つながりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > つながりの意味・解説 

つながり【×繋がり】

つながること。また、つながったもの。「文の繋がり」「意味上の繋がり」

結びつき。関係があること。「仲間との繋がりを大事にする

血縁関係。きずな。「親子の繋がり」


繋がり

読み方:つながり

ラ行五段活用動詞「繋がる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

つながり

作者西さとる

収載図書夏色
出版社文芸社
刊行年月2000.8


つながり

作者川瀬智久

収載図書フーコー短編小説傑作16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


つながり―物語8・思い出の「あの日」に

作者盛満侑斗

収載図書どこかで世界を変える様な優しい唄
出版社アストラ
刊行年月2008.5


つながり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 16:05 UTC 版)

つながり」は、竹井詩織里の4枚目のシングル。CDコードはGZCA-4035。






「つながり」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つながり」の関連用語

つながりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つながりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつながり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS