交尾とは? わかりやすく解説

こう‐び〔カウ‐〕【交尾】

読み方:こうび

[名](スル)体内受精をする動物が、生殖のために交わること。互い生殖口を密着させ、雄の精子を雌の体内送り込む交接


つるび【交尾/遊牝】

読み方:つるび

「つるみ(交尾)」に同じ。〈和名抄


つるみ【交尾/遊牝】

読み方:つるみ

つるむこと。雄と雌とが交尾すること。


交尾

読み方:コウビ(koubi), ツルビ(tsurubi)

生殖のためにする動物雌雄交接


交尾

作者梶井基次郎

収載図書梶井基次郎全集1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1986.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5

収載図書檸檬
出版社集英社
刊行年月1991.5
シリーズ名集英社文庫

収載図書梶井基次郎小説全集
出版社沖積舎
刊行年月1991.7

収載図書ちくま日本文学全集 024 梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月1992.1

収載図書梶井基次郎小説全集 新装版
出版社沖積舎
刊行年月1995.9

収載図書李陵山月記檸檬愛撫十六
出版社文芸春秋
刊行年月1999.6
シリーズ名文春文庫

収載図書梶井基次郎全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1999.11

収載図書梶井基次郎全集 第2巻 草稿ノート
出版社筑摩書房
刊行年月1999.12

収載図書檸檬 桜の樹の下には
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.2
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書梶井基次郎小説全集
出版社沖積舎
刊行年月2007.9

収載図書梶井基次郎
出版社筑摩書房
刊行年月2008.11
シリーズ名ちくま日本文学


交尾

作者小池真理子

収載図書蜜月
出版社新潮社
刊行年月1998.9
シリーズ名新潮エンターテインメント倶楽部SS

収載図書蜜月
出版社新潮社
刊行年月2001.4
シリーズ名新潮文庫


交尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 09:49 UTC 版)

交尾こうび: mating)、交接こうせつとは、体内受精をする動物の生殖行動において、異個体間で配偶子をやり取りするために互いの体の一部をつなぎ合わせる行為のこと。生殖器を直接つなぎ合わせる生殖行為を交尾といい、それ以外の方法によるものを交接という(例:イカの腕を使った交接)。現在、化石で確認されている最古の交尾用の生殖器(交尾器・ペニス)はザトウムシの物である。


  1. ^ マーリーン・ズック著 『性淘汰』
  2. ^ 『ウミウシ学―海の宝石、その謎を探る』(東海大学出版会)。同書ではウミウシの生殖行為に交接の語を使っている


「交尾」の続きの解説一覧

交尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:35 UTC 版)

シャープゲンゴロウモドキ」の記事における「交尾」の解説

成虫は自然下で10月ごろから交尾を開始し、交尾は翌年3月ごろにかけて続くが、特に産卵直前3月に最も活発に交尾する。飼育下では野生個体と同様3月 - 4月にかけて産卵するが、繁殖期ゲンゴロウ比較すると非常に早く、かつ期間も短い。 交尾時はオスメス背後から肩に乗り前脚・中脚の吸盤メス捕らえ白色半透明な交尾器伸ばして交尾する交尾行動2 - 4時間におよぶが、実際に交尾している時間3, 4程度考えられている。 オス交尾器を外す際、メス尾端分泌物により白色の交尾栓を形成する。交尾栓は白色柔らかいゴム状で、今後メス他のオス交尾することを阻害する目的で形成するが、メスは交尾栓を自ら後脚で外すため、複数回の交尾が可能となるメスは交尾後、数か月にわたり体内貯精嚢受精嚢)内で精子活性保つことができるため、都築裕一らが繁殖に取組んだ際に1月末までペアリング続けてから個別飼育に切り替えたメスから3月以降100以上の有精卵を得ることに成功している。

※この「交尾」の解説は、「シャープゲンゴロウモドキ」の解説の一部です。
「交尾」を含む「シャープゲンゴロウモドキ」の記事については、「シャープゲンゴロウモドキ」の概要を参照ください。


交尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:53 UTC 版)

ゲンゴロウ」の記事における「交尾」の解説

成虫活動期春 - 秋ごろ(水温25前後上昇する4月ごろから)に交尾し成熟した成虫冬季除いて頻繁に交尾するが、内山 (2007) で市川は「産卵期4月中旬下旬ごろに始まり約2か月間続く。5月中旬になると水田・溝などで幼虫の姿が観察できるうになる」と述べている一方都築谷脇猪田 (2003) は「産卵に至るのは6月 - 8月ごろの夏季限られている」と述べている。交尾行動昼夜を問わず頻繁に行われるゲンゴロウ産卵には温度以外に日照時間大きな条件となっており、水温25以上あっても日照時間12時間下の場合メス産卵行動至らず日照時間13時を超える場合産卵するオス少しでも多くの子孫残そうと1頭で多くのメス交尾しようとするが、メスタガメとは違い産卵の度に交尾する要はなく、1回交尾すればその後か月間にわたり体内貯精嚢受精嚢内にオス精子活性保ったまま貯め込むことができ、2回も交尾すれば体内蓄えられ精子でそのシーズンに産むほとんどの卵を受精させることができることに加え、交尾中は後述のように十分な酸素取り込むことができないことから、交尾後時間経っていないメスオス近づく水草水底枯葉の下などに逃げようとする。これに対してオス前脚吸盤メス背中に付着させ、逃げられないように重なる。交尾そのもの時間は短いが、オスメス捕まえている時間10分ほど - 2時間超とばらつき大きく市川・北添 (2010) では「14回の交尾時間測定したところ交尾時間平均162分だった」と発表されている。 オス長い時間をかけてメス交尾器内に精包作るが、長い交尾中は大抵の場合オス上になるため、メスは腹端を通して新し空気間接的に取り入れなければならない雌雄ともに腹端を水面上に出せる場合もあるが、メス大抵の場合、交尾中に呼吸器水面に出すこともままならず十分な酸素取り込むことができないそのためメスは交尾中に窒息死する場合があり、繁殖期にはメス死亡率上昇するこのようにメスにとって水中オス自身の上に貼り付く行為危険性が高いため、ゲンゴロウ類メス水中オス貼り付きにくくなるよう背面にしわ・溝を持つように進化した一方オス水中でしっかりメス背面貼り付けるよう前脚吸盤有したと考えられるこのように雌雄間でそれぞれ最適な戦略差異により引き起こされ対立を「性的対立」と呼び、それに伴う雌雄変化含めて生物の進化経緯理解する上で重要とされる

※この「交尾」の解説は、「ゲンゴロウ」の解説の一部です。
「交尾」を含む「ゲンゴロウ」の記事については、「ゲンゴロウ」の概要を参照ください。


交尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 10:08 UTC 版)

エゾシマリス」の記事における「交尾」の解説

年に1回繁殖し4 - 5月に求愛して春 - 夏出産する前年夏に生まれたオス睾丸冬眠中に発達し翌春までには繁殖可能になる。 本種は通常日の出しばらくしてから巣穴を出るが、繁殖期オス日の出直後から巣を出てメスの巣を訪ね歩く。メス冬眠直後気温上昇する昼間まで寝ているが、次第1日活動時間長くなり、6月下旬以降は雌雄活動時間帯がほぼ同じになる。オス同士は交尾の順番を巡って激しく争うが、年齢による順位は常に「2歳3歳・4歳1歳」である。通常順位の高いオス優占的に交尾するが、毎年年齢に伴い順位入れ替わるため、母親行動圏付近に定着したメス(娘)が父親近親交配する可能性は低いメス冬眠から目覚めて平均3日後に交尾日を迎える(発情する)が、交尾日はその1日のみで、活動期間平均156日)の半分以上妊娠(約30日)・子育て(約60日)に費やすため、北海道では年1回しか繁殖できないそのためメスはわずか1日の交尾日に確実に妊娠する必要があり、複数頭(最大9頭)のオス交尾する。交尾日を迎えてオス出会えないメス発情声(鳴き声)を連続して上げオス呼び寄せる

※この「交尾」の解説は、「エゾシマリス」の解説の一部です。
「交尾」を含む「エゾシマリス」の記事については、「エゾシマリス」の概要を参照ください。


交尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 09:23 UTC 版)

ヤマトメリベ」の記事における「交尾」の解説

交尾は1例だけ観察されている。2個体向き合って着底した状態から、互い体の右側側面密着させ、両生殖門を接合させた。観察出来た時間1時間半ほどで、この間両個体は頭巾閉じ気味に背側突起をほぼ垂直に立てて嗅覚突起立てた態でときおり頭巾上下に振った

※この「交尾」の解説は、「ヤマトメリベ」の解説の一部です。
「交尾」を含む「ヤマトメリベ」の記事については、「ヤマトメリベ」の概要を参照ください。


交尾(こうび)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:28 UTC 版)

ゲイ用語」の記事における「交尾(こうび)」の解説

性行為のこと。

※この「交尾(こうび)」の解説は、「ゲイ用語」の解説の一部です。
「交尾(こうび)」を含む「ゲイ用語」の記事については、「ゲイ用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交尾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「交尾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



交尾と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交尾」の関連用語

交尾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交尾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交尾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシャープゲンゴロウモドキ (改訂履歴)、ゲンゴロウ (改訂履歴)、エゾシマリス (改訂履歴)、ヤマトメリベ (改訂履歴)、ゲイ用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS