精子とは? わかりやすく解説

せい‐し【精子】

読み方:せいし

雄性生殖細胞。形は生物種類によって異なるが、染色体を含む頭部ミトコンドリア中心小体を含む中片部運動をする鞭毛尾部からなり人間ではおたまじゃくし状。動物のほか、植物ではコケ・シダ・イチョウ・ソテツなどにみられる精虫


精子

受胎 1は、精子 4による卵子 3受精 2結果であり、妊婦妊娠状態 5あるいは妊娠期間 5開始を指す。受胎の成果 6妊娠経過と共に順次、胚 7胎児 7呼ばれる。胚が胎児になる瞬間はっきりと決まっていない一部学者はそれを、子宮内生命12週目または3ヶ月目の最後決めているが、受胎後8週目以後生命発達段階胎児態と呼ばれることが多い。卵着床 8とは子宮 9内膜卵子着床することを指すが、この過程受精数日起こる。


精子

長さ約0.06mm。男性精巣睾丸)で作られるDNA遺伝子情報)を運ぶことだけが目的細胞です。
おたまじゃくしのような形をしていて、頭部DNA持ち尾部で泳ぐように進みます運動のエネルギーとなるのは、中央のミトコンドリアです。
頭部の先端には、卵子外膜を破るための酵素詰まってます。


精子

Sperm, spermatozoa

【概要】 精巣作られる減数分裂により体細胞よりも染色体の数が半分になっている。遺伝子とそれを包む膜、そしてエネルギーに富む細胞質、しっぽには強い泳ぐ力が出る卵子突入するはしっぽ細胞質置いてきて、だけ入る。HIVは精子の表面に付着していることはあるが、内部に感染していない

《参照》 精液


精子

【仮名】せいし
原文sperm

精巣産生され男性生殖細胞。精子は卵子受精して胚を形成する

精子

【英】Spermatozoon(pl. Spermatozoa
読み方:せいし

雄性生殖細胞

精子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 16:18 UTC 版)

精子(せいし、英語: Spermatozoon)とは、生物における雄性の生殖細胞のことである。動物藻類コケ植物シダ植物、一部の裸子植物イチョウなど)にみられる。ヒト人間)の男性の場合、精液全体の1~5%に相当する。


  1. ^ 『不妊と男性』p.68
  2. ^ 【マカ】とは? 研究に基づいた効果・テストステロンへの影響を医師が解説 | クリニックTEN 渋谷” (日本語). クリニックTEN 渋谷 | 渋谷のかかりつけクリニック (2021年6月7日). 2021年11月19日閲覧。
  3. ^ 【NextTech2020】精子を凍結乾燥、常温で保存 家畜改良や希少生物保護に『日経産業新聞』2021年8月27日イノベーション面
  4. ^ Noh, Tai; Chung, Bo; Kim, Su; et al (2016). “Novel Anti-Melanogenesis Properties of Polydeoxyribonucleotide, a Popular Wound Healing Booster”. International Journal of Molecular Sciences 17 (9): 1448. doi:10.3390/ijms17091448. PMC 5037727. PMID 27598132. https://doi.org/10.3390/ijms17091448. 
  5. ^ Lee, Jong Hun; Han, Jin Woo; Byun, Jin Hwan; et al (2018). “Comparison of wound healing effects between Oncorhynchus keta-derived polydeoxyribonucleotide (PDRN) and Oncorhynchus mykiss-derived PDRN”. Archives of Craniofacial Surgery 19 (1): 20–34. doi:10.7181/acfs.2018.19.1.20. PMC 5894545. PMID 29609429. https://doi.org/10.7181/acfs.2018.19.1.20. 


「精子」の続きの解説一覧

精子(しょうこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/16 23:32 UTC 版)

太臓もて王サーガの登場人物」の記事における「精子(しょうこ)」の解説

翠の使い魔オタマジャクシ

※この「精子(しょうこ)」の解説は、「太臓もて王サーガの登場人物」の解説の一部です。
「精子(しょうこ)」を含む「太臓もて王サーガの登場人物」の記事については、「太臓もて王サーガの登場人物」の概要を参照ください。


精子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 16:28 UTC 版)

精巣」の記事における「精子」の解説

精巣中には、精子を作る場である精細管せいさいかん)と呼ばれる直径数百μmの管が蛇行しながらびっしり詰まっており、その管の内側で精子の元になる精祖細胞精原細胞)が減数分裂経て、精子になる過程(精子発生、あるいは精子形成)が起こっている。出来上がった精子は、管の中を流れていき、精巣の端に集められ精巣の隣の精巣上体へと運び出され、そこで成熟し射精待ち陰茎勃起したのち射精されるヒトの場合精巣上体最大10億ほどの精子が貯蔵できると考えられている。精子発生は、体温よりも温度低くないとうまく進まない精巣陰嚢中にあり、体外ぶら下がっているという構造は、精巣温度体温より低く保つのに役立っているそのため静脈血比較低温)が動脈血体温)に巻きつく様に位置している。

※この「精子」の解説は、「精巣」の解説の一部です。
「精子」を含む「精巣」の記事については、「精巣」の概要を参照ください。


精子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 07:59 UTC 版)

えの素」の記事における「精子」の解説

映画ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』のように擬人化なされており、頭に辮髪状のものをつけた白い人達として表現されている。彼らは劇中でしばしば、メルヘンチックな背景とともに一列になって発射される

※この「精子」の解説は、「えの素」の解説の一部です。
「精子」を含む「えの素」の記事については、「えの素」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「精子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

精子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:40 UTC 版)

名詞

せいし

  1. 生物の雄生殖細胞
  2. 俗用精液

発音(?)

せ↘ーし
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

翻訳

関連語


「精子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



精子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「精子」の関連用語

精子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



精子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの太臓もて王サーガの登場人物 (改訂履歴)、精巣 (改訂履歴)、えの素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの精子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS