添えとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 添えの意味・解説 

そえ〔そへ〕【添え/副え】

そえること。また、そのもの

付き従うこと。補佐

「—になって力を仮(か)してはくれまいか」〈露伴五重塔

おかず。副食物

副え生け花役枝(やくえだ)の一。真のにそえて、それを引き立たせる

主たるものにそう部分かたわら。わき。

かたやまの—に埋(うづ)み給ひぬ」〈宇治拾遺・一五〉

添え髪」の略。

「髪はわづかなるを、いくつか—入れて」〈浮・一代女・六〉


そえ そへ 【添・副】

〔名〕 (動詞「そえる(添)」の連用形名詞化

主なものにそうこと、そえること。また、そえるもの。山などの斜面かたわら。そば。そい。

宇治拾遺(1221頃)一五「二色を、〈略〉かたやまのそへにうづみ給ぬ」

温故知新書(1484)「傍 ソハ ソヘ

② さらにつけ加えること。また、そのものつけたしそえもの

日葡辞書(1603‐04)「Soye(ソエ)〈訳〉売買などの際に、追加するもの、すなわち、売ったもののほかに与えるもの」

*虎清本狂言泣尼室町末‐近世初)「ていしゅのさけをおまいる時まで、そへにないたに、くれまいか」

③ 人につきしたがうこと。補佐すること。また、その人

五重塔(1891‐92)〈幸田露伴一三「我を主にして汝不足でもあらうが副(ソヘ)になって力を仮してはくれまいか」

生け花で、立花法式の名称。心(しん)となる下におく。主となるに対して、副となるそえもの。〔立花大全(1683)〕

(5) 飯の。おかず。副食物

(6)そえがみ添髪)」の略。

仮名草子都風俗鑑(1681)二「髪はそへなしに自髪斗をひきすごきてゆふなり」

(7)そえうま副馬)」の略。

幸若本能寺室町末‐近世初)「鸞輿飾車千乗万騎の驂(ソヘ)にて」

(8) ようす。状態。さま。

ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉一「姑はジッと見て自烈体(じれったい)まだるいと云ふ形容(ソヘ)で、前より一段言葉強め


添え


添え

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

そえ【添え】

飾りの中で、主木に対して飾られるものの総称軽妙雑木や花もの・実もの、あるいは山野草類などが用いられ、主木引き立てる役目を果たす。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「添え」の関連用語

添えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



添えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2021, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集

©2021 GRAS Group, Inc.RSS