飾りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 飾りの意味・解説 

かざり【飾り】

飾ること。また、飾るもの。装飾装飾品。「客間の飾りにする」「胸に花の飾りをつける」

表面外見をよく見せようと取り繕うこと。飾りけ。「飾りのない素人柄

実質的な意味はもたず、体裁をととのえるために置かれるもの。「会長とはいっても飾りでしかない

多くお飾り」の形で)正月しめ飾り松飾り。《 新年》「めでたさや—の蜜柑盗まれて子規

頭髪髪の毛

「何故—を切ったるぞ」〈伎・名歌徳〉

[補説] 1で、金属製の装飾品は「錺り」とも書く。

[下接語] 腕飾り襟飾り・御(お)飾り・髪飾り首飾り注連(しめ)飾り・妻飾り・床(とこ)飾り・鼻飾り・船(ふな)飾り・蓬莱(ほうらい)飾り・松飾り・耳飾り・棟(むね)飾り・輪飾り


かざり【飾・餝・錺】

1⃣ (動詞「かざる(飾)」の連用形名詞化

① 飾ること。また、そのもの装い装飾

万葉(8C後)二〇・四三二九八十国(やそくに)は難波につどひ船可射里(カザリ)吾(あ)がせむ日ろ見も人もがも」

実質に関係のない、表面だけの美しさ虚飾

人情本・英対暖語(1838)四「世間へのかざり、意地づくの様になりて柳川の許へ通ひ

商品などをきれいに並べること。飾りつけ

浮世草子日本永代蔵(1688)六「かやうの花車商ひは、かざりの手広きがよし」

頭髪。かみ。→飾りをおろす。

今昔1120頃か)一「過去諸仏菩提を成むが為に餝(かざり)を弃(す)て髪を剃給ふ

(5)かざりうま飾馬)①

宇津保(970‐999頃)祭の使「よき御馬二つ一つはかざり、一つはまうけ御馬にて」

(6) 新年祝い飾りつける松飾り注連(しめ)飾りなどの総称。《季・新年

*虎明本狂言松楪室町末‐近世初)「大晦日おかざり道具として、ねのびの御年貢にあげまらする

2⃣ 〔接尾装飾数えるのに用いる。

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Icucazari?(イクカザリ)の問い対する答は、fitocazari(ヒトカザリ)、futacazari(フタカザリ)、micazari(ミカザリ)等である」


飾り

読み方:かざり

ラ行五段活用動詞「飾る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

装飾

(飾り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:27 UTC 版)

装飾(そうしょく)




「装飾」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飾り」の関連用語

飾りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飾りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの装飾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS