きもちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > きもちの意味・解説 

き‐もち【気持(ち)】

物事に接したときに心にいだく感情考え方。「気持ちのこもった贈り物」「お気持ちはよくわかります」

ある物事に接したときに生じる心の状態。気分感じ。「気持ちのよい朝」「気持ちの悪い虫

物事に対しての心の持ち方。心がまえ。「気持ちを新たにする」「気持ちを引きしめてかかる」

からだの状態から生じる快・不快の感じ気分。「気持ちが悪く吐き気がする

相手対す感謝の心慶弔の意などを表す語。ふつう謙遜していうときに用いる。「ほんの気持ちですが」「気持ちばかりの品を送ります」

副詞的に用いて)ほんのわずか。「気持ち長めに切る」

[用法] きもち・気分・ここち——「気持ち(気分心地)がよい(悪い)」「すがすがしい気持ち(気分心地)だ」のように、心の状態をいう場合には、相通じて用いられる。◇「気持ち」は心の状態だけでなく、考え方考え内容を表す。「どういうつもりなのか、彼の気持ちがわからない」の場合は、「気分」「心地」は使わない。◇「気分」は快・不快、明・暗などの心身の状態を中心に、「とりとめのない気分」「気分がすぐれない」「お祭り気分」「その場気分敏感察する」など、ひろく漠然とした感じ雰囲気表現にも及ぶ。◇「心地」は、「生きた心地がしない」「天にも上る心地のような慣用表現として、また「住み心地」「乗り心地のような熟語として用いられる。◇「気持ち(心持ち)右を向いください」は、「気持ち」「心持ち」だけの用法である。


きもち

出典:『Wiktionary』 (2019/05/08 21:15 UTC 版)

名詞

きもち(ち)】

  1. 外界変化に応じて内心生ず一時的感覚又は感情思想論理帰結よるものではなく反射的に生ずるものや、考え思想に至る前の未整理感情を言う。心持ち気分
  2. 身体感じ不快感覚
  3. 理性統御できない感情、特に恋愛に関するもの。
  4. 情。こころ。念。
  5. 挨拶贈物などを謙遜していう婉曲語。心遣い
  6. 副詞的に)少し

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きもち」の関連用語

きもちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きもちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきもち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS