、「環境科学者はそれに次第気付くようになっており、慎重な計画地域の開発自然資源保護無ければ手に手を携えて進めない」と記した。「ニューヨーク・タイムズ」はこれを「災害青写真」と呼びウィスコンシン州の上院議員ゲイロード・ネルソンは、リチャード・ニクソン大統領宛てて、その反対意見として「我々がこの国で我々の環境守ること真に対処しているか否か試験である」と書き送ったフロリダ州知事のクロード・カークは保護賛成していたのを引っ込め78歳になっていたマージョリー・ストーンマン・ダグラス説得されてそれに反対する数百回の演説を行う旅に出たダグラスは「エバーグレーズの友」という組織設立し、3,000人以上の人々に会員になるよう勧めた当初アメリカ合衆国運輸省空港支持するために予算約束していたが、圧力受けた後にニクソン交通省判断差し戻したニクソンその代わりにビッグサイプレス国定保護地設立し、それを議会進め1972年環境プログラムに対する特別メッセージとすると宣言した。この空港論議続いてエバーグレーズ復原が、州全体優先事項なるだけでなく、国際的な優先事項にもなった。1970年代エバーグレーズユネスコによる国際生物界保護地世界遺産指定され、またラムサール条約による国際的な重要性のある湿地指定された。これら3つの指定受けたことでは、地球上に3か所しかないものの1つとなった

※この「転換点」の解説は、「エバーグレーズの排水と開発」の解説の一部です。
「転換点」を含む「エバーグレーズの排水と開発」の記事については、「エバーグレーズの排水と開発」の概要を参照ください。


転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 16:23 UTC 版)

xBase」の記事における「転換点」の解説

1993年、Sybex, Inc.Sheldon M. DunnXbase Cross Reference Handbook という本を出版した。これは当時主な xBase 言語dBASE III+、dBASE IVFoxPro for DOSFoxPro for WindowsFoxPro for MacintoshClipper 5.1 など)の仕様比較参照したもので、1352ページもあったので「ハンドブックと言うには大作だったが、オールインワンリファレンス提供しxBase コミュニティ直面していた状況一石投じた。これを受けてベンダーマニュアル整理しコマンド関数などに分冊した。1993年ベンダー整理されという意味でも転換点であったdBASE は既にアシュトンテイトからボーランド売却されていたが、マイクロソフトFoxProFox Software から引き継いでいる。ボーランドQuickSilver購入しdBASEWindows 版開発利用した1994年ボーランドdBase V for WindowsdBASE V for DOS開発しその後 dBASE の名称と製品dBASE Inc.売却した近年xBaseオープンソース実装登場したことで新たな展開生まれている。最近のデスクトップ型データベースツールはマウスGUI使用前提だが、xBase は常にキーボード優先であり、スクリプト化やメタプログラミング自動化)が容易であるxBase今も利用可能数少ないテーブル指向スクリプト言語1つである。

※この「転換点」の解説は、「xBase」の解説の一部です。
「転換点」を含む「xBase」の記事については、「xBase」の概要を参照ください。


転換点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 10:20 UTC 版)

ゲティスバーグの戦い」の記事における「転換点」の解説

この戦い南北戦争の転換点であったかどうかいうのはやや疑問余地がある確かにこの戦いのあと北軍優位ゆるぎないものとなったのは事実だが、それは別にこの戦い勝ったから戦争での優位確定したわけではない言い方変えればこの戦い勝った時期北部にとっての転換期であってこの戦い自体戦争趨勢決したわけではない。ではなぜリー将軍はわざわざこの時期を選んで北部侵攻しただろうか兵力劣り装備十分ではなく、食料さえ満足に行き渡っていなかった北バージニア軍明らかに北部侵攻できるような状況には無かった。しかしその反面この時期を逃してしまったらもはや戦争趨勢決まってしまう可能性が非常に大きかったのだ。守ってばかりでは戦争勝つことできない上に南部はその「守り」すら満足に行えていなかった。 南部ゲティスバーグの戦い起こ前の時点ですでに西部地域をほとんど失っていた。南部最大都市であったニューオルリンズ市はすでに北軍の手落ちており、ミシシッピ川交通の要所であるヴィックスバーグもまさに陥落寸前と言える状況にあったヴィックスバーグ陥落した後は西部戦線投入されていた北軍部隊東部戦線送られてくる事は明らかであり、兵力の点では常に北軍劣っていた南軍にとってはさらに厳し戦い強いられる事になるだろうというのは目に見えていた。また、北部海軍によるアナコンダ作戦南部港湾封鎖する作戦で、終戦近くに海に出た南部の船の実に3隻に1隻が拿捕されていた)が功を奏し始めておりもともと高くなかった南部継戦能力はさらに削られていった。この時点で何らかの一撃与えなければこのまま南部北部物量に『磨り潰されて』しまうだろうということはこの時点で多くの者の眼に明らかだっただろう。当然リー将軍もそれに気づいていただろうし、何度撃退してもすぐに兵力補充して侵攻してくるポトマック軍相手をしている虚しさにも気づいたであろう。いくら自軍勝利し続けていたとはいえ北バージニア軍会戦のたびに多くの兵を失っていたし、人的資源の点で北部に劣る南部はその穴を埋める事がなかなかできなかった。 南部北部より1年早く徴兵制導入していたが多くの徴兵例に漏れず大い不評だった。また、奴隷10人以上保有している・もしくは監督している市民徴兵されいとした[要出典]事もその不満に拍車をかける事となった。要する奴隷保有していない貧乏な南部人が奴隷保有している裕福な南部人のために戦っている戦争だという構図できあがってしまったからである物資不足だった南部では十分な物資武器弾薬制服、それに食料など)が将兵満足に行き渡らなかった事もあり、南軍は常に脱走兵多さ悩まされていた。結局南軍の場こうむった損害他の部隊から兵を(もしくは部隊ごと)引き抜いて補充充てた徴兵拡大する事でなんとかしようとしたがあまり成功しなかった。 北バージニア軍率いて北部侵攻し北部の地でポトマック軍壊滅的な打撃与える事ができればいくら人的資源豊かな北部でもまた同規模の軍を編成するのには時間がかかるはずであり、また国内での敗北衝撃受けた北部市民達が1864年大統領選戦争継続を叫ぶリンカーン大統領ではなく停戦和平旗印に掲げ民主党のジョージ・マクレラン次期大統領に選ぶ可能性もあった。勿論これは全てうまくいった場合シナリオであり、リー将軍そこまでうまく物事が運ぶとは思っていなかっただろう。だが、簡単に言えば南部にはそれ以外選択肢無かったのであるある意味、これはリー将軍戦争の転換点に近づいてきたと気づき、なんとかその敗勢挽回しようとしたがゆえに起こった戦いだったとも言える

※この「転換点」の解説は、「ゲティスバーグの戦い」の解説の一部です。
「転換点」を含む「ゲティスバーグの戦い」の記事については、「ゲティスバーグの戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「転換点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「転換点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「転換点」に関係したコラム

  • チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには

    チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには、ローソク足の組み合わせによりその先の値動きを予測します。ここでは、ローソク足の組み合わせからトレンドの転換点を見つける方法を紹介します。なお、トレン...

  • FXやCFDの平均足の差とは

    FXやCFDの「平均足の差」とは、前日の平均足の価格と当日の価格との差のことです。平均足の差は、Information Internet Ltdが開発したソフトウェア「Market Maker」のテク...

  • FXのパラボリック手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のパラボリック手法とは、パラボリックというテクニカル指標を用いた売買手法のことです。パラボリックは、パラボリックSAR(Parabolic SAR、Parabolic sto...

  • FXやCFDのフィッシャートランスフォームとは

    FXやCFDのフィッシャートランスフォーム(Fisher Transform)とは価格の変動からトレンドの転換点を見つけるためのオシレーター系のテクニカル指標です。フィッシャー変換ともいいます。フィッ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のフラクタルの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のフラクタルの見方について解説します。フラクタル(Fractals)は、為替レートの高値と安値からトレンドの転換点を探...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のDeMarkerの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のDeMarkerの見方を解説します。DeMarkerは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「転換点」の関連用語

転換点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



転換点のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1994年サンマリノグランプリ (改訂履歴)、雁屋哲 (改訂履歴)、徳丸ヶ原 (改訂履歴)、エバーグレーズの排水と開発 (改訂履歴)、xBase (改訂履歴)、ゲティスバーグの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS