東京国立博物館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 博物館 > 東京国立博物館の意味・解説 

とうきょう‐こくりつはくぶつかん〔トウキヤウコクリツハクブツクワン〕【東京国立博物館】


東京国立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 05:02 UTC 版)

東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)は、日本東洋の文化財(美術品、考古遺物など)の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立文化財機構が運営する、在東京の国立博物館である。




注釈

  1. ^ 写真中の人物は以下のとおり:(前列左から)田中房種、蜷川式胤、町田久成、伊藤圭介、内田正雄、田中芳男、服部雪斎。(後列左から)小野職愨、谷森真男、久保弘道、広瀬直水、織田信徳。

出典

  1. ^ a b c d e f g 令和3年度 独立行政法人国立文化財機構概要 (pdf)”. 国立文化財機構. 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ a b Q 総合文化展とは、どんな展示ですか? 東京国立博物館
  3. ^ a b c 令和2年度評価結果 自己点検評価報告書
  4. ^ a b 東京国立博物館 -トーハク-. “1.湯島聖堂博覧会” (日本語). www.tnm.jp. 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ 古今珍物集覧」(一曜斎国輝筆、明治5年(1872年)、同館蔵)など。
  6. ^ (井内、1992)、p.4
  7. ^ (大隅、1992)、p.6
  8. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.5
  9. ^ a b (大隅、1992)、p.8
  10. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.23
  11. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.15
  12. ^ a b (井内、1992)、p.5
  13. ^ (大隅、1992)、pp.8 - 9
  14. ^ (藤岡、1992)、p.15
  15. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.47
  16. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.61
  17. ^ (大隅、1992)、p. 9
  18. ^ 『東京国立博物館 目でみる120年』、p.107
  19. ^ (大隅、1992)、p. 10 - 11
  20. ^ (藤岡、1992)、p.17 - 18
  21. ^ 「上野の帝室博物館」『東京朝日新聞』昭和10年1月22日2面
  22. ^ (大隅、1992)、pp. 10 - 11
  23. ^ (藤岡、1992)、p.18 - 19
  24. ^ 入場者四十一万余は新記録(『東京日日新聞』昭和15年11月25日)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p270 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  25. ^ 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「東京帝室博物館」国立国会図書館蔵書、2018年2月10日閲覧
  26. ^ a b 『東京国立博物館 目でみる120年』、pp.109 - 111
  27. ^ (大隅、1992)、pp. 11 - 12
  28. ^ 小林牧 「東京国立博物館のマーケティング―来館者調査から一四〇周年事業まで―」『東京国立博物館紀要』第50号、2015年3月31日。ただし、現実には人員不足により、専門外の業務兼任も常態化している。
  29. ^ 藤森照信『日本の近代建築 下 大正・昭和篇』岩波書店、1993年11月22日、18-19頁。
  30. ^ 彰国社編『建築大辞典 第2版』彰国社、1993年、1,113頁。
  31. ^ 藤岡洋保「東京国立博物館本館の建築史的重要性」『月刊文化財』452、第一法規、2001、pp.4, 8
  32. ^ 藤森照信『日本の近代建築 下 大正・昭和篇』岩波書店、1993年11月22日、23頁。
  33. ^ 文化遺産オンライン
  34. ^ a b 東京国立博物館 -トーハク-. “本館フロアマップ” (日本語). www.tnm.jp. 2021年6月8日閲覧。
  35. ^ 表慶館(館公式サイト)
  36. ^ 『国立博物館ニュース』209号(1964年10月)(縮刷版にて閲覧可能)
  37. ^ 黒田記念館リニューアルオープン(館公式サイト)
  38. ^ 教育(博物館公式サイト、2019年(令和元年)6月8日閲覧)
  39. ^ 公式キャラクター - 東京国立博物館、2020年(令和2年)4月3日閲覧。
  40. ^ この浮世絵コレクションは、フランスの宝石商アンリ・ヴェヴェールの旧蔵品を松方幸次郎が一括購入したもので、十五銀行を経て1944年に帝室博物館に入っている。
  41. ^ 平成29年9月15日文部科学省告示第112号
  42. ^ 国宝・重要文化財の指定について(文化庁サイト)
  43. ^ 交通・料金・開館時間(博物館公式サイト、2019年6月8日閲覧)



「東京国立博物館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



東京国立博物館と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京国立博物館」の関連用語

東京国立博物館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京国立博物館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京国立博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS