玩具とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 玩具 > 玩具の意味・解説 

お‐もちゃ【玩具】

読み方:おもちゃ

《「もちゃ」は「もちあそび(持遊)」から》

子供手に持って遊べるように作ってあるもの。がんぐ。

慰みのためにもてあそばれる人や物。


がん‐ぐ〔グワン‐〕【玩具/×翫具】

読み方:がんぐ

遊び道具おもちゃ。「郷土—」

[補説] 書名別項。→玩具


がんぐ〔グワング〕【玩具】

読み方:がんぐ

津村節子短編小説昭和40年(1965)発表同年第53回芥川賞受賞


玩具

読み方:ガング(gangu)

子供持って遊ぶもの


がんぐ 【玩具】

柳田国男は『こども風土記』で「悉く子どもの遊び神様祭りから出ている」といっているが、これは世界共通の事象であり、玩具は宗教産物であった古代エジプト時代墳墓から出土する人形動物ミニチュアなど、多く大人宗教的な目的によって作られたものであるボールヨーロッパで神の形でもあった。一八世紀中頃からクリスマス-ツリー飾り物に玩具がつるされ、玩具遊び盛んになった。日本でもおかめ・ひょっとこ天狗などの面は神祭関係するものであり、鈴・笛・太鼓犬張子などもそうだ。「たこ」は中国からの渡来と考えられるが、昔はこれをあげて農作吉凶占った人形発生信仰に起因している。日本では昔は手遊び」「持ち遊び」といったが(玩具は日露戦争後の称)、漢語には玩器・玩戯の語があり、英語toyにも遊び・戯れ意がある。→ 人形

玩具

作者松原千鶴

収載図書金魚の部屋
出版社日本図刊行
刊行年月1986.9
シリーズ名トレビ文庫


玩具

作者我孫子晴美

収載図書掌編コンクール傑作集 2 蓮池
出版社角川書店
刊行年月1986.12
シリーズ名角川文庫


玩具

作者太宰治

収載図書太宰治全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1989.6

収載図書太宰治全集 2 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1998.5

収載図書晩年 118改版
出版社新潮社
刊行年月2005.10
シリーズ名新潮文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


玩具

作者津村節子

収載図書津村節子自選作品集 1
出版社岩波書店
刊行年月2005.1


玩具

作者友成純一

収載図書アート偏愛異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2005.12
シリーズ名光文社文庫


玩具

作者小檜山博

収載図書小檜山博全集 第2巻(小説2)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


玩具

読み方:ガング(gangu)

作者 太宰治

初出 昭和10年

ジャンル 小説


玩具

読み方:ガング(gangu)

作者 津村節子

初出 昭和40年

ジャンル 小説


玩具

読み方:ガング(gangu)

作者 原民喜

初出 昭和10年

ジャンル コント


玩具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 22:36 UTC 版)

玩具(がんぐ、おもちゃ[2]: toy)は、遊びに用いる対象物・道具のことであり、遊び道具とも呼称される[2]翫具とも書く[3]。おもちゃの語源平安時代の「手に持って遊ぶ」行為である「もて(もち)あそぶもの」であり、これが室町時代に省略と接頭語の添付を経て生まれた。漢字の「玩具」も同じ意味を表現して成り立った[4][2- 1]英語の「toy」という単語の発祥はわかっていないが、少なくとも14世紀頃には用いられていた[5]


注釈

  1. ^ Channapatna City” (英語). City Municipal Council Channapatna. 2011年1月30日閲覧。
  2. ^ a b 【玩具(おもちゃ)】” (日本語). weblio類語辞典 (2008年3月). 2011年1月30日閲覧。
  3. ^ がんぐ【玩具/翫具】の意味” (日本語). Goo辞書. 2011年1月30日閲覧。
  4. ^ a b おもちゃとは” (日本語). 日本玩具文化財団. 2011年1月30日閲覧。
  5. ^ Definition of "toy"” (英語). etymonline.com. 2011年1月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e 倉橋 (1935)、pp.1-5、玩具教育篇 第一篇第一章第一節 子供の遊びと玩具
  7. ^ 倉橋 (1935)、pp.5-8、玩具教育篇 第一篇第一章第二節 子供の遊びの特性
  8. ^ 倉橋 (1935)、pp.8-13、玩具教育篇 第一篇第一章第三節 子供の遊びの本質
  9. ^ 松原幹 (2008年3月). “ゴリラの遊び行動における環境的・社会的影響に関する研究” (日本語). 京都大学霊長類研究所. 2011年1月14日閲覧。
  10. ^ Don White. “Mystery of the Silver Rings” (英語). Earthtrust. 2011年1月14日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.272-278、玩具文化小史
  12. ^ 坂元章. “玩具としてのロボットと子供の社会的発達‐来るべき悪影響論に対して‐” (日本語). お茶の水女子大学大学院人間文化研究科、日本ロボット学会誌,18(2), 167-172, 2000. 2011年1月30日閲覧。
  13. ^ Daily Life in Ancient India, including the mysterious Indus Valley Civilization” (英語). MrDonn.org. 2011年1月15日閲覧。
  14. ^ ガストン・マスペロ. Manual of Egyptian Archaeology and Guide to the Study of Antiquities in Egypt. Project Gutenberg. http://www.gutenberg.org/etext/14400 
  15. ^ Powell, Barry B. (2001). Classical Myth; Third Edition. Upper Saddle River, NJ: Prentice Hall. pp. 33-34. ISBN 0-13-088442-1 
  16. ^ Oliver, Valerie (1996年). “History Of The Yo-Yo”. Spintastics Skill Toys, Inc.. 2011年1月14日閲覧。
  17. ^ 斎藤 (1997)、日本の郷土玩具‐その歩みと系譜‐、pp.20-22、庶民玩具
  18. ^ からくりおもちゃの復元” (日本語). 奈良大学史学科. 2016年1月20日閲覧。
  19. ^ The first doll who talked was created in early 1800s” (英語). Reading Eagle/Reading Times (2001年3月22日). 2011年1月14日閲覧。
  20. ^ おもちゃの歴史” (日本語). 日本玩具文化財団. 2011年1月30日閲覧。
  21. ^ マスコミ玩具 (おもちゃ博物館) 多田敏捷、Amazon.co.jp。
  22. ^ 角田巌. “子どものメディア文化の回 (PDF)” (日本語). 文教大学. 2011年1月30日閲覧。
  23. ^ 荒川志津代. “子ども世界への情報化社会の影響 (PDF)” (日本語). 名古屋女子大学. 2011年1月30日閲覧。
  24. ^ “World in their hands”. Melbourne: The Age. (2007年3月26日). http://www.theage.com.au/news/technology/world-in-their-hands/2007/03/24/1174597945762.html?page=fullpage#contentSwap2 
  25. ^ On the invention of silly putty” (英語). マサチューセッツ工科大学. 2011年1月14日閲覧。
  26. ^ ジェーン・ツイミー. “世界と日本の玩具市場を語る” (日本語). 週間玩具通信. 2011年1月30日閲覧。
  27. ^ a b Tsuruoka, Doug (2007-01-05). “Toys: Not All Fun And Games”. Investor's Business Daily. 
  28. ^ a b c こどもの成長とおもちゃ” (日本語). 社団法人日本玩具協会. 2011年1月30日閲覧。
  29. ^ Ucci, Mary (April 2006). “Playdough: 50 Years' Old, And Still Gooey, Fun, And Educational”. Child Health Alert 24. 
  30. ^ 石崎俊 (2010年). “認知科学と知育のデザイン‐乳幼児の行動から学ぶ、知能的発達のメカニズムの解明と応用‐” (日本語). 慶応義塾大学環境情報学部. 2011年1月14日閲覧。
  31. ^ 2008年度玩具市場規模調査結果データ(主要10分野)テレビゲーム関連を除く” (日本語). 社団法人日本玩具協会. 2011年1月30日閲覧。
  32. ^ a b c 倉橋 (1935)、pp.16-26、玩具教育篇 第一篇第二章第二節 子供の遊びの真相 1.感覚器官の遊戯的活動
  33. ^ 坂本敦史, 中野明徳「痴呆性高齢者に対する回想法的アプローチ」『福島大学教育実践研究紀要』第42号、福島大学教育学部附属教育実践総合センター、2002年、 55-62頁、2011年1月14日閲覧。
  34. ^ 若松秀俊、大久保順司、高原健爾、小宮山実、兎東俊、一瀬邦弘、田中邦明、横田則夫、東郷清児「軽度の地方性老人の精神機能回復訓練とその評価‐幼児用コンピュータゲームを用いて‐ (PDF) 」、東京医科歯科大学生体機能支援システム学、2011年1月14日閲覧。
  35. ^ Caldera, Yvonne M.; Aletha C. Huston, Marion O'Brien (1989-02). “Social Interactions and Play Patterns of Parents and Toddlers with Feminine, Masculine, and Neutral Toys”. Child Development 60 (1): 70-76. doi:10.2307/1131072. PMID 2702876. http://links.jstor.org/sici?sici=0009-3920(198902)60%3A1%3C70%3ASIAPPO%3E2.0.CO%3B2-F#abstract 2006年10月25日閲覧。. 
  36. ^ 玩具業界統一商品分類コードハンドブック (PDF)” (日本語). 社団法人日本玩具協会. 2011年1月30日閲覧。
  37. ^ 森下みさ子. “児童文化講義・おもちゃ論” (日本語). 白百合女子大学. 2011年1月30日閲覧。
  38. ^ a b 倉橋 (1935)、pp.57-63、玩具教育篇 第二篇一 ながめ玩具
  39. ^ a b 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.281-282、古代から息づく音の玩具-ガラガラ
  40. ^ 暫定出典楽天市場:赤ちゃんのおもちゃ
  41. ^ 倉橋 (1935)、pp.63-67、玩具教育篇 第二篇二 がらがら
  42. ^ 倉橋 (1935)、pp.67-、玩具教育篇 第二篇三 おきあがり
  43. ^ a b c d 倉橋 (1935)、pp.83-91、玩具教育篇 第二篇七 動物玩具及人形
  44. ^ 倉橋 (1935)、pp.69-73、玩具教育篇 第二篇四 ぜんまいもの
  45. ^ 倉橋 (1935)、pp.92-108、玩具教育篇 第二篇八 人形の種々相
  46. ^ a b 多田 (1990)、生活に根差す玩具、pp.268-269、人形の玩具
  47. ^ a b Karl Hils, The Toy - Its Value, Construction and Use, Edmund Ward Ltd., London, 1959.
  48. ^ a b 倉橋 (1935)、pp.108-132、玩具教育篇 第二篇九 自動車・電車・汽車・飛行機
  49. ^ 倉橋 (1935)、pp.73-80、玩具教育篇 第二篇五 音響玩具
  50. ^ 倉橋 (1935)、pp.164-169、玩具教育篇 第二篇一四 練習玩具
  51. ^ a b 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.282-284、庶民と宮廷文化で回り続けた独楽
  52. ^ 倉橋 (1935)、pp.169-、玩具教育篇 第二篇一五 工夫遊び
  53. ^ a b 倉橋 (1935)、pp.140-152、玩具教育篇 第二篇一一 勝負ごと
  54. ^ Sebbane, Michael (2001). “Board Games from Canaan in the Early and Intermediate Bronze Ages and the Origin of the Egyptian Senet Game”. Tel Aviv 28 (2): 213–230. doi:10.1179/tav.2001.2001.2.213. 
  55. ^ Piccione, Peter A.. “In search of the meaning of Senet”. Games Museum. University of Waterloo. 2008年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月2日閲覧。
  56. ^ 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.287-290、裸でつきあえる盤ゲーム
  57. ^ a b 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.278-279、人類始まって以来の素材史-ボール
  58. ^ a b 倉橋 (1935)、pp.152-156、玩具教育篇 第二篇十二 ボール・ゲーム
  59. ^ 多田 (1990)、世界の玩具文化史、pp.279-281、男の子の健康のシンボル-木馬
  60. ^ 倉橋 (1935)、pp.156-、玩具教育篇 第二篇十三 模倣遊び玩具
  61. ^ 倉橋 (1935)、pp.132-140、玩具教育篇 第二篇一〇 戦争玩具
  62. ^ a b c d e f 玩具・ゲーム類 (PDF)” (日本語). 日本アセアンセンター. 2011年1月30日閲覧。
  63. ^ 斎藤 (1997)、日本の郷土玩具‐その歩みと系譜‐、pp.22-24、おとなの玩具
  64. ^ 斎藤 (1997)、日本の郷土玩具‐その歩みと系譜‐、pp.24-26、「大供玩具」趣味
  65. ^ Brown, Patricia Leigh (1995年4月23日). “New Auction Gems: Common Folks; Venerable Houses Woo Unstuffy Buyers With Unstuffy Stuff”. The New York Times: p. 37. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F6061EF93B5D0C708EDDAD0894DD494D81 2006年10月11日閲覧。 
  66. ^ SG制度のねらい” (日本語). 製品安全協会. 2011年1月30日閲覧。
  67. ^ STマークについて” (日本語). 日本玩具協会. 2011年1月30日閲覧。
  68. ^ 萩原愛一. “【EU】玩具の安全性に関する新しい指令の採択 (PDF)” (日本語). 国立国会図書館及び立法考査局. 2011年1月30日閲覧。
  69. ^ Barboza, David (2007年9月11日). “Why Lead in Toy Paint? It's Cheaper”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/09/11/business/worldbusiness/11lead.html 2010年3月28日閲覧。 
  70. ^ Goodwill donation guidelines” (英語). グッドウィル・インダストリーズ. 2011年1月14日閲覧。
  71. ^ Eckelbecker, Lisa (2007年11月15日). “Santa helpers deal with toy recalls; Charities must scrutinize gifts” (英語). Worcester Telegram & Gazette. http://www.telegram.com/article/20071115/NEWS/711150727/1116 2011年1月14日閲覧。 
  72. ^ Information about the Weee Directive” (英語). Internet Archive Wayback Machine. 2011年1月14日閲覧。
  73. ^ 現代玩具博物館
  74. ^ 有馬玩具博物館
  75. ^ 東京おもちゃ美術館
  76. ^ 日本玩具博物館
  77. ^ 壬生町おもちゃ博物館
  78. ^ 和倉昭和博物館とおもちゃ館
  79. ^ おもちゃのまちバンダイミュージアム
  80. ^ 玩具関連施設リンク” (日本語). 日本玩具協会. 2013年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月30日閲覧。
  81. ^ 香港国際玩具博物館

出典

  1. ^ 斎藤良輔『おもちゃ博物誌』、1989年、ISBN 978-4882900054



玩具(野村トーイ時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 01:01 UTC 版)

ハズブロ」の記事における「玩具(野村トーイ時代)」の解説

カメレオンの舌 うなぎ小僧つるべえ おさんぽダッキー - 事業引き継いだタカラトミーから、しゃべるぬいぐるみおしゃべりダッキー」でネーミング復活。ただし歩行はしないくねくねむしむし コロポンゲーム バケツおじさん コマンドマックス

※この「玩具(野村トーイ時代)」の解説は、「ハズブロ」の解説の一部です。
「玩具(野村トーイ時代)」を含む「ハズブロ」の記事については、「ハズブロ」の概要を参照ください。


玩具(おもちゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 00:04 UTC 版)

家畜運搬車」の記事における「玩具(おもちゃ)」の解説

タカラトミーよりロングタイプトミカ No.139 家畜運搬車としてミニカー販売されている。

※この「玩具(おもちゃ)」の解説は、「家畜運搬車」の解説の一部です。
「玩具(おもちゃ)」を含む「家畜運搬車」の記事については、「家畜運搬車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「玩具」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

玩具

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:38 UTC 版)

名詞

がんぐ, おもちゃ

  1. 手に持って遊べるように作られてある道具

発音(?)

お↗も↘ちゃが↘んぐ

語源

翻訳

関連語


「玩具」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



玩具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



玩具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの玩具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハズブロ (改訂履歴)、家畜運搬車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの玩具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS