熟語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 熟語の意味・解説 

熟語

読み方:じゅくご

熟語とは、熟語の意味

熟語とは、2つ以上の単語もしくは2つ以上の漢字結合してできた単語のことである。熟語の「熟」には「果物成熟した様子」「食べ物がよく煮込まれた様子」という意味があり、「語」には「言葉」という意味がある。熟語は、「複数言葉巷で頻繁に同時に使われることで、こなれた結果できた言葉」という意味を含んでいる。熟語を英語で表すと「Kanji compound」や「idiomatic phrase」に相当する。

熟語の構成はいくつかのパターン存在する。特に漢字のみで構成される熟語に多く見られるパターンが、「似た意味の漢字ペアにしたパターン」と、「逆の意味の漢字ペアにしたパターン」である。似た意味のペアから成る熟語の例としては「美麗」「寒冷」「重厚」などが挙げられる。逆の意味の漢字ペアから成る熟語の例としては「男女」「高低」「美醜」などが挙げられる。

その他の熟語の構成パターンとしては、一方単語が他の単語修飾する構成のものである。例としては「初雪」「青りんご」「シロクマ」などがある。

じゅく‐ご【熟語】

2字またはそれ以上の漢字で書かれる漢語熟字。「幸福」「美女」など。

二つまたはそれ以上の単語が合わさって、一つ単語として用いられるようになったもの。複合語合成語

慣用によって、特定の意味に用いられるようになった語句慣用句成句イディオム。「気が抜ける」「油を売る」などの類。


熟語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/20 04:31 UTC 版)

熟語(じゅくご)とは、複数の形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語である。この用語は文脈によって定義付けが少しずつ異なる。


  1. ^ 『漢字百科大事典』明治書院、1996年1月、90頁。
  2. ^ 『言語学大辞典』第6巻、三省堂、1996年1月、51-53頁。
  3. ^ 小池直己、佐藤誠司 『中学英語を5日間でやり直す本 〈パワーアップ編〉』PHP研究所、2005年3月、92-93頁。
  4. ^ 国立情報学研究所「オンライン学術用語集」 2011年1月19日閲覧。
  5. ^ 『日本国語大辞典』第6巻、小学館、2001年5月、第二版。
  6. ^ 『中日大辞典』 愛知大学中日大辞典編纂処、大修館書店、1987年2月、増訂第二版
  7. ^ 『類語大辞典』講談社、2002年11月。
  8. ^ 『ベネッセ表現・読解国語辞典』ベネッセコーポレーション、2003年5月。
  9. ^ 『小学館日本語新辞典』小学館、2004年11月。
  10. ^ 高島俊男 『ちょっとヘンだぞ四字熟語』文藝春秋、2009年3月、12-14頁。


「熟語」の続きの解説一覧

熟語

出典:『Wiktionary』 (2018/08/08 01:00 UTC 版)

名詞

じゅくご

  1. 特定の意味に慣用される語句。特にことわざ格言の類を指すが多い。
  2. 語の結合複合のうち、固定的なもの。
    1. 固定的漢字結合熟字、駢字とも。
    2. つきあかり」(月明かり)、「うみかぜ」(海風)のような和語同士複合語、あるいは「場所」(ばショ)、「夕刊」(ゆうカン)のような和語漢語複合語も熟語とみなすことがある
  3. 言語学idiom訳語慣用語慣用句成句とも。

語源

関連語

翻訳




熟語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熟語」の関連用語

熟語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



熟語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熟語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの熟語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS