中納言とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 中納言の意味・解説 

ちゅう‐なごん【中納言】

読み方:ちゅうなごん

律令制で、太政官(だいじょうかん)の次官(すけ)。令外(りょうげ)の官。大納言に次ぐもので、職掌大納言ほぼ同じ従三位相当。正と(ごん)とがある。なかのものもうすつかさ


なか‐の‐ものもうすつかさ〔‐ものまうすつかさ〕【中言】

読み方:なかのものもうすつかさ

ちゅうなごん(中納言)


中納言

読み方:ナカノモノモウスツカサ(nakanomonomousutsukasa), スケノモノモウスツカサ(sukenomonomousutsukasa)

大政官の次官令外の官で、大納言に次ぐ


中納言

読み方:チュウナゴン(chuunagon)

令制の太政官官職名


中納言

読み方:チュウナゴン(chuunagon)

所在 岡山県(岡山電気軌道東山本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

中納言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 14:17 UTC 版)

中納言(ちゅうなごん)は、太政官に置かれた令外官のひとつ。太政官においては四等官の次官(すけ)に相当する。訓読みは「すけのものまうすつかさ」あるいは「なかのものまうすつかさ」。


  1. ^ a b 柳雄太郎「太政官における四等官構成」(初出:『日本歴史』324号(1974年)/所収:柳『律令制と正倉院の研究』(吉川弘文館、2015年) ISBN 978-4-642-04617-6
  2. ^ 玉葉』承安元年(1171年)4月22日条
  3. ^ 高田与清『官職今案』。大納言も同様に権官のみとなった。
  4. ^ 百瀬、2000年、P129-131.
  5. ^ 百瀬、2000年、P135-140.
  6. ^ 道長の子息である頼通教通頼宗能信も全員参議を経ずに権中納言に上っている。頼通の子息通房師実と教通の子息信家信長も同様であり、ここから慣例として定着したと考えられる。
  7. ^ 百瀬、2000年、P127-128.
  8. ^ 石村貞吉 嵐義人 校訂 『有職故実 上』 講談社学術文庫 ISBN 978-4061588004、54p


「中納言」の続きの解説一覧

中納言(源忠頼)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:31 UTC 版)

落窪物語」の記事における「中納言(源忠頼)」の解説

落窪の父。北の方言いなりになって落窪自分の娘として扱ったり庇ったりすることも無かった

※この「中納言(源忠頼)」の解説は、「落窪物語」の解説の一部です。
「中納言(源忠頼)」を含む「落窪物語」の記事については、「落窪物語」の概要を参照ください。


中納言(ちゅうなごん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 08:19 UTC 版)

桜姫華伝」の記事における「中納言(ちゅうなごん)」の解説

青葉部下命字は「望」。

※この「中納言(ちゅうなごん)」の解説は、「桜姫華伝」の解説の一部です。
「中納言(ちゅうなごん)」を含む「桜姫華伝」の記事については、「桜姫華伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中納言」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

中納言

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:44 UTC 版)

名詞

ちゅうなごん, すけのものもうすつかさ,なかもものもうすつかさ)

  1. 太政官置かれた令外官のひとつ大納言の下、参議の上

関連語


「中納言」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中納言」の関連用語

中納言のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中納言のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中納言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの落窪物語 (改訂履歴)、桜姫華伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中納言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS