今日出海とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 今日出海の意味・解説 

こんひでみ 【今日出海】 ○

1903~1984小説家評論家北海道生まれ東光の弟。東大卒巧妙人物論や文明批評的な新聞小説で知られる。文化庁初代長官として文化芸術国際交流尽力。「迷う人迷えぬ人」「海賊」など。

今日出海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 18:19 UTC 版)

今 日出海(こん ひでみ、1903年明治36年)11月6日 - 1984年昭和59年)7月30日)は日本小説家評論家、舞台演出家。初代文化庁長官を務めた。




  1. ^ 受賞作家の群像 今日出海
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)146頁


「今日出海」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「今日出海」の関連用語

今日出海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



今日出海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの今日出海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS