打ちとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > 打ちの意味・解説 

うち【打ち】

[接頭]動詞に付いて、その動作作用強めたり語調整えたりする。また、少し、ちょっと、の意を添えることもある。「打ち続く」「打ち興ずる」「打ち笑(え)む」


ぶち【打ち】

[接頭]動詞「ぶ(打)つ」の連用形から》動詞に付いて、その動詞の示す動作作用強める意を表す。音便の形をとって、「ぶっ」「ぶん」となることがある。「打ち壊す」「打ち明ける


うち【打】

1 〔名〕 (動詞「うつ(打)」の連用形名詞化

① 打つこと。

② 砧(きぬた)で絹を打ち、光沢を出すこと。後世板引かわったが、呼び名残った

③ 琴、三味線演奏技法一つ箏曲(そうきょく)では右手中指琴爪軽く弦を打つ技法三味線では左手の指をそろえて軽く弦を打つ技法

駕籠かきの用語で、駕籠賃をいう。

浄瑠璃博多小女郎波枕(1718)下「うちも聞(きい)た、駕籠換(か)よい」

(5)うちちん打賃)②」の略。

浮世草子傾城禁短気(1711)三「白人への祝儀に銀五両、しかも打(うち)の出る細銀(こまがね)にて、宿へ銀子五両下の者へ銀弐両」

(6) 博奕(ばくち)打ちの略。遊里などの隠語

随筆・麓の色(1768)三「うちは博戯打なり」

2 〔接頭〕 (動詞の上に付く) 多く実質的な意味をあらわす動詞に付くが、中古には形式動詞「す」に付いた例も見られるまた、「うち」と動詞との間に、係助詞「も」をはさむことがある

① 下の動詞の意味を強めたり、単に語調ととのえたりする。おだやかな動作表わす語に付いて、「すこし」「ちょっと」の意味を加え場合もある。

古事記(712)上・歌謡「宇知(ウチ)廻(み)る 島の崎々」

源氏100114頃)若紫乳母はうちも臥されず」

今昔1120頃か)二九「身篩(みぶるひ)打して」

② 下の動詞と合して、特定の具体的な意味を表わす現代語に多い。「うちあける」「うちあわせる」「うちきる」「うちとける」など。

3接尾動詞連用形に付く。近世俗語表現

① …しがち、…するのが当然の意を表わす

洒落本列仙伝(1763)「はやる芝居にはありうちといひなだむる」

② …しなれていることの意を表わす

浄瑠璃蘆屋道満大内鑑(1734)三「是に限らず幾度も聞きうち」

③ …するのは勝手の意を表わす

洒落本色深睡夢(1826)上「娼婦(ぢょらう)のことじゃもの、お客とりうちじゃ」

[語誌]接頭語としての「うち」は、動詞「打つ」の意味が希薄化したものであるが、一方中国古典の「打」字の接頭語用法訓読され、日本語文章取り入れられた可能性もある。


ぶち【打】

〔接頭〕 (動詞「ぶつ(打)」の連用形から) 動詞の上に付けて、その意味を強める。また、荒々しい動作そのことをする意を表わす。「ぶっ」「ぶん」という音便形にもなる。「ぶち明ける」「ぶち売る」「ぶち返る」など。


打ち

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類

接頭語    打ち  真っ  大御

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「打ち」に関係したコラム

  • FXやCFDのスキャターとは

    FXやCFDのスキャター(Scatter)とは、1日の値動きを点だけで描画して時系列に並べたものです。スキャッターともいいます。スキャターの描き方は、終値の地点に点を打つだけです。分析ツールによっては...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打ち」の関連用語

打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS