同情とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 同情の意味・解説 

どう‐じょう〔‐ジヤウ〕【同情】

[名](スル)他人身の上になって、その感情ともにすること。特に他人の不幸苦悩を、自分のことのように思いやっていたわること。「同情を寄せる」「同情を引く」「被害者に同情する」


どう‐じょう ‥ジャウ 【同情】

〔名〕

思いや心を同じくすること。また、その思いその人

田氏家集(892頃)中・残春宴集「同情乍会頻回首。一座相看共解頤」

ゆく雲(1895)〈樋口一葉〉上「気の毒に思ひしは我れも他人の手にて育ちし同情(ドウジョウ)を持てばなり」〔漢書‐呉王濞伝〕

人間持っている共通の感情

古学先生文集(17C後頃)一・送浮屠道香師序「夫愛於己而悪於己人之同情也」

③ (━する) 他人気持境遇、特に悲哀や不幸を、その身になって思いやること。かわいそうに思って慰めること。おもいやり

哲学字彙(1881)「Sympathy 同情」

*土(1910)〈長塚節〉一〇「内儀さんは同情していった


バダジェフスカ:同情

英語表記/番号出版情報
バダジェフスカ:同情Sympathie

同情

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第5巻 夜航船おのが縛
出版社八木書店
刊行年月1998.5


同情


同情

作者笹沢左保

収載図書江戸人生論木枯し紋次郎ことわざ漫歩
出版社光文社
刊行年月1999.10
シリーズ名光文社文庫


同情

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書馬場孤蝶
出版社大空
刊行年月2003.3
シリーズ名明治翻訳文学全集


同情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 22:58 UTC 版)

同情(どうじょう)、シンパシー(Sympathy)とは、他者の苦境に対し共感する感情の同一性を指す。




  1. ^ a b 三浦佳世・河原純一郎(編著)『美しさと魅力の心理』 ミネルヴァ書房 2019年、ISBN 978-4-623-08659-7 pp.58-59.


「同情」の続きの解説一覧

同情

出典:『Wiktionary』 (2021/06/16 13:29 UTC 版)

名詞

 どうじょう

  1. 他人苦しみ悲しみに対し、同じ気持ちになったつもりで思いやること。

発音(?)

ど↗ーじょー

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
同情-する

翻訳

動詞



同情と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「同情」の関連用語

同情のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの同情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの同情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS