隠遁とは?

いん とん [0] 【隠遁

( 名 ) スル
世事逃れ隠れ住むこと。 「 -者(しや)」 「山中に-する」


隠者

(隠遁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 17:36 UTC 版)

隠者(いんじゃ)とは、一般社会との関係を絶ち(隠遁)、生活する人のこと[1]。特にキリスト教仏教など多くの宗教宗教者、または宗教的背景をもった隠者が多数知られる。


  1. ^ New York Times
  2. ^ Numbers 13:3, Numbers 13:26
  3. ^ Marina Miladinov, Margins of Solitude: Eremitism in Central Europe between East and West (Zaghreb: Leykam International, 2008)
  4. ^ eremita, Charlton T. Lewis, Charles Short, A Latin Dictionary, on Perseus project
  5. ^ ἐρημίτης, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus project
  6. ^ ἔρημος, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus project
  7. ^ cf. e.g. Joseph Ratzinger (now Pope Benedict XVI), "In the Beginning", Edinburgh 1995, pp. 47, 72, ISBN 0-567-29296-7.
  8. ^ Re: the Syrian "son of the covenant"
  9. ^ Tom Licence, Hermits and Recluses in English Society 950-1200, (Oxford, 2011),p.36.
  10. ^ 『カトリック新教会法典-羅和対訳』日本カトリック司教協議会行政法制委員会訳、有斐閣、1992年2月20日、ISBN:4-641-90195-3、p327
  11. ^ Fong, Grace S. (2008). Herself an author: gender, agency, and writing in late Imperial China. University of Hawaii Press. p. 58. ISBN 978-0-8248-3186-8. http://books.google.com/books?id=CWBRWV8Zug0C. 
  12. ^ Penelope Reed Doob, The Idea of the Labyrinth: from Classical Antiquity through the Middle Ages, p 179-81, ISBN 0-8014-8000-0
  13. ^ C. S. Lewis, Spenser's Images of Life, p 87, Cambridge University Press, Cambridge, 1967
  14. ^ Sir Thomas Malory, Le Morte d'Arthur 16.3
  15. ^ Ringing Church Bells to ward off Thunderstorms, 2009. ISBN 9780956204608





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隠遁」の関連用語

隠遁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



隠遁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隠者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS