大政奉還とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 奉還 > 大政奉還の意味・解説 

たいせい‐ほうかん〔‐ホウクワン〕【大政奉還】


たいせい‐ほうかん ‥ホウクヮン 【大政奉還】

〔名〕 政権朝廷返上すること。歴史的には慶応三年一八六七)一〇月一四日江戸幕府五代将軍徳川慶喜政権返上朝廷申し入れ翌日受け入れられたことをさすこれによって鎌倉幕府以来約七〇〇年続いた武家政治終了した。

近世紀聞187581)〈染崎延房〉八「因て速かに所決せられ大政奉還(タイセイホウクヮン)ありたき旨を最(いと)殷懃に勧むるにぞ」


大政奉還 (たいせいほうかん)


大政奉還 (たいせいほうかん)


大政奉還

読み方:タイセイホウカン(taiseihoukan)

幕末政治事件


大政奉還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 06:27 UTC 版)

大政奉還(たいせいほうかん)とは、慶応3年10月14日1867年[3]11月9日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜政権返上を明治天皇奏上し、翌15日に天皇が奏上を勅許したこと。


  1. ^ a b 青山忠正 2017, p. 131.
  2. ^ 青山忠正 2017, p. 131-133.
  3. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200824-00194508/ 2020年12月3日閲覧。 
  4. ^ 『板垣精神 : 明治維新百五十年・板垣退助先生薨去百回忌記念』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2019年8月30日閲覧。
  5. ^ a b 「大政奉還」克明に記録-「慶喜は大広間で各藩重臣に表明した」に非ず、参加者自筆の記録を初確認 二条城伝達から150年(1/2ページ) - 産経WEST”. 産経WEST. 産経新聞社 (2017年10月13日). 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月23日閲覧。
  6. ^ a b c 青山忠正 2017, p. 132.
  7. ^ 「土佐藩大政奉還建白書写」(三条家文書12-8)慶応3(1867)
  8. ^ 「土佐藩大政奉還建白書写」
  9. ^ a b 青山忠正 2017, p. 132-133.
  10. ^ a b c 青山忠正 2017, p. 133.
  11. ^ 高橋秀直 2003, p. 41.
  12. ^ a b 青山忠正 2017, p. 134.
  13. ^ 高橋秀直 2001, p. 11.
  14. ^ a b 高橋秀直 2001, p. 12.
  15. ^ a b 高橋秀直 2001, p. 13.
  16. ^ 高橋秀直 2003, p. 41-42、58.
  17. ^ 高橋秀直 2003, p. 41-42.
  18. ^ 高橋秀直 2001, p. 15-34.
  19. ^ 田中彰『幕末維新史の研究』吉川弘文館〈日本史学研究叢書〉、1996年、188-192頁。ISBN 4-642-03660-1


「大政奉還」の続きの解説一覧



大政奉還と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大政奉還」の関連用語

大政奉還のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大政奉還のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大政奉還 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS