布団とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 布団 > 布団の意味・解説 

ふ‐とん【布団/×蒲団】

読み方:ふとん

《「ふ()」「とん(団)」は唐音。「布」は「」に当てた字》

布地縫い合わせ中に綿・羽毛などを入れた寝具敷き布団掛け布団など。「―を敷く」「―を上げる」「煎餅(せんべい)―」《 冬》「―着て寝たる姿や東山嵐雪

座禅などで座るときに用い(がま)の編んだ円形のもの。

[補説] 書名別項。→蒲団


ふとん【蒲団/FUTON】

読み方:ふとん

[一](蒲団)田山花袋小説明治40年(1907)発表中年作家竹中が、美貌弟子芳子寄せる恋と嫉妬(しっと)の思い赤裸々に描く。最初の私小説とされ、その後自然主義文学大きな影響与えた

[二]FUTON中島京子長編小説平成15年2003刊行[一]題材とする、著者デビュー作品


布団

読み方:フトンfuton

体にひいたり上にかけたりするのに綿等をつめ布でおおったもの


布団

読み方:ふとん

  1. 油揚豆腐を云ふ。
  2. 油揚豆腐をいう。形の似たところより。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

布団

読み方:フトンfuton

布を外被にして、なかに綿・鳥の羽などをつめた寝具

季節

分類 人事


布団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 02:39 UTC 版)

布団(ふとん)は日本で広く用いられる寝具のひとつ。ベッドの上に敷いて、睡眠時に用いる。ベッドと違い収納することができる。主に、人が上に横たわるための敷き布団(しきぶとん)と、人の上に被せる掛け布団(かけぶとん) に分けられる。


注釈

  1. ^ 近年では、一定の圧迫感(圧迫刺激)によって安心感を得る感覚過敏の子どもなどのために、ガラスペレットなどで敢えて重量を増した(加重毛布英語版)も販売されており、一般向けの安眠グッズにもなっている。
  2. ^ 和裁においては、布団をはじめ、座布団や綿入れ半纏など、綿入りのもの全般を仕立てる技術も必須とされていた。

出典

  1. ^ ふとんの歴史、布団の歴史、昔のふとん”. 渡辺寝具. 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ 寝具の歴史”. ねむりくらし研究所 (2015年1月25日). 2020年12月23日閲覧。
  3. ^ NHKあさイチ』2011年10月18日放送回ほか、『名作ホスピタル』など複数の番組で紹介
  4. ^ 布団乾燥機のおすすめ人気比較ランキング15選【ダニ退治には効果的?】”. タスクルヒカク | 暮らしのおすすめサービス比較サイト. 2019年12月26日閲覧。
  5. ^ 新潟県立植物園 「NHK新潟ラジオセンター「朝の随想」セレクション ゼンマイ綿と栃尾手まり(11月17日放送)
  6. ^ JIS L 4403:2000日本産業標準調査会経済産業省
  7. ^ 過敏性肺炎 MSDマニュアル プロフェッショナル版
  8. ^ 稲瀬直彦、過敏性肺炎の最近の動向 日本内科学会雑誌 105巻 (2016) 6号 p.991-996, doi:10.2169/naika.105.991
  9. ^ その難治性肺炎、ダウンジャケットが原因かも 日経メディカルオンライン 記事:2016年10月21日
  10. ^ 長坂行雄、「咳嗽の診療」 呼吸と循環 64巻 5号, p.479-484, 2016/5/15, doi:10.11477/mf.1404205957



布団(ふとん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 14:01 UTC 版)

もののて」の記事における「布団(ふとん)」の解説

一財産お金持ちだけが持っていた。

※この「布団(ふとん)」の解説は、「もののて」の解説の一部です。
「布団(ふとん)」を含む「もののて」の記事については、「もののて」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「布団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

布団

出典:『Wiktionary』 (2021/09/06 11:21 UTC 版)

名詞

(ふとん)

  1. 布地縫い合わせ中に綿・羽毛などを入れた日本韓国中国などで広く用いられる寝具。冬の季語
  2. 座禅などで座るときに用いる編んだ丸い敷物蒲団。ほたん。

発音(?)

ふ↗とん


翻訳

関連語


「布団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



布団と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「布団」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
98% |||||

布団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



布団のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの布団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのもののて (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの布団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS