diversityとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > diversityの意味・解説 

ダイバーシティ

別名:ダイバシティダイバシティーダイバーシティー
英語:diversity

ダイバーシティとは

ダイバーシティ(英:diversity)とは、ビジネス経営・人事といった話題において「雇用する人材の《多様性》を確保する」という概念指針を指す意味で用いられる語。ダイバーシティは、単に「多様性」と訳されることも多々ある

「ダイバーシティ」の考え方土台には、個人多様性――たとえば民族文化・価値観・ライフスタイルなどのような――個性違い積極的に肯定尊重し、人材として組織中に受け入れることで、偏見差別意識囚われずに、平等に均等に、雇用機会待遇提供する、という理念がある。また、そうしたマイノリティの配慮》という社会的意義に留まらず、組織内多種多様な意見見解視点を持つ人材がおり、各人適材適所実力発揮することで、柔軟創造的企業活動実現期待できる、という実利的意義見出される。この社会的意義と実利的意義両側面において、「ダイバーシティ」は現代企業経営において看過できない重要な指針位置づけられ、推進されている

この「ダイバーシティ」の概念は、欧米英語圏)では一般的にDiversity and Inclusion」(D&I)という呼び名で扱われている。その意味では「ダイバーシティ」は「ダイバーシティ・アンド・インクルージョン」の略とも捉えられる。

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の意味と違い

「ダイバーシティ」という言葉そのものは、英語の名詞「diversity」をカタカナ書きした外来語表現である。この diversity は、diverse様々な / 諸々の) という形容詞接尾辞 ‐ity が付いて抽象名詞化された語彙である。単語だけ和訳する場合は大抵「多様性」と訳されるが、熟語としては「a diversity of languages(さまざまな言語)」とか「a diversity of opinion多種多様な見解)」のように色々な表現に訳せる。

同じくインクルージョン」は英語の名詞inclusion」に由来する外来語であり、おおむね包含-すること」と訳される。inclusion動詞 include(含む)に接尾辞がついた抽象名詞である。

Diversity and Inclusion」を素直訳するなら、「多様性包含」といったところである。 

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の違いは、着眼点が「多種多様であること」に留まる(ダイバーシティ)か、それを踏まえて多種多様な個性が(同じ組織に)含まれている」(インクルージョン)ことまで見越すか、という点にあると言える。「インクルージョン」は「ダイバーシティ」を前提しつつ人材活用にも目を向けている考え方であり、その意味でダイバーシティに取って代わる概念である。とはいえ「ダイバーシティ」の概念前提にしないと意味不明でもある。そして、日本語における「ダイバーシティ」は、ダイバーシティとインクルージョン両方要素を兼ねた概念として扱われている。

ダイバーシティ経営とは

ダイバーシティ経営とは、簡単にいうと「多様な人材適材適所能力発揮することにより創造的成果につなげていく」ということであり、つまり「ダイバーシティの考え方理想的実現する経営ということである。

日本では経済産業省が「少子高齢化社会における人材確保」と「多様化する市場ニーズリスクへの対応力強化」という観点から「ダイバーシティ」および「ダイバーシティ経営」の充実に力を入れている。

欧米のダイバーシティ(D&I)は、人種民族・宗教違いによるマイノリティ排除是正大きな使命となっているが、日本では人種民族・宗教違いによるマイノリティ排除という問題はさほど大きくなく、むしろ性別年齢学歴国籍といった要素是正対象として主に扱われる。性的指向いわゆるLGBT)も大きな要素である。



ダイバーシティ

別表記:ダイバシティダイバシティーダイバーシティー
英語:diversity

(1) 主に「多様性」と和訳される英語の名詞。英語では diversity と綴る。英語の形容詞 diverseさまざまな)を名詞化した語。それぞれ異なる趣のものが多く含まれる多種多様である、という意味合い多分に含む。「diversity of (名詞)」で「さまざまな名詞)」と表現できる。類義語バラエティvariety)がある。

日本語では「ダイバーシティ」は、「生物多様性」「遺伝的多様性」「文化多様性」あるいは労働における「人材多様さ」といった概念を指す語として用いられる。たとえば動労環境における人材多様性は、年齢性別はもちろん学歴職歴国籍人種民族性的指向性自認といった側面から人を制限しないこと、むしろ積極的に採用していく取り組みなどを指す意味で用いられている

ビジネスシーンにおいては労働人口減少様々なニーズ対応するために、高齢者外国人雇用増やす「ダイバーシティ経営」という言い回しが知られる。元々は、幅広く性質異なるものが存在しているという意味で用いられていた表現

(2) 東京台場お台場)にある複合商業施設の名称・通称。正式な名称は「ダイバーシティ東京」であり、これは三井不動産株式会社登録商標である。英語では「DiverCity」(DiverCity Tokyo)と表記される。

ダイバーシティー【diversity】

《「ダイバシティー」とも》

多様性相違点

企業で、人種国籍・性・年齢問わず人材活用すること。こうすることで、ビジネス環境変化柔軟迅速に対応できると考えられている

携帯電話などで、複数アンテナ電波受信し、受信状況良い方を使う技術


ダイバーシティ

読み方:ダイバーシティ
【英】:diversity

関連するカテゴリ
無線機器

無線機器2本アンテナのうち、受信状態の良好な方を使って受信することができる。このような受信方法をダイバーシティ受信と呼ぶ。マルチパスフェージング対策として有効で、無線通信安定性向上する


多様性

読み方タヨウセイ
【英】:diversity

関連するカテゴリ
セーフ)共通

種々の動作原理制御回路種々のタイプ装置または部品使用することにより、共通の障害および故障確率低減できる。


多様性

(diversity から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 07:59 UTC 版)

多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。 英語の多様性"diversity"の語源は、ラテン語ではdiverstiasに求められ、この言葉は、最初には、一致可能なものに反すること、矛盾、対立、不一致、といった消極的な意味を有したが、第二義的に、相違、多様、様々な形になる、という意味も併せ持っていた。17世紀になって、消極的な意味が失われ、現在のニュアンスになったとされている[1]。また、diversityとは、相異なる要素を有する、もしくはそれから構成される状態であり、そこから更に、異なったタイプの人々をあるグループや組織に包摂すること、とされている[2]


  1. ^ ダイバーシティ時代の行政学 3ページより Online Etymology Dictionaryからの孫引き
  2. ^ ダイバーシティ時代の行政学 4ページより Merriam-Websterからの孫引き
  3. ^ ダイバーシティ時代の行政学 第1章ダイバーシティガバナンスとイノベーション 2-3ページ
  4. ^ ダイバーシティ時代の行政学 第1章 ダイバーシティ時代の行政学 3ページ
  5. ^ ダイバーシティの行政学 1章 ダイバーシティガバナンスとイノベーション 3-4ページ


「多様性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「diversity」の関連用語

diversityのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



diversityのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多様性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS