刺繍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 刺繍 > 刺繍の意味・解説 

し‐しゅう〔‐シウ〕【刺×繍】

読み方:ししゅう

[名](スル)種々の糸を用いて布地表面に絵や模様縫い表すこと。縫い取り。「ハンカチイニシャルを—する」


刺繍

名称
刺繍<ししゅう
区分
重要無形文化財
保持者
福田喜重<ふくだ きじゅう> (京都府

資料一覧
解説
刺繍は,染織品に針で色糸を繍い取りして文様表現する技法である。我が国では染織品の主要な装飾技法として繍仏しゅうぶつ>の制作衣服装飾用いられ高度に発達した技法特色は,絵画的文様立体的かつ自由に表現できることにあり,その用法は,刺繍のみで文様表現する素繍<すぬい>と,友禅などのあしらいとして施されるあしらい繍に分けられる表現基礎となる技法十数種で,点を表現する相良繍<さがらぬい>・芥子繍<けしぬい>等,線を表現するまつり繍・駒繍等,面を表現する繍切り・平繍等のほか,立体表現する肉入れ繍などの特殊な技法がありる。撚りかけない平糸釜糸),撚りをかけた撚糸金銀糸などが組合せて用いられ多彩な表現が行われている。

刺繍

名称: 刺繍
ふりがな ししゅう
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
認定区分 各個認定
指定年月日 1997.06.06(平成9.06.06)
解除年月日
指定要件
備考
解説文 刺繍は、染織品に針で色糸を繍【ぬ】い取りして文様表現する技法である。わが国では五世紀や六世紀の古墳から刺繍を施した裂地出土しており、国宝天寿国繍帳【てんじゆこくしゆうちよう】残闕中宮寺)等の七世紀遺品からは高度な技術存在知られる染織品の主要な装飾技法として繍仏【しゆうぶつ】の制作衣服装飾用いられ多様な技法考案され技術進歩した
 技法特色は、絵画的文様立体的かつ自由に表現できることにあり、その用法は、刺繍のみで文様表現する素繍【すぬい】と、友禅などのあしらいとして施されるあしらい繍に分けられる表現基礎となる技法十数種で、点を表現する相良繍【さがらぬい】・芥子繍【けしぬい】等、線を表現するまつり繍・駒繍等、面を表現する繍切り・平繍等のほか、立体表現する肉入れ繍などの特殊な技法があり、撚【よ】りをかけない平糸釜糸)、撚りをかけた撚糸金銀糸などが組み合わせて用いられ多彩な表現が行われる。
 刺繍は、わが国工芸史上重要な地位占めとともに芸術上価値の高い重要な染織技術である。

刺繍

名称: 刺繍
ふりがな ししゅう
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
選択年月日 1978.03.25(昭和53.03.25)
選択要件
備考
解説文  刺繍は、染織品に針で色糸を繍【ぬ】い取りして文様表現する技法である。わが国では五世紀や六世紀の古墳から刺繍を施した裂地出土しており、国宝天寿国繍帳【てんじゆこくしゆうちよう】残闕中宮寺)等の七世紀遺品からは高度な技術存在知られる染織品の主要な装飾技法として繍仏【しゆうぶつ】の制作衣服装飾用いられ多様な技法考案され技術進歩した
 技法特色は、絵画的文様立体的かつ自由に表現できることにあり、その用法は、刺繍のみで文様表現する素繍【すぬい】と、友禅などのあしらいとして施されるあしらい繍に分けられる表現基礎となる技法十数種で、点を表現する相良繍【さがらぬい】・芥子繍【けしぬい】等、線を表現するまつり繍・駒繍等、面を表現する繍切り・平繍等のほか、立体表現する肉入れ繍などの特殊な技法があり、撚【よ】りをかけない平糸釜糸)、撚りをかけた撚糸金銀糸などが組み合わせて用いられ多彩な表現が行われる。
 刺繍は、わが国工芸史上重要な地位占めとともに芸術上価値の高い重要な染織技術である。
工芸技術のほかの用語一覧
染織:  かっぺた織  上代植物染  丹波布  刺繍  和裁  唐棧縞  広瀬絣

刺繍

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村北村透谷
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名明治文学

収載図書島崎藤村短編集 第3巻 食後
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


刺繍

作者川本晶子

収載図書太宰治賞 2005
出版社筑摩書房
刊行年月2005.6


刺繍

読み方:シシュウ(shishuu)

作者 林芙美子

初出 昭和10年

ジャンル 随筆


刺繡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 13:41 UTC 版)

刺繡(ししゅう、: Embroidery)とは、布や革の上に刺繡糸と刺繡針を使用して装飾を施す技術。「刺繡する」というように装飾する作業や完成した模様・文字を指すこともある[1]。プリントなどに比べて立体感がある分、製造に手間がかかるため、完成品は高価になる。


  1. ^ 刺繡工房MUJI無印良品(2018年1月25日閲覧)
  2. ^ 仙田秀一「ビーズ刺繡 驕らぬ一針◇父から学んだ手縫いの技 こつこつと伝統工芸の域に◇」『日本経済新聞』朝刊2018年1月19日(文化面)
  3. ^ チャルカ『ハンガリーのかわいい刺しゅう』産業編集センター、2011年、19頁。
  4. ^ goo国語辞書「刺繡糸」


「刺繡」の続きの解説一覧

「刺繍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



刺繍と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

刺繍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刺繍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刺繡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS