あしらいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > あしらいの意味・解説 

あしらい あしらひ [0] [3] 【遇い】

もてなし取り扱い応対。 「客の-が悪い店」 「心に花のある-は口に言葉の仇繁(あだしげ)きより懐(なつ)かしきに/五重塔 露伴
(「配い」とも書く)取り合わせ配合。 「刺身青ジソの-」
(「会釈」とも書く)
囃子(はやし)歌舞伎囃子も含む)演奏上の用語。意味と用法きわめて多様だが,基本概念としては,主奏に対す伴奏が,不即不離比較的自由な関係で適当に見計いつつ伴奏すること。この場合の主奏と伴奏には,演技囃子,謡と囃子狂言囃子,鼓類と笛,小鼓大鼓など,さまざまな場合がある。リズム上の意味合い強く多く拍子合わせない(拍節感を消した)演奏になる。 「物着の-」 「 -打ち」 「 -吹き」
俳諧付合つけあい方法の一。前句の人の衣類食物道具などさらりと案ずる方法。 → 七名八体(しちみようはつたい)

あしらい

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あしらい」の関連用語

あしらいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あしらいの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2019 Weblio RSS