従三位とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 三位 > 従三位の意味・解説 

従三位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 06:40 UTC 版)

従三位(じゅさんみ)は、位階及び神階における位のひとつ。


  1. ^ 「叙任及辞令」『官報』1919年2月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『官報』3439号「授爵,叙任及辞令」1924年2月13日. (1924/2). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955587/3 
  3. ^ a b c d e f g h i 『官報』號外「授爵,叙任及辞令」1928年11月10日. (1928/11). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957025/5 
  4. ^ 「叙任及辞令」『官報』1933年10月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ a b c 故谷川寛三氏らに従三位 産経新聞 2015年12月25日閲覧
  6. ^ 官報』第6685号(平成27年12月28日付)8頁
  7. ^ 官報』第6701号(平成28年1月26日付)10頁
  8. ^ a b 官報』第6708号(平成28年2月4日付)10頁
  9. ^ 官報』第6722号(平成28年2月25日付)9頁
  10. ^ 故室伏稔氏に従三位 時事通信 2016年2月23日発信・閲覧
  11. ^ 故山岸章氏に従三位 時事通信 2016年4月26日発信・閲覧
  12. ^ 元通産相の故佐藤信二氏に正三位、元参院議員の故高桑栄松氏は従三位 産経新聞 2016年5月31日発信・閲覧
  13. ^ “蜷川幸雄氏に従三位 政府が閣議で決定”. サンケイスポーツ. (2016年6月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160611/geo16061105000008-n1.html 2016年6月11日閲覧。 
  14. ^ 官報』第6853号(平成28年9月6日付)7頁
  15. ^ 官報』第6859号(平成28年9月14日付)9頁
  16. ^ 故粟屋敏信元衆院議員に従三位 - 時事ドットコム 2016年9月30日
  17. ^ 故小坂憲次元文科相に旭日大綬章 - 時事ドットコム 2016年11月11日(同月12日閲覧)
  18. ^ 故森下洋一氏に旭日大綬章 - 時事ドットコム 2017年1月10日(同日閲覧)
  19. ^ 故岡田京大教授に従三位 - 時事ドットコム 2017年2月10日(同日閲覧)
  20. ^ 故船村徹氏に従三位 - 時事ドットコム 2017年3月17日(同月19日閲覧)
  21. ^ 官報』第6992号(平成29年4月5日付)6頁
  22. ^ a b 故日野原氏に従三位 - 時事ドットコム 2017年8月15日(同日閲覧)
  23. ^ 『官報』第7090号(平成29年8月28日)7頁「叙位・叙勲」
  24. ^ 上原氏に従三位 政府が閣議決定/元衆院議員 功績認める沖縄タイムス
  25. ^ 「叙位叙勲=多摩」『読売新聞』朝刊、2017年11月18日
  26. ^ 豊田達郎元トヨタ社長に従三位 - 日本経済新聞 2018年1月23日(2018年2月4日閲覧)
  27. ^ 故仙谷由人氏に従三位 - 時事ドットコム 2018年11月2日
  28. ^ 叙位 - 日本経済新聞 2019年2月9日
  29. ^ 故ドナルド・キーン氏に従三位 - 時事ドットコム 2019年3月22日
  30. ^ 官報』第7496号(平成30年4月25日付)10頁
  31. ^ a b 『官報』本紙第7号 令和元年5月15日 8ページ
  32. ^ 『官報』本紙第20号 令和元年6月3日 11ページ
  33. ^ 『官報』本紙第40号 令和元年7月1日 11ページ
  34. ^ 作家の故田辺聖子氏に従三位 - 時事ドットコム 2019年7月2日
  35. ^ a b 『官報』本紙第53号 令和元年7月19日 10ページ
  36. ^ 『官報』本紙第67号 令和元年8月8日 8ページ
  37. ^ 故天野之弥氏に従三位日経電子版2019/8/15
  38. ^ 『官報』本誌第88号11頁 令和元年9月9日
  39. ^ 『官報』本誌第99号12頁 令和元年9月26日
  40. ^ 『官報』本誌第106号8頁 令和元年10月7日
  41. ^ 『官報』本誌第111号8頁 令和元年10月15日
  42. ^ 『官報』本誌第127号10頁 令和元年11月8日
  43. ^ 『官報』本誌第130号9頁 令和元年11月13日
  44. ^ 『官報』本誌第133号10頁 令和元年11月18日
  45. ^ 『官報』本誌第136号9頁 令和元年11月21日
  46. ^ 『官報』本誌第141号8頁 令和元年11月28日
  47. ^ 『官報』本誌第158号9頁 令和元年12月23日
  48. ^ a b c 『官報』本誌第165号11頁 令和2年1月8日
  49. ^ a b 『官報』本誌第168号8頁 令和2年1月14日
  50. ^ 『官報』第173号9頁 令和2年1月21日
  51. ^ 『官報』第183号10頁 令和2年2月4日
  52. ^ 『官報』本誌第202号9頁 令和2年3月4日
  53. ^ 『官報』本誌第210号10頁 令和2年3月16日
  54. ^ a b 『官報』第229号8頁 令和2年4月13日
  55. ^ 『官報』第231号8頁 令和2年4月15日
  56. ^ 『官報』本誌第239号8頁 令和2年4月27日
  57. ^ 『官報』第248号11頁 令和2年5月14日
  58. ^ 『官報』本誌第256号9頁 令和2年5月26日号
  59. ^ 「故塚本氏に正三位、故松田氏は従三位」日本経済新聞』電子版(2020年6月12日)
  60. ^ 『官報』本誌第287号9頁 令和2年7月8日号
  61. ^ 『官報』本誌第290号8頁 令和2年7月13日号
  62. ^ 『官報』第324号11頁 令和2年9月2日
  63. ^ 『官報』第338号11頁 令和2年9月24日
  64. ^ 『官報』第346号10頁 令和2年10月6日
  65. ^ 『官報』本誌第351号9頁 令和2年10月13日号
  66. ^ 『官報』本誌第351号10頁 令和2年10月13日号
  67. ^ 『官報』第356号9頁 令和2年10月20日
  68. ^ a b 『官報』本誌第399号10頁 令和2年12月22日号
  69. ^ 『官報』本誌第414号11頁 令和3年1月19日号
  70. ^ 『官報』本誌第424号12頁 令和3年2月2日号
  71. ^ 『官報』第422号12頁 令和3年1月29日
  72. ^ 『官報』第441号10頁 令和3年2月12日
  73. ^ 『官報』本誌第443号7頁 令和3年3月3日号
  74. ^ 『官報』本誌第441号10頁 令和3年3月1日号
  75. ^ 『官報』本誌第456号10頁 令和3年3月22日号
  76. ^ 『官報』第470号8頁 令和3年4月9日
  77. ^ a b 『官報』第477号10頁 令和3年4月20日号
  78. ^ 『官報』第480号8頁 令和3年4月23日
  79. ^ 『官報』第487号9頁 令和3年5月10日
  80. ^ a b 『官報』本誌第491号10頁 令和3年5月14日号
  81. ^ 『官報』第489号6頁 令和3年5月12日
  82. ^ 『官報』第504号8頁 令和3年6月2日
  83. ^ 『官報』本誌第511号9頁 令和3年6月11日号
  84. ^ 『官報』第521号7頁 令和3年6月25日
  85. ^ 『官報』本誌第528号10頁 令和3年7月6日号
  86. ^ 『官報』本誌第526号8頁 令和3年7月2日号
  87. ^ "ノーベル化学賞受賞者 故根岸英一氏に従三位". 産経ニュース. 産経デジタル. 27 August 2021. 2021年8月28日閲覧
  88. ^ 『官報』本誌第539号12頁 令和3年7月21日号
  89. ^ 『官報』第546号8頁 令和3年8月3日
  90. ^ 『官報』本誌第554号10頁 令和3年8月16日号
  91. ^ 『官報』本誌第556号7頁 令和3年8月18日号
  92. ^ 『官報』第564号9頁 令和3年8月30日
  93. ^ a b 『官報』第584号9頁 令和3年9月29日
  94. ^ 『官報』第598号9頁 令和3年10月19日号
  95. ^ 『官報』第623号10頁 令和3年11月25日号
  96. ^ 『官報』第637号7頁 令和3年12月15日号
  97. ^ 『官報』第693号9頁 令和4年3月14日号
  98. ^ 『官報』第707号8頁 令和4年4月4日
  99. ^ 『官報』第714号11頁 令和4年4月13日号
  100. ^ 『官報』第727号10頁 令和4年5月6日号
  101. ^ 『官報』第729号9頁 令和4年5月10日
  102. ^ 『官報』第731号7頁 令和4年5月12日
  103. ^ 『官報』第743号6頁 令和4年5月30日
  104. ^ a b 『官報』第759号10頁 令和4年6月21日
  105. ^ 『官報』第770号5頁 令和4年7月6日
  106. ^ 『官報』第789号9頁 令和4年8月3日
  107. ^ 『官報』第792号7頁 令和4年8月8日
  108. ^ 『官報』第802号6頁 令和4年8月23日
  109. ^ 『官報』第813号9頁 令和4年9月7日
  110. ^ 『官報』第821号7頁 令和4年9月20日
  111. ^ a b 『官報』第823号10頁 令和4年9月22日


「従三位」の続きの解説一覧

従三位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 10:10 UTC 版)

赤松政則」の記事における「従三位」の解説

以後、政則は幕府に出仕して義尚第10代将軍足利義材義稙)に仕え延徳3年1491年8月六角高頼征伐長享・延徳の乱)に従軍し11月軍奉行となって勲功重ねた明応2年1493年)、堺に在陣中細川政元の姉である洞松院(めし)を娶る(『蔭凉軒日録』)。洞松院龍安寺尼僧から還俗この時30歳越えており、不器量有名であった。この婚姻の際も「天人思ひし人は鬼瓦 堺の浦に天下るかな」との落首京都貼られたという。明応の政変起きたのは2日後であり、この婚姻政変赤松氏細川陣営引き込むための政略結婚であった明応5年1496年)閏2月3日、政則は従四位下から従三位に叙位される(『和長卿記』『公卿輔任』)。3月1日参内し3月10日には御酒献上した他にも親王に2疋、禁裏1万疋をお礼として進上した(『後法興院記』)。今まで将軍足利一門以外の武家三位叙位無かったため、政則の昇進異例のことであった。これに関して東坊城和長は「管領細川氏差し置いて今度の事(政則の昇進)は納得しがたい」と漏らしており(『和長卿記』)、甘露寺親長も「家において例なしか」と記すなど(『親長卿記』)、政則の昇進周囲から不相応に見られており歓迎されていなかった。

※この「従三位」の解説は、「赤松政則」の解説の一部です。
「従三位」を含む「赤松政則」の記事については、「赤松政則」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「従三位」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



従三位と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

従三位のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



従三位のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの従三位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤松政則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS