打ちとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > 打ちの意味・解説 

ぶち【打ち】

[接頭]動詞「ぶ(打)つ」の連用形から》動詞に付いて、その動詞の示す動作作用強める意を表す。音便の形をとって、「ぶっ」「ぶん」となることがある。「打ち壊す」「打ち明ける


うち【打ち】

[接頭]動詞に付いて、その動作作用強めたり語調を整えたりする。また、少し、ちょっと、の意を添えることもある。「打ち続く」「打ち興ずる」「打ち笑(え)む」


打ち

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類

接頭語    打ち  真っ  大御

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「打ち」に関係したコラム

  • FXやCFDのスキャターとは

    FXやCFDのスキャター(Scatter)とは、1日の値動きを点だけで描画して時系列に並べたものです。スキャッターともいいます。スキャターの描き方は、終値の地点に点を打つだけです。分析ツールによっては...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打ち」の関連用語

打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS