ジェンダーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > ジェンダーの意味・解説 

ジェンダー

英語:gender

ジェンダーとは「(男女の)性」のことである。身体的特徴としての(生物学的な雌雄の)性別というよりも、人間社会における心理的文化的性別社会的役割としての男女あり方、「男らしさ」や「女はこうあるべき」といった通念を意味する語といえる

【ジェンダーの語源
ジェンダーという語は、英語の「gender」に由来する外来語である。英語を含む西欧諸言語には名詞に「性」が付随する(たとえばドイツ語には男性名詞女性名詞中性名詞3区分がある)が、この文法上の「性」がgender該当する。

生物学的なオスメスの区分を指す意味の「性」は、ジェンダー(genderではなくセックスsex)である。

日本語の中では「ジェンダー」は社会的男女格差ないしは格差是正のための取り組みに関する話題言及される場合が多い。あるいは、精神面における自己の性認識性自認)と身体的性別との間に齟齬違和感抱え状況を「トランスジェンダー」という。トランスジェンダーいわゆるLGBTの「T」に該当する。昨今ではLGBT話題通じて「(トランス)ジェンダー」という表現接す機会も多い。

【ジェンダーの用例
・ジェンダー平等の実現訴え活動続けている
・ジェンダー論の論客には女性割合が多い
近年ようやくジェンダーレス社会実現兆し見えつつある

【ジェンダーの派生語
相手性別に基づきある種先入観抱いてしまうことを「ジェンダーバイアス」という。

男女の性にもとづく社会的区別役割分担囚われることなく、男女平等に(あくまでも個々人として)社会的位置づけられることを「ジェンダーフリー」という。

性差男女区別)を取り払うことを「ジェンダーレス」という場合がある。たとえばファッション分野では「男性らしい服装」に拘らず「女性らしい装い」も積極的に取り入れるような男性を「ジェンダーレス男子」と呼んだりする。

ジェンダー(gender)

ジェンダーとは、社会的文化的形成された性別です。「女とは・男とはこういうものだ」という通念基盤にした男女区別で、生物学的な性別であるセックスとは区別して用いられます。

「女は家事育児、やさしい、こまやか」「男性仕事、強い、責任感がある」などの見方は、「自然な特性」に基づいていると思われがちです。こうした通念性別役割分担とらわれ見方をジェンダーバイアスと言います。

ジェンダー

Gender

【概要】 生物学的な"性"とは異なり役割としての"性"。生物学的な性をセックス(sex)とするのに対し、社会文化心理的な性、つまり「性的役割」のことをジェンダー(gender)と呼ぶ。

《参照》 セクシュアリティトランスジェンダー


ジェンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/02 05:16 UTC 版)

ジェンダーは多義的な概念であり、性別に関する社会的規範と性差を指す[1]。 性差とは、個人を性別カテゴリーによって分類し、統計的に集団として見た結果、集団間に認知された差異をいう[2][3]。 ジェンダーの定義と用法は年代によって変化する[4][5]。ジェンダーという概念は、性別に関して抑圧的な社会的事実を明らかにするとともに、ジェンダーをめぐる社会的相互作用をその概念自身を用いて分析するものである[6][7]


  1. ^ 『現代社会学事典』大澤真幸[ほか]/2012/弘文堂/P499
  2. ^ 『現代社会学事典』大澤真幸[ほか]/2012/弘文堂/P500
  3. ^ 『社会学事典』日本社会学会社会学事典刊行委員会/丸善/2010/P409
  4. ^ 『現代社会学事典』大澤真幸[ほか]/2012/弘文堂
  5. ^ 『社会学事典』日本社会学会社会学事典刊行委員会/丸善/2010
  6. ^ 『現代社会学事典』大澤真幸[ほか]/2012/弘文堂
  7. ^ 『社会学事典』日本社会学会社会学事典刊行委員会/丸善/2010
  8. ^ 日本社会学会・社会学事典刊行委員会 『社会学事典』 丸善、2010年(2010年7月30日第2刷発行)、408頁。
  9. ^ 中村美亜 「新しいジェンダー・アイデンティティ理論の構築に向けて—生物・医学とジェンダー学の課題」『ジェンダー&セクシュアリティ』 国際基督教大学ジェンダー研究センタージャーナル、2006年12月31日。
  10. ^ 山内俊雄 「性同一性障害とは—歴史と概要」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、367–368頁。
  11. ^ 日本社会学会・社会学事典刊行委員会 『社会学事典』 丸善、2010年(2010年7月30日第2刷発行)、408頁。
  12. ^ 「ジェンダー」という言葉について
  13. ^ 「ジェンダー概念の検討」舘かおる『ジェンダー研究』第1号/お茶の水女子大学ジェンダー研究センター/1998/P81
  14. ^ 「ジェンダー概念の検討」舘かおる『ジェンダー研究』第1号/お茶の水女子大学ジェンダー研究センター/1998/P83
  15. ^ 「ジェンダー概念の検討」舘かおる『ジェンダー研究』第1号/お茶の水女子大学ジェンダー研究センター/1998/P84
  16. ^ 「ジェンダー概念の検討」舘かおる『ジェンダー研究』第1号/お茶の水女子大学ジェンダー研究センター/1998/P84
  17. ^ 『戦争とジェンダー―戦争を起こす男性同盟と平和を創るジェンダー理論』 若桑みどり
  18. ^ カイコ幼虫の斑紋による雌雄性の判別
  19. ^ 「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択する国連サミット”. 外務省. 2016年11月30日閲覧。


「ジェンダー」の続きの解説一覧

ジェンダー

出典:『Wiktionary』 (2019/12/05 07:50 UTC 版)

語源

英語 gender音写

発音

ジェ↘ンダー

名詞

ジェンダー

  1. (文法)
  2. 心理的性別社会的文化的形成される、男女はこうあるべきという通念

派生語

参照

翻訳




ジェンダーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェンダー」の関連用語

ジェンダーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジェンダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジェンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS