三条実美とは?

さんじょうさねとみさんでう- 【三条実美】 ○

1837~1891幕末明治時代政治家。実さねつむの子七卿落ち一人として長州藩逃れた。王政復古後、新政府の議定となり、副総裁輔相などの要職経て太政大臣にのぼる。のち内大臣

三条実美 さんじょう さねとみ

三条実美の肖像 その1
天保8年2月8日明治24年2月18日 (1837~1891)

京都生まれ公卿、政治家。父は内大臣三条実万権中納言議奏攘夷勅使国事御用掛などをつとめる。尊皇攘夷派公家の中心的存在であったが、文久3年(1863)尊皇攘夷派京都追放をねらった8月18日の政変起こり七卿落ち1人として長州に下る。王政復古後、新政府の議定副総裁右大臣修史局総裁などを歴任明治4年(1871)太政大臣就任18年(1885)の太政官制廃止までつとめた。内閣制度創設後は内大臣となり、22年(1889)黒田内閣総辞職後、一時臨時首相を兼任した。

キーワード 公家・旧大名, 政治家
号・別称
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 徴兵令 / 三条実美編 〔出版者不明〕, 明8.11 <YDM39062>
  2. 難四之可他延 / 三条実美著 ; 高崎正風高崎正風, 明26.3 <YDM86379>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

三条実美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/28 13:10 UTC 版)

三条 実美(さんじょう さねとみ、旧字:三條實美天保8年2月7日1837年3月13日) - 明治24年(1891年2月18日)は、日本公卿政治家位階勲等爵位は、正一位大勲位公爵梨堂(りどう)。変名は梨木 誠斉




注釈

  1. ^ 生前の正一位叙位は史上6人目・745年ぶり。また生前に正一位を叙位された最後の例である。

出典

  1. ^ 『尾崎三良自叙略伝』
  2. ^ 例:国会図書館サイト
  3. ^ 「黑田内閣-明治21年4月30日成立」『黑田内閣内閣官房内閣広報室
  4. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、697頁。
  5. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  6. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。


「三条実美」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三条実美」の関連用語

三条実美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三条実美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三条実美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS