ぬいぐるみとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > ぬいぐるみの意味・解説 

ぬい ぐるみ ぬひ- [0] 【縫い包み】

中に物を入れ,包み込むように周囲を縫ったもの。特に,綿などを中に詰め動物人形をかたどった玩具をいう。 「 -の熊」
芝居で,俳優動物などの役をするときに着る特殊な衣装

ぬいぐるみ

作者川又千秋

収載図書あなたはしにました
出版社新潮社
刊行年月1987.12
シリーズ名新潮文庫


ぬいぐるみ

作者川本三郎

収載図書青のクレヨン
出版社河出書房新社
刊行年月1999.10


ぬいぐるみ

作者さろ

収載図書
出版社龍介&さろ
刊行年月2002.3


ぬいぐるみ

作者角田光代

収載図書Presents
出版社双葉社
刊行年月2005.11

収載図書Presents
出版社双葉社
刊行年月2008.11
シリーズ名双葉文庫


縫括み

読み方:ぬいぐるみ

  1. などの拵へ物。床下の鼠は鼠木綿(ねづみもめん)で作り白狐(びやくこ)は白木綿又は白ネルなどで作り頭からかぶる。〔歌舞伎
  2. 鼠、、虎、馬等の形をして、その内へ人間が這入つて舞台使用するもの。
  3. 〔演〕布で動物の形をつくつたもの、その中に人が入つて動物動作をする。

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ぬいぐるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/09 01:05 UTC 版)

ぬいぐるみ(縫い包み)とは、


  1. ^ 大辞泉』では「平成初年度頃からの用語」としている。デジタル大辞泉『着包み』 - コトバンク
  2. ^ 湯川弘明、「縫いぐるみ」 『最新 歌舞伎大事典』 柏書房、2012年7月25日、96頁。ISBN 978-4-7601-4148-7 
  3. ^ 『怪獣人生』(中島春雄、洋泉社)、『ウルトラマンになった男』(古谷敏、小学館)
  4. ^ 『大ゴジラ図鑑』(ホビージャパン)
  5. ^ 『ずっと怪獣が好きだった』(岩波書店、2005年)


「ぬいぐるみ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぬいぐるみ」の関連用語

ぬいぐるみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぬいぐるみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのぬいぐるみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS