避妊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 避妊 > 避妊の意味・解説 

ひ‐にん【避妊】

読み方:ひにん

[名](スル)人為的に妊娠しないようにすること。


避妊

避妊 1性交渉性行為) 2受胎つながらないようにする手段で、その中には避妊のための不妊手術(631-1)を含む。出生抑制方法産児調節法) 3避妊方法 3よりも広い意味で用いられ人工妊娠中絶(604-2)をも含む。(性交禁欲 4とりわけ定期禁欲(628-4)は避妊あるいは出生抑制方法含まれることが多い。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 16:38 UTC 版)

避妊(ひにん、: Birth control/Fertility control/Contraception/Anticonception)は、望まない妊娠を防ぐために何らかの手法、または器具を使用することである[1]。避妊の計画や準備、避妊の利用を家族計画産児制限(family planning)と呼ぶ[2][3]


  1. ^ Definition of Birth control”. MedicineNet. 2012年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。
  2. ^ Oxford English Dictionary. Oxford University Press. (2012). http://www.oed.com/view/Entry/19395 
  3. ^ World Health Organization (WHO). “Family planning”. Health topics. World Health Organization (WHO). 2016年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  4. ^ a b Hanson SJ, Burke AE (2010). "Fertility control: contraception, sterilization, and abortion". In Hurt KJ, Guile MW, Bienstock JL, Fox HE, Wallach EE (eds.). The Johns Hopkins manual of gynecology and obstetrics (4th ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. pp. 382–395. ISBN 978-1-60547-433-5
  5. ^ Medical eligibility criteria for contraceptive use (Fifth ed.). Geneva, Switzerland: World Health Organization. (2015). ISBN 978-92-4-154915-8. OCLC 932048744 
  6. ^ Curtis KM, Tepper NK, Jatlaoui TC, Berry-Bibee E, Horton LG, Zapata LB, et al. (July 2016). "U.S. Medical Eligibility Criteria for Contraceptive Use, 2016". MMWR. Recommendations and Reports (英語). 65 (3): 1–103. doi:10.15585/mmwr.rr6503a1. PMID 27467196
  7. ^ a b c d e World Health Organization Department of Reproductive Health and Research (2011). Family planning: A global handbook for providers: Evidence-based guidance developed through worldwide collaboration (Rev. and Updated ed.). Geneva: WHO and Center for Communication Programs. ISBN 978-0-9788563-7-3. オリジナルのSeptember 21, 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130921054335/http://www.fphandbook.org/sites/default/files/hb_english_2012.pdf 
  8. ^ Taliaferro LA, Sieving R, Brady SS, Bearinger LH (December 2011). "We have the evidence to enhance adolescent sexual and reproductive health--do we have the will?". Adolescent Medicine. 22 (3): 521–43, xii. PMID 22423463
  9. ^ Chin HB, Sipe TA, Elder R, Mercer SL, Chattopadhyay SK, Jacob V, et al. (March 2012). "The effectiveness of group-based comprehensive risk-reduction and abstinence education interventions to prevent or reduce the risk of adolescent pregnancy, human immunodeficiency virus, and sexually transmitted infections: two systematic reviews for the Guide to Community Preventive Services". American Journal of Preventive Medicine. 42 (3): 272–94. doi:10.1016/j.amepre.2011.11.006. PMID 22341164
  10. ^ Gizzo S, Fanelli T, Di Gangi S, Saccardi C, Patrelli TS, Zambon A, et al. (October 2012). "Nowadays which emergency contraception? Comparison between past and present: latest news in terms of clinical efficacy, side effects and contraindications". Gynecological Endocrinology. 28 (10): 758–63. doi:10.3109/09513590.2012.662546. PMID 22390259. S2CID 39676240
  11. ^ Selected practice recommendations for contraceptive use (2nd ed.). Geneva: World Health Organization. (2004). p. 13. ISBN 978-92-4-156284-3. オリジナルのSeptember 8, 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170908191327/https://books.google.com/books?id=77hFLypBfHYC&pg=RA2-PA16 
  12. ^ DiCenso A, Guyatt G, Willan A, Griffith L (June 2002). "Interventions to reduce unintended pregnancies among adolescents: systematic review of randomised controlled trials". BMJ. 324 (7351): 1426. doi:10.1136/bmj.324.7351.1426. PMC 115855. PMID 12065267
  13. ^ Duffy K, Lynch DA, Santinelli J, Santelli J (December 2008). "Government support for abstinence-only-until-marriage education". Clinical Pharmacology and Therapeutics. 84 (6): 746–8. doi:10.1038/clpt.2008.188. PMID 18923389. S2CID 19499439. 2008年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ
  14. ^ Black AY, Fleming NA, Rome ES (April 2012). "Pregnancy in adolescents". Adolescent Medicine. 23 (1): 123–38, xi. PMID 22764559
  15. ^ a b Rowan SP, Someshwar J, Murray P (April 2012). "Contraception for primary care providers". Adolescent Medicine. 23 (1): 95–110, x–xi. PMID 22764557
  16. ^ a b c d World Health Organization Department of Reproductive Health and Research (2011). Family planning: A global handbook for providers: Evidence-based guidance developed through worldwide collaboration (Rev. and Updated ed.). Geneva: WHO and Center for Communication Programs. pp. 260–300. ISBN 978-0-9788563-7-3. オリジナルのSeptember 21, 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130921054335/http://www.fphandbook.org/sites/default/files/hb_english_2012.pdf 
  17. ^ Singh, Susheela; Darroch, Jacqueline E. (June 2012). “Costs and Benefits of Contraceptive Services: Estimates for 2012”. United Nations Population Fund: 1. オリジナルの2012-08-05時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120805154133/http://www.guttmacher.org/pubs/AIU-2012-estimates.pdf. 
  18. ^ Carr B, Gates MF, Mitchell A, Shah R (July 2012). "Giving women the power to plan their families". Lancet. 380 (9837): 80–2. doi:10.1016/S0140-6736(12)60905-2. PMID 22784540. S2CID 205966410
  19. ^ a b Cleland J, Conde-Agudelo A, Peterson H, Ross J, Tsui A (July 2012). "Contraception and health". Lancet. 380 (9837): 149–56. doi:10.1016/S0140-6736(12)60609-6. PMID 22784533. S2CID 9982712
  20. ^ Ahmed S, Li Q, Liu L, Tsui AO (July 2012). "Maternal deaths averted by contraceptive use: an analysis of 172 countries". Lancet. 380 (9837): 111–25. doi:10.1016/S0140-6736(12)60478-4. PMID 22784531. S2CID 25724866. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ
  21. ^ a b Canning D, Schultz TP (July 2012). "The economic consequences of reproductive health and family planning". Lancet. 380 (9837): 165–71. doi:10.1016/S0140-6736(12)60827-7. PMID 22784535. S2CID 39280999
  22. ^ Van Braeckel D, Temmerman M, Roelens K, Degomme O (July 2012). "Slowing population growth for wellbeing and development". Lancet. 380 (9837): 84–5. doi:10.1016/S0140-6736(12)60902-7. PMID 22784542. S2CID 10015998
  23. ^ Trussell J (May 2011). "Contraceptive failure in the United States". Contraception. 83 (5): 397–404. doi:10.1016/j.contraception.2011.01.021. PMC 3638209. PMID 21477680Trussell J (2011). "Contraceptive efficacy". In Hatcher RA, Trussell J, Nelson AL, Cates Jr W, Kowal D, Policar MS (eds.). Contraceptive technology (20th revised ed.). New York: Ardent Media. pp. 779–863. ISBN 978-1-59708-004-0. ISSN 0091-9721. OCLC 781956734
  24. ^ Division Of Reproductive Health, National Center for Chronic Disease Prevention Health Promotion (June 2013). “U.S. Selected Practice Recommendations for Contraceptive Use, 2013: adapted from the World Health Organization selected practice recommendations for contraceptive use, 2nd edition”. MMWR. Recommendations and Reports 62 (RR-05): 1–60. PMID 23784109. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23784109/. 
  25. ^ Van der Wijden C, Manion C (October 2015). "Lactational amenorrhoea method for family planning". The Cochrane Database of Systematic Reviews (10): CD001329. doi:10.1002/14651858.CD001329.pub2. PMC 6823189. PMID 26457821
  26. ^ Blenning CE, Paladine H (December 2005). "An approach to the postpartum office visit". American Family Physician. 72 (12): 2491–6. PMID 16370405
  27. ^ ノバT®380承認時
  28. ^ ミレーナ52mg添付文書
  29. ^ ピルの副作用、血栓に注意を 5年で11人死亡例 朝日新聞 2013年12月17日
  30. ^ a b c d e f g メルクマニュアル医学百科
  31. ^ 薬事法は自分で使用する分に限っては例外的に医薬品の個人輸入を認めているとされている。出典;[特集]生活改善薬大ブーム--生活改善薬大ブーム--インポ、薄毛の次は肥満に朗報!?1999年07月17日 週刊東洋経済 第5570号 118頁 - 123頁 6頁 写図表有 (全7,581字)
  32. ^ AP通信 2003年3月6日
  33. ^ L.A. TIMES 2005年4月23日
  34. ^ FDA、避妊用スポンジを再承認 米国製薬業界週報 2005年4月29日発行 第82号
  35. ^ a b マーヴィン・ハリス 『ヒトはなぜヒトを食べたか:生態人類学から見た文化の起源』 鈴木洋一訳 早川書房 1990年 ISBN 4-15-203461-0 pp.31-33.
  36. ^ a b c d e f ノルレボ錠の添付文書より
  37. ^ 緊急避妊に係る取組について”. 厚生労働省. 2021年2月1日閲覧。
  38. ^ 上村茂仁「S08-3.産婦人科医による若者の自殺予防」『児童青年精神医学とその近接領域』第59巻第1号、日本児童青年精神医学会、2018年、 11-11頁、 doi:10.20615/jscap.59.1_11ISSN 0289-0968NAID 1300076919492020年10月16日閲覧。
  39. ^ ノルレボ錠1.5mgインタビューフォーム
  40. ^ von Hertzen H, et al. Low dose mifepristone and two regimens of levonorgestrel for emergency contraception: a WHO multicentre randomised trial. Lancet. 2002;360:1803-10.
  41. ^ 子宮内避妊器具(IUD)”. MSDマニュアル家庭版. 2021年2月8日閲覧。
  42. ^ ビューティ情報『目を背けてはいけない 日本の中絶問題 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<最終回>”. woman excite (2020年4月24日). 2020年10月17日閲覧。
  43. ^ ミフェプレックス(MIFEPREX)(わが国で未承認の経口妊娠中絶薬)に関する注意喚起について”. 厚生労働省. 2020年12月25日閲覧。
  44. ^ page not found”. https://www.fda.gov/cder/drug/infopage/mifepristone/.+2020年12月25日閲覧。
  45. ^ レジス・アルノー : 『フランス・ジャポン・エコー』編集長、仏フィガロ東 (2018年11月5日). “「妊娠中絶後進国」の日本女性に感じる哀れさ「性と生殖の権利」について知っていますか?”. 東洋経済. https://toyokeizai.net/articles/-/246717?page=4 2020年12月25日閲覧。 
  46. ^ “経口中絶薬で健康被害 厚労省、注意呼び掛け”. 西日本新聞. (2018年5月14日). https://www.nishinippon.co.jp/item/o/416247/ 2020年12月25日閲覧。 
  47. ^ 荻上チキsession体も心も痛い…「時代遅れの中絶手術」で傷つく日本の女性たちの叫び”. 現代ビジネス (2019年6月6日). 2020年5月5日閲覧。
  48. ^ a b 妊娠の基礎知識/妊娠関連情報 あまりにも軽い命 途上国の妊産婦死亡 All About
  49. ^ 「ここはカトリックの国だから」中絶をめぐる悲劇 : アイルランドワーキングホリデー”. ワーキングホリデー通信. 2020年10月17日閲覧。
  50. ^ 姫野カオルコ『不倫(レンタル)』、角川書店、1996年



避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 10:18 UTC 版)

オナイダ・コミュニティ」の記事における「避妊」の解説

オナイダ・コミュニティでの出産管理するために、男性の性自制すなわち、保留性交定められたノイズ性交2つ明確な目的のために役立つとした。第一目的社会的満足である。すなわち性交パートナー相互コミュニケーションをとり愛を語らうために許したのだ。 第二目的生殖である。出産管理として約200人の成年性欲抑制行っていたが、1848年から1868年間に12人の予定していなかった出産があった成年男子閉経後の女性によって性的自制仕込まれ若い女性経験を積んだ年配の男性行為をした。 ノイズ射精を「男性生命力衰えさせ病に至らしめる」、そして妊娠と出産が「女性生命力に重い負担課する」と信じていた。 彼の妻であるハリエットが5人の子供中4人が死去したトラウマ的な出産後でのさらに困難な出産をしなくてもいいように、ノイズ性的自制を始めた。共同体員はこの性的抑制の手法好んだ。なぜなら彼らにとってその手法自然で健康的で、「好色さを満足させるもの」だったからだ。 もし男性がこの性的自制失敗すれば彼らは公的な非難相互批判)にさらされるか、個人的に拒絶されることとなった自慰行為共同体からの隠遁などが性的自制によって起きた問題しれないが、男性の性自制重大な問題引き起こしたかははっきりとしない。 男性の性自制勃起不全引き起こさない共同体内では考えられていた。

※この「避妊」の解説は、「オナイダ・コミュニティ」の解説の一部です。
「避妊」を含む「オナイダ・コミュニティ」の記事については、「オナイダ・コミュニティ」の概要を参照ください。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 14:36 UTC 版)

逆行性射精」の記事における「避妊」の解説

オナイダ共同体のような特定の文化では、逆行性射精原始的な男性の避妊(英語版)(coitus saxonicus)の一形態として用いられている。しかし、この行為は、現代多くの避妊法に比べ信頼できる方法とは考えられない性病予防ならないことに加えて、特に男性が解学的な知識充分に理解していない場合には、このテクニック自体性交際に正しく実行出来ない場合があるまた、多くの医師は、陰茎痺れ引き起こす可能性のある陰部神経圧迫する危険性があることから交尾推奨していない[要出典]。

※この「避妊」の解説は、「逆行性射精」の解説の一部です。
「避妊」を含む「逆行性射精」の記事については、「逆行性射精」の概要を参照ください。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 16:20 UTC 版)

コンドーム」の記事における「避妊」の解説

広く普及している避妊の手段であり、正しい使用法用いれば妊娠する確率大きく低減できる。精子射精時の精液だけでなく、前段階分泌されるカウパー腺液中にも僅かに存在するため、射精直前ではなく、膣への挿入前に装着する必要がある

※この「避妊」の解説は、「コンドーム」の解説の一部です。
「避妊」を含む「コンドーム」の記事については、「コンドーム」の概要を参照ください。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 20:52 UTC 版)

ビデ」の記事における「避妊」の解説

女性器を洗うため、避妊の目的もあると誤認される場合もあるが、避妊の効果はまったくない。

※この「避妊」の解説は、「ビデ」の解説の一部です。
「避妊」を含む「ビデ」の記事については、「ビデ」の概要を参照ください。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 21:40 UTC 版)

メドロキシプロゲステロン」の記事における「避妊」の解説

DMPAは、Depo-ProveraやDepo-SubQ Provera 104などのブランド名で、女性妊娠を防ぐための長期的なプロゲストゲンのみの注射可能な避妊薬としてホルモン避妊薬使用されている。それは筋肉内または皮下注射によって与えられ、それが数ヶ月の期間にわたってゆっくりと放出される長続きする貯蔵所形成する月経周期最初の5日後に投与され場合1週間かかり、月経周期最初の5日間に投与され場合はすぐに有効になる初年度失敗率の推定値は約0.3%である。MPA妊娠予防効果的だが、性感染症STI)からの保護効果はない。

※この「避妊」の解説は、「メドロキシプロゲステロン」の解説の一部です。
「避妊」を含む「メドロキシプロゲステロン」の記事については、「メドロキシプロゲステロン」の概要を参照ください。


避妊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 18:23 UTC 版)

性行為」の記事における「避妊」の解説

性交を行うが妊娠望まないときは、なんらかの手段用いて避妊を行う事がある。避妊は、様々な方法道具存在する受胎調節のこと。

※この「避妊」の解説は、「性行為」の解説の一部です。
「避妊」を含む「性行為」の記事については、「性行為」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「避妊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「避妊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



避妊と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「避妊」の関連用語

避妊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



避妊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの避妊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオナイダ・コミュニティ (改訂履歴)、逆行性射精 (改訂履歴)、コンドーム (改訂履歴)、ビデ (改訂履歴)、メドロキシプロゲステロン (改訂履歴)、性行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS