赤穂藩とは?

赤穂藩

読み方:アコウハン(akouhan)

播磨赤穂郡赤穂の藩名。


赤穂藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 02:37 UTC 版)

赤穂藩(あこうはん)は、播磨国赤穂郡兵庫県赤穂市相生市上郡町)周辺を領有した。藩庁は同郡加里屋の赤穂城


  1. ^ 赤穂は郡名を起源としており、城地・政庁の存在した当地の歴史的固有地名はカリヤ(加里屋・仮屋・苅屋)であった。
  2. ^ 国史跡赤穂城跡(兵庫県赤穂市) 公式Webサイト
  3. ^ 郡部12万3千石および島嶼部3千2百石(「生駒親正・一正宛豊臣秀吉朱印状」より)
  4. ^ 宇喜多家文書「宇喜多秀家士帳」など
  5. ^ 「妻(黒田筑前守長政女)を切殺し、をのが女(側室)に手負せ、侍女両人をも切て捨たりしかば、けふ所領を収公あり」(『徳川實紀 第三篇 第四十巻』)
  6. ^ 時代は下るが、維新後の土佐藩の金札1両が33銭3厘、薩摩藩も32銭2厘で額面の僅か三分の一未満である(日本銀行貨幣博物館展示および公式web)。
  7. ^ 山本博文『「忠臣蔵」の決算書』(2012年、新潮社)など
  8. ^ 延宝8年の赤穂藩藩札が広島藩に残っており、浅野本家からの援助があった裏付けとなっている(「写真スライド・延宝赤穂藩札」広島市立中央図書館)
  9. ^ 広島藩『浅野赤穂分家済美録』
  10. ^ 『池田家文書』(岡山大学所蔵)
  11. ^ 新田完三 1984, p. 22.
  12. ^ 大石無人は赤穂義士の装束等の遺品を預かっていたが、長男である良麿の子・良饒が大石瀬左衛門家を継承した事により、遺品は赤穂に戻されて現在では大石神社に納められている。
  13. ^ 森家文書『東西分限帳 慶応元年』
  14. ^ 朝日日本歴史人物事典『森主税』 - コトバンク
  15. ^ 新田完三 1984, p. 30.
  16. ^ 泉(1998) p.278
  17. ^ 山本(2012a) 第七章三節
  18. ^ wikipedia「浅野長広」項目も参照
  19. ^ 「法要で赤穂藩主・森家の遺徳偲ぶ」(赤穂民報、2013年5月19日))
  20. ^ 現在は佃大橋が掛かり、島の住宅地に船でなく陸路で渡れる。
  21. ^ 現在の聖路加大学附属病院(聖書『ルカによる福音書』と異なり、法人登記上の読みは「セイロカ」)
  22. ^ 『嘉永京橋南絵図』
  23. ^ 「芥川龍之介生誕の地」碑(明石町)があったが、平成期に別の場所に移されている。
  24. ^ 『北神田浜町絵図』では尚庸流永井家の「丸に梨の切り口」の家紋がある
  25. ^ 現在は埋め立て地の竹芝埠頭。
  26. ^ 内藤忠勝に刺殺された永井尚長(増上寺刃傷事件)および吉良義央小林央通清水義久ら吉良家臣(元禄赤穂事件)の墓もある。
  27. ^ 輝興の改易流罪(正保赤穂事件)で少林寺(岡山)を菩提寺に変更している。
  28. ^ ただし、元文4年(1739年)には花岳寺の境内に森家家臣の有志により義士墓が建立されている。
  29. ^ 『播州赤穂 台雲山花岳寺』より「境内案内」
  30. ^ 塩田の運上・雑穀(米以外の五穀)・新田開発分(うち3000石は浅野大学家に分与)
  31. ^ 『土芥寇讎記』巻二十巻・第五項(東京大学史料編纂室)
  32. ^ 『赤穂城在番日記』ほか。事件は老中・阿部正武に早飛脚で伝えられた。
  33. ^ 兵庫県たつの市「赤穂浅野家資料」(「赤穂郡佐用郡御年貢納帳」など)。再度の散逸防止のため非公開(教育事業部歴史文化財課)
  34. ^ 文化13年(1816)「御在所御家中諸席」


「赤穂藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤穂藩」の関連用語

赤穂藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤穂藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS