萱野重実とは? わかりやすく解説

萱野重実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 03:12 UTC 版)

萱野 重実(かやの しげざね、延宝3年(1675年)- 元禄15年1月14日1702年2月10日))は、江戸時代前期の武士赤穂藩浅野氏の家臣。通称三平(さんぺい)。討ち入り前に忠孝のはざまで自刃した赤穂藩士として有名。俳人としても知られ、俳号涓泉(けんせん)。旗本大島義也家老萱野重利の三男。兄に萱野重通・萱野七之助(13歳で夭折)がいる。姉も二人、妹も一人いる。


  1. ^ 庄本町一丁目の椋橋總社などに名を残す
  2. ^ 講談「烈士村上鬼剣伝」


「萱野重実」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「萱野重実」の関連用語

萱野重実のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



萱野重実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの萱野重実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS