尾崎士郎とは? わかりやすく解説

おざき‐しろう〔をざきシラウ〕【尾崎士郎】

読み方:おざきしろう

[1898〜1964]小説家愛知生まれ国士情熱正義感あふれた作品が多い。作「人生劇場」「天皇機関説」など。


尾崎士郎


尾崎士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/07 04:46 UTC 版)

尾崎 士郎(おざき しろう、1898年明治31年)2月5日 - 1964年昭和39年)2月19日)は、日本小説家。新聞連載小説『人生劇場』がヒットし、流行作家になった[1]


注釈

  1. ^ 美甘義夫は内科医となり、1946年から1951年まで東京大学医科学研究所附属病院長を務めた[7]

出典

  1. ^ a b 尾崎士郎 おざき しろうコトバンク
  2. ^ a b c d e f g 『日本現代文學全集 72』, p. 431.
  3. ^ a b c d 尾﨑士郎記念館企画展 「生家辰巳屋と三等郵便局」”. 西尾市役所. 2024年6月6日閲覧。
  4. ^ 西尾市立横須賀小学校 学校概要
  5. ^ “愛知二中講堂活用へ 再開発後、岡崎市へ移管 日清紡針崎で現状保存”. 東海愛知新聞. (2008年3月23日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/2008tokai/080323.html 2018年4月15日閲覧。 
  6. ^ 『私の履歴書 第19集』 1963, p. 159.
  7. ^ 歴代病院長”. 東京大学医科学研究所. 2024年6月6日閲覧。
  8. ^ 『私の履歴書 第19集』 1963, p. 145.
  9. ^ 大須賀 さと子』 - コトバンク
  10. ^ a b 尾﨑士郎記念館企画展 「政治青年から文学者への道」”. 西尾市役所. 2024年6月6日閲覧。
  11. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』, p. 60.
  12. ^ a b c 尾崎士郎記念館企画展「士郎と郷土三河」”. 西尾市役所. 2018年4月14日閲覧。
  13. ^ 『日本現代文學全集 72』, pp. 432–433.
  14. ^ 角野峻也 (2021年7月25日). “<発掘!! みか話~るど> (23)映画「人生劇場望郷篇 三州吉良港」(西尾市)”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/297457 2021年9月27日閲覧。 
  15. ^ a b c 尾崎士郎『人間随筆』(六興出版部、1957年)
  16. ^ a b c 川端康成「人間随筆」(中央公論 1964年5月号に掲載)。独影自命 & 1970-10, pp. 345–347に所収。
  17. ^ 郡司勝義「解題」(補巻2・書簡 & 1984-05, pp. 618–619)
  18. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)75頁
  19. ^ 川端康成「川端日本ペンクラブ会長の弔辞」(サンデー毎日 3月8日号に掲載)。「尾崎士郎弔辞」として雑纂1 & 1982-12に所収。
  20. ^ 『幡豆郡横須賀村誌』横須賀村役場, 1924、p56
  21. ^ 『群像日本の作家31 井上靖』小学館、1987年、p114
  22. ^ カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス 宇野千代 第三回「我が文学我が回想(1)」』(1986年10月26日放送にての本人談。2013年2月19日再放送)
  23. ^ a b 鈴木貞美「湯ヶ島の日々」(アルバム梶井 & 1985-07, pp. 65–83)
  24. ^ 都築久義「宇野千代と尾崎士郎 : その出会いと別れ」『愛知淑徳大学国語国文』第20号、愛知淑徳大学国文学会、1997年3月、77-90頁、ISSN 0386-7307NAID 120005038125 
  25. ^ 鈴木邦彦「梶井基次郎と湯ヶ島 : 伊豆の文学(一)」『沼津工業高等専門学校研究報告』第28巻、沼津工業高等専門学校、1994年1月、135-139頁、ISSN 02862794NAID 110000209371 
  26. ^ a b 梶井と尾崎の対決NPO宇野千代生家
  27. ^ a b 馬込文士村―2 尾崎士郎と宇野千代栗原雅直、虎の門病院『とらのもん』第57号 平成20年4月
  28. ^ 中村一枝,・古川一枝『ふたりの一枝』(講談社、2003年9月)
  29. ^ 漱石と明治人のことば71 尾崎士郎『サライ』小学館、2017.3.12
  30. ^ 「大田区:尾崎士郎旧宅を改修、記念館に、5月開館目指し」『毎日新聞』(東京版)2008年1月11日付


「尾崎士郎」の続きの解説一覧

尾崎士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:46 UTC 版)

梶井基次郎」の記事における「尾崎士郎」の解説

宇野千代元夫湯ヶ島滞在時にはすでに夫婦関係冷えていたが、妻と基次郎の関係を疑ったことも離婚要因一つとなった尾崎は基次郎から聞いた思われる河鹿交尾の話を自作短編河鹿』に使用しその後に基次郎が『交尾』で河鹿交尾題材にしたことで、逆に後書き自分の方が借用になってしまわないかと基次郎危惧していたが、尾崎が基次郎作品賞讃したことで思い煩いなくなり2人の間の長い絶交状態も同時に解けた

※この「尾崎士郎」の解説は、「梶井基次郎」の解説の一部です。
「尾崎士郎」を含む「梶井基次郎」の記事については、「梶井基次郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「尾崎士郎」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



尾崎士郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尾崎士郎」の関連用語

尾崎士郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尾崎士郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2024 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尾崎士郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの梶井基次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS