幕末とは?

ばく‐まつ【幕末】

江戸幕府末期安政元年(1854)の日米和親条約締結による開国から、慶応3年(1867)の大政奉還による政権移譲まで、またはそれに至る3040年間をいう。


ばく‐まつ【幕末】

〔名〕 幕府末期。特に徳川幕府末期

福翁自伝(1899)〈福沢諭吉王政維新所謂幕末(バクマツ)の形勢で、迚も本式戦争などの出来人気でなかった」


幕末

原題:
製作国:日本
製作年:1970
配給:東宝
スタッフ
監督:伊藤大輔 イトウダイスケ
製作:小川衿一郎 
脚本:伊藤大輔 イトウダイスケ
撮影:山田一夫 ヤマダカズオ
音楽:佐藤勝 サトウマサル
美術:伊藤寿一 イトウジュイチ伊藤壽一
編集:阿良木佳弘 アラキヨシヒロ
録音:野津裕男 
スクリプター:鈴木一成 
照明:中山治雄 ナカヤマハルオ
キャスト(役名
中村錦之助 ナカムラキンノスケ (坂本竜馬
三船敏郎 ミフネトシロウ (後藤象二郎
仲代達矢 ナカダイタツヤ (中岡慎太郎
吉永小百合 ヨシナガサユリ (お良)
仲谷昇 ナカヤノボル (武市半平太
中村賀津雄 ナカムラカツオ中村嘉葎雄 (近藤長次郎
松山英太郎 マツヤマエイタロウ (新宮馬之助
神山繁 コウヤマシゲル (勝海舟
御木本伸介 ミキモトシンスケ (桂小五郎
小林桂樹 コバヤシケイジュ (西郷吉之助
片山明彦 カタヤマアキヒコ (中平寅之助)
二木てるみ ニキテルミ (中平三和
山形勲 ヤマガタイサオ (山田広衛)
長島隆一 ナガシマリュウイチ (池上多聞
大里健太郎  (嶋右之助)
青山宏 アオヤマヒロシ (弁斉)
新田昌玄 ニッタショウゲン (沢木将司
山本学 ヤマモトガク山本學 (千左右吉)
奥田情 オクダジョウ (志田秀躬)
田中浩 タナカヒロシ (出石喜助
福本勇 フクモトイサム (城戸次郎
神木真一郎  (新見衛)
橋本仙三 ハシモトセンゾウ (安岡金馬
太田博之 オオタヒロユキ (三神太郎次
尾形伸之介 オガタシンノスケ (千葉重太郎
植田多葉子  (才女万里
天田俊明 アマダトシアキ (品川弥次郎
浅若芳太郎 アサワカヨシタロウ (牟田
安田隆 ヤスダタカシ (朽尾)
成合晃  (幾久
江原真二郎 エバラシンジロウ (三吉慎造)
大辻伺郎 オオツジシロウ (四十吉)
保積ペペ ホヅミペペ (佐市)
江利チエミ エリチエミ (小
緋多景子  (於福
高野宏美 タカノヒロミ (おちよ)
渡辺篤史 ワタナベアツシ (士官))
沢井三郎 サワイサブロウ (布施市之丞)
中村時之介 ナカムラトキノスケ (伊東甲子太郎
香川良介 カガワリョウスケ (藤吉
香川桂子 カガワケイコ (乙女
解説
徳川家康」の伊藤大輔脚本監督した歴史もの。撮影は「新選組(1969)」の山田一夫
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ある雨の日、不自由な足に下駄引摺った一人小商人が藩の上士・山田にぶつかり無礼討ちされた。土佐藩では士分以外に下駄禁制下士中平怪我人下駄雨傘与えた親切があだとなり、「御法度破りの同類」として山田のために討ち果たされた。この一件烈しく坂本竜馬心魂揺ぶり故郷の土佐を脱藩させた。江戸訪れ竜馬は、かつて剣の腕を磨いた千葉道場落着いた千葉時の幕府海軍奉行勝海舟開国論者の先鋒とみて、嫌っていた。しかし、竜馬は海舟を邸に訪ね立場こそ違え互に国を愛し、国を憂うる心に違いないことを知った。ちょうど、勤王倒幕雄藩薩・長二藩の主導権争い激しき折りだった。慶応元年竜馬長崎に「社中」を創設海運業乗りだした。だが、竜馬海運業携わるよりも、中岡と共に薩・長二藩連合のために奔走する方が多かった。その留守預る近藤が「社中規約違反の廉で詰腹を切らされ、中岡同志ケチ差別根性嚇怒した。同正月二十日竜馬長州薩摩西郷との間を周旋して、ついに両藩積年確執反目解消させた。だが、それと同時に竜馬幕吏に狙われるところとなり、お良と結婚したもの安住の地はなかった。が、幕威に比し薩・長二藩の実力伸長していた。この現実周章したのは公武合体論の士佐藩だった。土佐藩家老後藤象二郎竜馬助言求めた。竜馬は「将軍慶喜をして大政奉還せしめる」ことを説いた。慶応三年十月十五日朝廷勅して大政奉還請願を許す”その頃竜馬河原町通り醤油商・近江屋下宿十一月十五日風邪見舞に来た中岡竜馬は「新政府綱領八策」について議論した。刺客疾風如く躍り込りこんで、二人生命を奪い去ったのは、その最中だった。時に竜馬三十三歳中岡三十歳であった。

幕末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 03:18 UTC 版)

幕末ばくまつは、日本の歴史のうち、江戸幕府政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航1853年)から戊辰戦争1868年)までの時代を主に扱う。


  1. ^ 同日、久里浜浦賀奉行以下60人が大筒ボンベン・モルチール砲の砲撃訓練をしていた。訓練は三日目に入っていた。夕方、異国船4隻が沖合を通り過ぎ、浦賀沖に投錨した。そのうち2隻が蒸気軍艦であった。(井上勝生『幕末・維新』シリーズ日本近現代史① 岩波書店 〈岩波新書1042〉 2006年 2ページ)
  2. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、25-27頁。
  3. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、28-31頁。
  4. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、37-40頁。
  5. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、36-37頁。
  6. ^ 関良基「”不平等”ではなかった日米修好通商条約」『日本を開国させた男、松平忠固 近代日本の礎を築いた老中』作品社、2020年。
  7. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、50-52頁。
  8. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、51-52頁。
  9. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、58頁。
  10. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、59頁。
  11. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、59-60頁。
  12. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、60頁。
  13. ^ a b c 安政の大獄とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  14. ^ 飯泉喜内とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  15. ^ 小林良典とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  16. ^ 日下部伊三次とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  17. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、62頁。
  18. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、91頁。
  19. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、92頁。
  20. ^ 『もういちど読む山川日本近代史』鳥海靖
  21. ^ ロシア軍艦対馬占領事件とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  22. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、93-94頁。
  23. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、86-87頁。
  24. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、82-83頁。
  25. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、83-84頁。
  26. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、104-105頁。
  27. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、94-95頁。
  28. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、95-97頁。
  29. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、105-106頁。
  30. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、106頁。
  31. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、98頁。
  32. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、100頁。
  33. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、108頁。
  34. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、107頁。
  35. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、97-98頁。
  36. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、58-61頁。
  37. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、99頁。
  38. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、66-68頁。
  39. ^ 一坂太郎『暗殺の幕末維新史』中央公論新社、2020年、106-108頁。
  40. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、102頁。
  41. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、119-120頁。
  42. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、112-113頁。
  43. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、114-115頁。
  44. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、116-119頁。
  45. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、121-122頁。
  46. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、122-123頁。
  47. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、125-128頁。
  48. ^ a b c 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、129-130頁。
  49. ^ 改税約書とは - コトバンク”. 2021年9月17日閲覧。
  50. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、131-133頁。
  51. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、137-139頁。
  52. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、143-144頁。
  53. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、151頁。
  54. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、146-147頁。
  55. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、152-153頁。
  56. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、151-152頁。
  57. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、161頁。
  58. ^ a b 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、162頁。
  59. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、154-155頁。
  60. ^ 石井寛治『大系日本の歴史12 開国と維新』小学館、1989年、162-163頁。
  61. ^ A .H.バウマン「19世紀における北海道植民地化計画-3人のドイツ人の試案に関する比較研究-」日本独学史学会論集『日独文化交流史研究』(2004)
  62. ^ 維新期の会津・庄内藩、外交に活路 ドイツの文書館で確認”. 朝日新聞. www.asahi.com (2011年2月7日). 2011年2月9日閲覧。
  1. ^ 但し、領事裁判権はむしろ幕府が求めたものであり、関税に関してもこの時点では妥当なものであった。むしろ問題は金銀等価交換を認めたことであった→幕末の通貨問題
  2. ^ なお、小笠原としては本気で交渉して鎖港するつもりはなく、横浜の商人に対しては、交易は従来通り許すから安心するよう布告している。
  3. ^ なお、このとき幕権強化を唱えるタカ派の幕閣は、毛利敬親毛利広封父子や五卿を江戸へ送らせようとしたが、慶勝はその指令が届く前に撤兵を命じた。
  4. ^ 在京各藩士には前日に二条城にて諮問していた。



幕末

出典:『Wiktionary』 (2019/12/19 05:43 UTC 版)

名詞

ばくまつ

  1. 江戸幕府日本治めていた江戸時代末期日米和親条約 (1854年)の締結から大政奉還 (1867年)までとする場合もあるが、単に江戸幕府終わりごろという意味でも用いられる。

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幕末」の関連用語

幕末のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幕末のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕末 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの幕末 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS