椅子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 椅子 > 椅子の意味・解説 

い す [0] 【椅子】

〔「す」は唐音
腰をかける道具。腰かけ。 → 倚子いし
官職などの地位ポスト。 「大臣の-」

い し [0] 【倚子】

〔「し」は漢音禅宗渡来以後唐音で「いす」といい、多く「椅子」と書くようになった
中国伝来座具。座部は四角形四本の足がつき、鳥居形の背と勾欄こうらん)形のひじ掛けがあり、敷物を敷いて用いた。天皇高官公卿使用


椅子

読み方:イスisu

腰をかける道具


椅子

読み方:イシishi

官職などの地位

別名 倚子


椅子

作者井上光晴

収載図書大胆な生活
出版社岩波書店
刊行年月1986.5


椅子

作者シオン

収載図書四つ葉のクローバー
出版社日本文学館
刊行年月2007.12


椅子

作者林守

収載図書おやじの背中短編小説
出版社徳孤書房
刊行年月2007.12


椅子

作者星新一

収載図書ゆきとどいた生活
出版社理論社
刊行年月2008.12
シリーズ名星新一YAセレクション


椅子(セレナーデは、かぐや姫)

作者北川

収載図書組曲―めぐり来る夏のために
出版社近代文芸社
刊行年月1998.10


椅子

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 18 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.5

収載図書岬にての物語 20改版
出版社新潮社
刊行年月2005.12
シリーズ名新潮文庫


椅子

作者ロジャー・ロングリッグ

収載図書現代イギリス・ミステリ傑作集 2
出版社早川書房
刊行年月1988.1
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


椅子

作者勝目梓

収載図書禁断の宴
出版社講談社
刊行年月1996.11
シリーズ名講談社文庫


椅子

作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


椅子

作者黒井千次

収載図書戦後短篇小説再発見 17 組織個人
出版社講談社
刊行年月2003.12
シリーズ名講談社文芸文庫


椅子

作者日影丈吉

収載図書日影丈吉全集 8
出版社国書刊行会
刊行年月2004.10


椅子

作者望月玲子

収載図書LOVE ENDOROLL 恋愛怪綺譚集
出版社講談社
刊行年月2005.2


椅子

作者新田友香

収載図書ねこがこたつで...
出版社日本文学館
刊行年月2005.12


椅子

読み方:いす

  1. 地位のことをいふ。その地位の椅子に坐をしめるから言つたものである
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

椅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 06:47 UTC 版)

椅子(いす)とは、座るため(座姿勢)に使用する道具の総称[1]


注釈

  1. ^ なお、≪寝る≫に対応する道具がベッド(や布団)である。
  2. ^ なお、(それに対して)自転車サドルなど、物にまたがった姿勢は「跨座(こざ)」と呼ぶ。
  3. ^ 部分・部品(パーツ)の名称には「背もたれ」「肘掛け」「脚」などがある。ダイニングチェアではパーツ名が細分類される場合がある (出典:ダイニングチェアのパーツと名称:家具 選び方のPOINT - しあわせホーム.com)
  4. ^ 中国語においては、背もたれの有無によって「(椅子)」と「(凳子)」に明確に区分されるという[8]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 山内陸平「椅子と掛心地 : 人間工学的側面の多様性」『人間工学』第21巻第5号、日本人間工学会、1985年、 233-238頁、 doi:10.5100/jje.21.2332020年5月26日閲覧。
  2. ^ Oxford Dictionary, "seat".[1]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小学館『スーパーニッポニカ』「椅子」
  4. ^ 広辞苑第六版「椅子」
  5. ^ 意匠分類定義カード(D7)意匠番号D7-200 特許庁
  6. ^ a b c d e f g 意匠分類定義カード(D7) 特許庁
  7. ^ a b c d 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  8. ^ 背もたれがなければ“椅子”とは呼ばない - 2006/06/14(水) 14:48:01 [サーチナ]
  9. ^ a b c d e 浅田晴之, 内田和彦, 渡辺秀俊, 小原二郎「体に合った椅子をさぐる」『日本人間工学会大会講演集』48spl日本人間工学会第53回大会、日本人間工学会、2012年、 312-313頁、 doi:10.14874/jergo.48spl.0.312.02020年5月28日閲覧。
  10. ^ 英語版の Stool (seat) を参照。
  11. ^ 英語版の Bar stool を参照。
  12. ^ : reclining
  13. ^ http://ejje.weblio.jp/content/sofa (研究社 新英和中辞典)
  14. ^ 「ノルウェーのデザイン―美しい風土と優れた家具・インテリア・グラフィックデザイン」 p.164-165(島崎信) ISBN 978-4416607251
  15. ^ 鍵和田務『椅子のフォークロア』柴田書店、1977年。28-29頁。
  16. ^ a b 矢田部英正『椅子と日本人のからだ』 晶文社 2004年 ISBN 4794965966 pp.61-67.
  17. ^ 生活騒音シリーズ「住宅機器・設備編」 - 横浜市 環境創造局
  18. ^ Q:中古のテニスボールを教室の机や椅子の脚に使用しているのですが。 - 山口県学校薬剤師会


「椅子」の続きの解説一覧

椅子

出典:『Wiktionary』 (2019/07/10 00:35 UTC 版)

名詞

(いす)

  1. 座るための
  2. 社会的地位比喩

発音

いす
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

語源

翻訳

座るための台
社会的地位

関連語




椅子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「椅子」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
肘掛椅子 国語辞典
94% |||||

6
94% |||||

7
90% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



椅子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの椅子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの椅子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS