書経とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 書経の意味・解説 

しょきょう〔シヨキヤウ〕【書経】

中国経書五経の一。20巻、58編。孔子の編といわれる。尭(ぎょう)・舜(しゅん)から周までの政論政教集めたもの。もと「書」「尚書」。宋代から「書経」とよばれる。秦の焚書(ふんしょ)で散逸前漢伏生(ふくしょう)の口伝今文(きんぶん)尚書」と、孔子旧宅で壁中から発見された「古文尚書」との二系統があったが、現在「古文」とされている「書経」は東晋賾(ばいさく)の偽作


しょきょう ショキャウ 【書経】

中国経書五経一つ孔子の編という。「書経」の名は「尚書」の宋代以後の称。堯舜時代から秦の穆公に至る古記録を一〇〇編にまとめたもの。古代政治における君臣言行模範とすべきものを集めたもので、史書としての価値も高い。現行のものは東晉賾の依託になる「孔安国古文尚書五八編であり、「偽古文尚書といわれる漢代には孔子旧宅から発見された「孔壁古文」といわれる古文尚書五八編と秦の博士伏生伝えた「今文尚書二九編があったが、いずれも今は諸書断片として伝わるだけである。注釈書として、漢の孔安国伝、唐の孔穎達疏の「尚書正義」が著名


しょきょう 【書経】

儒教尊重された五経のなかの一書孔子編と伝える。堯舜から秦の穆公に至るまでの古代政治における君臣言行模範とすべきものを集めたもの。二〇巻、五八編(三三編は今文尚書、二五編は古文尚書)。成立年代一定せず、古文は魏・晋時代偽作との説もある。初め「書」、漢代に「尚書」、宋代になり朱子が「書経」と名づけた。儒教政治理想を述べる。上古の書で尚ぶべき典籍なので尚書という)

書経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/31 21:39 UTC 版)

書経』(しょきょう)は、中国古代の歴史書で、伝説の聖人であるから王朝までの天子や諸侯の政治上の心構えや訓戒・戦いに臨んでの檄文などが記載されている[1]。『尚書』または単に『』とも呼ばれ、儒教の重要な経典である五経の一つでもある[1]




「書経」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「書経」の関連用語

書経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



書経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの書経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS